永山耕三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

永山 耕三(ながやま こうぞう、1956年7月22日- )は、日本のテレビドラマディレクター映画監督フジテレビジョン編成制作局次長兼ドラマ制作部プロデューサー・ディレクター。東京都出身。父は元松竹会長の永山武臣。曾祖父は男爵永山武四郎。娘はサイバーエージェントが運営するCandy by Amebaの総合プロデューサーの永山瑛子。

学習院高等科成城大学卒業後、1981年入社。テレビディレクターとして多数のテレビドラマを手がけ『東京ラブストーリー』『ひとつ屋根の下』『ロングバケーション』など、フジテレビ月9ドラマを中心に多数のヒット作を演出していることで知られる。

ドラマ制作センターの演出、プロデューサー、ゼネラルプロデューサー、2012年6月28日から1年間は同センター専任局次長を経て、2013年6月27日から現職。

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • スタンド・バイ・ミー(1991年8月)
  • ミュージカル「1999…月が地球にKISSをする」(1995年、作・演出)
  • ミュージカル「BEAT POPS "FIGHTING GIRLS(たたかう女のコ!)"」(2004年、企画・原案・プロデュース)
  • ミュージカル「HEART of GOLD ~STREET FUTURE OPERA BEAT POPS~」(2004年、プロデュース・作・演出)
  • 舞台「ウサニ」(2012年、演出)

ビデオ[編集]

作詞[編集]

  • 松たか子 「BEGINNINGS」(アルバム『アイノトビラ』に収録。)
  • EXILE 「HEART of GOLD」・「May Be Tomorrow」(EXILESのアルバムに収録。)
  • hiro 「いつか二人で」
  • dream 「PURE」・「Love Generation」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]