神戸守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神戸 守(かんべ まもる、1962年 - )は、日本男性アニメーション演出家アニメーション監督大阪府守口市出身。非常に幅広い作品を撮る監督である。

経歴[編集]

1980年代[編集]

1981年3月大阪市立都島工業高等学校電気科卒業。高校卒業後は東京に出て、新聞配達をしながら専門学校に通う。はじめは足立区に、その後三鷹市に住んでいた。専門学校卒業後、トップクラフトの『風の谷のナウシカ』の制作進行でアニメ業界へ入る。その後グループ・タックにて制作部から演出部に移り『まんが日本昔ばなし』にて監督助手デビュー。スタジオジュニオにて『スーパーマリオの交通安全』で演出デビュー。

1990年代[編集]

NHKの幼少向け作品や「しつけ」・「同和問題」など多数の巡回用教育アニメを手がけ、1991年OVA忍者龍剣伝』にて監督デビューを果たす。1994年に『七都市物語』、1996年に『はりもぐハーリー』の監督を務め1997年に複数のスタッフとジュニオから独立しスタジオ伽藍を設立。創業期の取締役兼代表演出家になる。この時期、スタジオ伽藍がグロス請けをしていた『カードキャプターさくら』の各話の演出が反響を呼び注目を集める事となる。

2000年代[編集]

2000年にスタジオ伽藍を退社。シナジージャパンとマネージメント契約。『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』の総監督として、実写を意識したカメラワークや独特な間の取りかたなど、ファンに「神戸スタイル」と呼ばれる演出スタイルを確立する。2003年に『出撃!マシンロボレスキュー』で初のロボットアニメに挑戦。2004年に『エルフェンリート』を手がけ今までの神戸作品とは一線を画すSF萌えグロバイオレンスを融合した高年齢対象向け作品を製作し反響を呼ぶ。2006年、永井豪原作の『鬼公子炎魔』を製作している。

2010年代[編集]

2010年に『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』でテレビアニメでは6年振りの監督を務めた。

人物[編集]

  • 専門学校時代の同期に脚本家長谷川勝己吉岡たかを、後輩には映画監督兼TVディレクター喜井竜児映画評論家鈴木和雅、脚本家川崎ヒロユキ高山カツヒコなどがいる。
  • 普段は静かな物腰で話す。大きな声を出すことはないが、没頭すると目が据わってくる。
  • 高校在校時は軽音楽同好会に所属、友人と2人でアコースティック路線を歩んでいた。
  • 一方、その当時から「有名になりすぎたミュージシャンには興味がない」と広言しており、主にフュージョンに傾倒していた節もある。渡辺香津美カシオペア、ザ・スクエア(現T-SQUARE)が好みだった。
  • 『エルフェンリート』の企画段階の際、萌えについて吉岡たかをに聞いてみたところ「お前は素でやって萌えになってるからフツーにやりゃいいんだよ」とあしらわれている。
  • 船乗りになりたいと考えていたらしいが、断念している。
  • 脚本家であり友人の吉岡たかをと組むときは必ず事前に2人で合宿を組む。12時間討論して仮眠を取り、また12時間討論するというかなり過酷な内容であるらしく、合宿あけの打ち合わせに臨む2人の様子は「土気色で頬がこけ、なのにニヤニヤ笑っていてかなり気味が悪い」とスタッフが証言している。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

映画[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]