タカヒロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タカヒロ1981年 - )は日本ゲームクリエイター。男性。みなとそふと代表。

略歴[編集]

東京都渋谷区生まれ。中学生の時に神奈川県へ引っ越す。

専門学校時代はプログラムを専攻だったが、インターハートにはシナリオ書きとして入社。『少女人形 〜愛と飼育の日々〜』でシナリオライターとしてデビュー、その後『悪戯4』を制作(『姉しよ1』の企画は『悪戯4』制作と同時進行)、同社の姉妹ブランドきゃんでぃそふとで『姉、ちゃんとしようよっ!』『つよきす』の企画・シナリオを手がけ、いずれも大ヒットとなる。

2006年にインターハートを退社し、株式会社ホークアイと新ブランド・みなとそふとを設立。2007年5月25日に同ブランドのデビュー作となる『君が主で執事が俺で』が発売された。

出世作となった『姉しよ』から『きみある』に至るまで、原画家白猫参謀(旧・最神扇道)とコンビを組んで作品制作をしていたが、最新作『真剣で私に恋しなさい!!』では原画家・wagiとコンビを組んで作品制作をしている。

活動はゲームだけに限られず、『きみある』を原作としたテレビアニメではシリーズ構成を務めた他、BugBugメディアミックス企画『15美少女漂流記』ではキャラクター&世界観原案を、また2010年には漫画アカメが斬る!』(作画・田代哲也)の原作を務めている。また、電撃G'sマガジンにてショートコラム「わくわくみなと情報局」を執筆中。

人物[編集]

姉好き、ツンデレ好きを公言しており、それは作風にも強く現れている[1]。また、様々なネタに通じており、パロディをシナリオに組み込んでいる。

タカヒロが企画・シナリオに携わっている作品は全て現代をベースとしており、何らかの形で設定が繋がっており[2]、舞台は神奈川県の都市をモチーフにしている。また、同じ声優を何度も起用する傾向にあり、北都南は全て、海原エレナは『姉しよ2』から出演し続けている[3]。サブキャラに大御所とされる声優を多く起用する傾向にもあり、神谷浩史はドラマCDの収録現場にいた声優の中で、一番格下だったのが自分という状況に驚き、以後ドラマCDの収録がある度に「出演声優のリストを下さい」と依頼するようになったというエピソードがある。

趣味はコミック収集、マリンスポーツ。アダルトゲームライトノベルの流行物にも詳しい。好きなゲームは『ストリートファイターZERO』と『ときめきメモリアル』。『ときメモ』は、友人達と一緒にネタのつもりで買ったはずが、大いにハマったと語っている。

交友関係が広く、TYPE-MOON奈須きのこや『キミキス』・『アマガミ』の高山箕犀など実に幅広い。また同じ若手で新進気鋭のシナリオライターであるるーすぼーい丸戸史明とも交流が深い。

エピソード[編集]

  • 後藤邑子伊藤静からは「ドM」「イエスマン」と言われている。『潮風放送局〜みなとSTATIONらじお〜君が主で執事が俺で編〜』第20回にてゲストの田中理恵に「縛りたい」と言われ、同回の収録風景の写真ではタカヒロらしき人物が腕を縛られていた。その後、第21回にて後藤と伊藤に「(田中に縛られて)タカヒロが凄く喜んでいた」と言及されている。第45回でトークテーマとして「タカヒロ」が出た際、後藤と伊藤は「まだ若いのにこれだけ成功したのは凄いと思う」と発言していた。なお、第26回にて番組収録中に居眠りをしており、後藤と伊藤に突っ込まれている。
  • 自分が手がけた作品のキャラでは『姉しよ』では要芽、『つよきす』ではエリカ(男キャラはフカヒレ)、『きみある』では朱子がお気に入り。
  • メガネっ娘はあまり好きではないと語っている。
  • 自分のサイトで音楽が好きな作品として『聖剣伝説2』、好きな悪役として『ヴァルキリープロファイル』のレザード・ヴァレスと『幻想水滸伝II』のルカ・ブライトを挙げている。
  • 格ゲー好き。
  • 平成仮面ライダーシリーズの大ファンで、特に好きなのは龍騎
  • 必殺シリーズが好きで、『まじこい』でも数多くのパロディが盛り込まれている。シリーズでは特に『新・必殺仕置人』を高く評価している。好きな殺し屋ベスト5は念仏の鉄三味線屋の勇次中村主水飾り職人の秀・壱。

作品リスト[編集]

コンピュータゲーム[編集]

アニメ[編集]

漫画原作[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 姉といっても主人公と血縁の実姉はいたことがなく、同居関係にある年上の女性キャラクターを好んで作る。
  2. ^ 過去作の登場人物や団体が新作にも出てくる形が多い。
  3. ^ ちなみに海原が演じたキャラの大半は「辛党」という設定を持つ。

外部リンク[編集]