ジミー・クリフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジミー・クリフ
}
基本情報
出生名 ジェイムズ・チェンバース(James Chambers)
出生 1948年4月1日(66歳)
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカ
セント・キャサリン教区
ジャンル レゲエ
職業 歌手
活動期間 1962年 -

ジミー・クリフJimmy Cliff1948年4月1日 - )はジャマイカレゲエ・シンガー。本名ジェイムズ・チェンバース(James Chambers)。レゲエというジャンルが確立する前から音楽活動を開始していた。

略歴[編集]

ジャマイカがイギリスから独立した年でもある1962年に、レコード・デビュー。同年には、「ディアレスト・ビヴァリー」が初めてのヒット曲となる。同名のレストランに売り込みをかけ、レコーディング費用を捻出したというエピソードがある。

1965年に活動の場をロンドンに移し、1967年にファースト・アルバム『ハード・ロード・トゥ・トラベル』を発表。 1972年には、ジャマイカの状況を世界に知らしめた映画ハーダー・ゼイ・カム』に主演し、映画のサウンドトラック盤にも参加、一躍有名になる。 1978年、来日公演を行う。

1985年発表のアルバム『クリフハンガー』でグラミー賞を受賞。本作収録の「ブラウン・アイズ」にはベーシストのジャコ・パストリアスが参加。

1993年、コメディ映画『クール・ランニング』の主題歌「アイ・キャン・シー・クリアリー・ナウ」(ジョニー・ナッシュのカヴァー)が大ヒット。2005年には、日本のTVドラマ『エンジン』(主演:木村拓哉)の主題歌になった。

1999年、イベント「ジャパンスプラッシュ」で来日、トリを務めた。 21世紀に入っても現役で活動を続ける。

ロックとの関わり[編集]

1971年に、キャット・スティーヴンスの「ワイルド・ワールド」をカヴァー・ヒット(全英8位)させた。この曲は、後にハード・ロック・バンドMr.Bigや、レゲエ・シンガー、マキシ・プリーストも取り上げる。 ローリング・ストーンズの『ダーティ・ワーク』にゲスト参加。「トゥー・ルード」で、キース・リチャーズとのデュエットを披露。ジミーの作品『ブラック・マジック』に、元ザ・クラッシュジョー・ストラマーがゲスト参加。

出演[編集]

CM[編集]

  • TDK カセットテープ(1990年)