銀の匙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

銀の匙』(ぎんのさじ)は、中勘助による自伝小説である。

概要[編集]

主人公は、本棚の引き出しにしまった小箱の中にある銀の匙をきっかけに、その匙を見つけた幼年期の伯母の愛情に包まれた生活を回想する。

経緯[編集]

前編が1910年明治43年)に執筆され[1]1913年大正2年)には「つむじまがり」と題された後編が執筆された。夏目漱石に送って閲読を乞うたところ絶賛を得、その推挙により同年4月から6月まで前編が、1915年(大正4年)4月から6月まで後編が東京朝日新聞で連載された。

1921年(大正10年)に岩波書店から単行本が出版され、1935年昭和10年)11月には岩波文庫版が発行された。岩波文庫版には和辻哲郎が解説を寄せている。2003年平成15年)に岩波書店が創業90年を記念して行った「読者が選ぶ〈私の好きな岩波文庫100〉」キャンペーンにおいて、本書は、夏目漱石の『こころ』、『坊っちゃん』に次いで、3位に選ばれた。また、岩波文庫版は113万6000部が発行され、岩波文庫で10位に位置するベストセラーとなっている(2006年(平成18年)12月現在)[2]

影響[編集]

灘中学校において国語教諭の橋本武1934年昭和9年)に同校奉職―1984年昭和59年)に同校退職)は、戦後、教科書を使わず本作品を授業に用い、一冊を3年間かけて読み込む授業を行っていた[3]。その理解と解釈の深い掘り下げ方に物語は遅々として進まず、生徒から「この進捗では200ページを3年で消化できないのでは」という声があがるが、橋本は「すぐ役に立つことは、すぐに役立たなくなる」としテーマの真髄に近づき問題をきちんと理解できるかどうか“学ぶ力の背骨”を生徒が物語から学ぶよう教鞭を取った。この時の教室にいた生徒に、東大総長・濱田純一、神奈川県知事・黒岩祐治、弁護士・海渡雄一阪急電鉄代表取締役社長・角和夫東京高等裁判所長官・山崎敏充NHKエンタープライズ常務取締役国際事業センター長・平賀徹男らがいる。また、戦前の教え子には、作家の遠藤周作がいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]