オイゼビウス・マンディチェフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オイゼビウス・マンディチェフスキ

オイゼビウス・マンディチェフスキ((ウクライナ語: Євсевій Мандичевський Ėvsevij Mandyčevśkyj, ルーマニア語: Eusebie Mandicevschi, 英語: Eusebius Mandyczewski, 1857年8月18日 チェルナウツィ - 1929年8月13日 ウィーン)はオーストリア=ハンガリー帝国音楽学者音楽教師指揮者作曲家ウクライナ系ルーマニア系。幅広い知識と探究心をそなえた研究者として知られるが、出版した著作は数少ない。

正教会ウクライナ人司祭を父親に生まれる。ウィーン音楽院に進んで音楽理論をグスタフ・ノッテボームに、作曲をローベルト・フックスに、音楽学エドゥアルト・ハンスリックに師事。1879年よりヨハネス・ブラームスの親友となり、そのサークルの一員となった(またブラームスがグスタフ・イェナーを指導するのを輔佐している)。

1887年よりウィーン・ジングアカデミーの指揮者ならびにウィーン楽友協会司書に就任。その後は1897年よりウィーン音楽院にて音楽史の教授に就任し、その後はウィーン音楽院で楽器史、和声法、対位法、作曲を指導した。 1916年には枢密院に登用された。

フランツ・シューベルト作品全集およびヨーゼフ・ハイドン作品全集の校訂者であり、また友人ブラームスの作品全集において門弟ハンス・ガルとともに校訂に当たった。これらの版は、ドーヴァー社より復刻されている。

その他の著名な門人に、ジョージ・セルカール・ベームヨーゼフ・クリップスフリッツ・シュティードリーアルトゥール・シュナーベルら。

作曲家としては、正教会のための奉神礼音楽のほか、ピアノ曲連作歌曲を手懸けた。