同田貫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

同田貫(どうたぬき)は九州肥後国菊池の同田貫(地名)を本拠地に、永禄頃から活躍した肥後刀工の一群。延寿派の末流とされる。銘を九州肥後同田貫、肥後州同田貫、肥後国菊池住同田貫などと切り、また個銘(刀工の名)もある。中では加藤清正から一字を授かったという切銘の正国(九州肥後同田貫藤原正国、または上野介)が一番しられ、もともと同田貫は清正の抱えであった、とも伝えられる。装飾を全くと言っていいほど加えない、あまりにも質素な造りをしているが故に作柄の出来、見処(鑑賞価値)に乏しい作刀が多いことから、著名(後述)で高価なわりに現代の刀剣界において評価の低い刀工群であり、いわゆる剛刀と呼ばれる類の刀である。

典型的作風[編集]

慶元新刀期
身巾尋常ながらも重ね厚く、刃肉豊かにつき、切先伸び、反り浅い。長寸のものが多い。鍛えは板目肌流れ、白ける。直刃、小乱刃を焼く。銘は「肥後州同田抜」等、個名を刻むものは少ない。中茎鑢目は切りが多い。時代小説に出てくる同田貫はこの頃の作である。
江戸前 - 中期においては同名続くが振るわない。しかし、新々刀期に水心子正秀門人となる宗廣が現われ、再び世に知られる。
新々刀期
身幅広く重ね尋常。切先伸び心で反り深い。鍛えは無地鉄に見える小板目で、肥前刀のような小糠肌も見られる。主に備前伝の丁子乱れ刃を焼き、稀に直刃を焼く。中茎は切りに筋違の化粧鑢をかけ「肥後国住延寿太郎宗廣」、さらに年期、注文名を切る。

同田貫を世に知らしめた実話[編集]

天覧兜割り

明治19年(1886年)11月10日、東京府麹町区紀尾井町の伏見宮貞愛親王邸に明治天皇の行幸があり、、弓術、鉢試し、席画、能楽、狂言が催された。その中の鉢試しを後に「天覧兜割り」と言う。その「天覧兜割り」で榊原鍵吉(直心影流)が日本刀の同田貫で鉢試しをした。榊原は同田貫を用いて明珍作の十二間筋の兜を切り口3寸5分、深さ5分斬り込みを入れた。天覧兜割りは、榊原の剣豪としての名声を高めた。そして、同田貫の強度を物語る逸話として知られる。

同田貫を世に知らしめた逸話[編集]

胴田貫
「胴田貫」の由来は、田んぼに死体を横たえて胴を切ると、胴を貫(ぬ)けて下の田んぼまで切り裂いていくところから」というのは時代小説時代劇が創作したフィクションであり、「胴田貫」と称する刀工は、いかなる刀剣入門書、販売書、解説書、専門書、研究書にも名が載らない。
子連れ狼
漫画子連れ狼』の主人公拝一刀の愛刀が「胴太貫」。また、続編の漫画『新・子連れ狼』では、一刀の愛刀も東郷重位の愛刀も同太貫と称されている。
破れ傘刀舟悪人狩り
時代劇ドラマ『破れ傘刀舟悪人狩り』の長崎で医術を学んだ蘭学医・叶刀舟(時代劇の主人公)の愛刀が胴太貫。
三匹が斬る!
時代劇ドラマ『三匹が斬る!』の主人公の一人、「千石」こと久慈慎之介の愛刀が同田貫である。見た目の特徴として鞘が薄汚い灰色で、鐺(こじり)の部分が金色になっている。
必殺仕事人
時代劇ドラマ『必殺仕事人』の登場人物の一人畷左門の愛刀が同田貫である。

同田貫から付けた技の名称[編集]

三沢光晴
エルボーを得意とするプロレスラー・三沢光晴が2007年に新たに披露した必殺技(フィニッシュ・ホールド)の名称が「同田貫(同太貫)」。座っている相手の頭部めがけ、自らが立った状態から倒れ込みながらエルボーを繰り出す。また、練習不足から信楽焼の狸のような太鼓腹をしていた事を揶揄されて「胴タヌキ」とも言われていた。

関連項目[編集]