無伴奏チェロ組曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ無伴奏チェロ組曲ドイツ語: Suiten für Violoncello solo)は、チェロ独奏用の楽曲で、以下の全6曲を指す。

歴史[編集]

作曲年代は明らかでないが、その大部分はケーテン時代(1717年-1723年)に作曲されたらしい。ケーテンの宮廷オーケストラは12人の楽師で構成されており、宮廷ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者でチェリストも兼ねていた、クリスティアン・フェルディナント・アーベルのために書かれたという説もある。近年、ヴァイオリンのように肩で支えた姿勢で弾く小型のチェロ(ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ)が復元され、ヴァイオリンの無伴奏曲と同様にバッハ自身が弾くために書かれたとする説も浮上している。ケーテン時代には、ブランデンブルク協奏曲やフランス組曲、イギリス組曲など、6曲構成の楽曲が作られているが、この時代に3の倍数が好まれたことが影響していると見られる。バッハの妻アンナ・マクダレーナの写譜が残っており、これは長い間自筆譜と考えられてきた美しいものである。

その後、単純な練習曲として忘れられていたが、パブロ・カザルスによって再発掘されて以降、チェリストの聖典的な作品と見なされるようになった。現代においてはバッハの作品の中でも特に高く評価されるものの一つである。コントラバスヴィオラヴィオラ・ダ・ガンバギターサキソフォンフルートホルンマリンバエレキギターテューバなど他の楽器に編曲、演奏されることも多い。

楽曲解説[編集]

6曲の組曲は、それぞれが前奏曲(プレリュード)で始まり、アルマンドクーラントサラバンドメヌエット(第3番・第4番はブーレ、第5番・第6番ではガヴォット)、ジーグの6曲構成となっている。組曲ごとにひとつの調性で統一される。各楽曲はプレリュードとアルマンド(元来舞曲であるが当時その性格は失われていた)を除いて舞曲であるが、一見単純な構成のなかに多声的な要素が盛り込まれ、重音奏法も駆使して一つの楽器とは思えない劇的かつ多彩な効果を出す。

演奏技術的には、番号順に難しくなる傾向にあるが、第1番はチェロを始めて2年から3年程度で挑戦可能とされ、第2番は一部に困難な運指があるものの、第1番とほぼ同程度の難度であり、第3番までなら演奏自体はそう難しくない。しかし、音楽の内容を汲んだ表現となると、生涯をかけて研究するほどの対象とされる。また5番はスコルダトゥーラを前提とし、6番は5弦の楽器のために書かれているため、現代の一般的な楽器で演奏するには高い技術が要求される。強弱やボウイングなどについて、さまざまに解釈、編曲された演奏譜が出版されている。

第1番ト長調 BWV1007[編集]

バッハの妻アンナ・マクダレーナによる無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007の写譜
前奏曲(Praeludium)
4分の4拍子。アラベスク的な分散和音が移り変わっていく。クロイツェルの練習曲13番に引用され、現代においてはさまざまに転用、利用され、全曲中でも最もよく知られる曲となっている。
アルマンド(Allemande)
二部形式、2分の2拍子。穏やかな曲調。
クーラント(Courante)
二部形式、4分の3拍子。軽快な3拍子の舞曲。
サラバンド(Sarabande)
二部形式、4分の3拍子。重音を使って落ち着いた雰囲気を出す。
メヌエット I/II(Menuetto I/II)
三部形式、4分の3拍子。中間の第2メヌエットはト短調
ジーグ(Gigue)
二部形式、8分の6拍子。急速な舞曲。

第2番ニ短調 BWV1008[編集]

前奏曲
4分の3拍子。問いかけるように上昇する音型から始まり、次第に熱がこもっていき、最後は五つの重音の連続で結ばれる。この部分を分散和音や装飾音を使って即興的に演奏する例もある。
アルマンド
二部形式、4分の4拍子。重音や低音部を使って重い雰囲気を出す。
クーラント
二部形式、4分の3拍子。細かい音型で多声的。
サラバンド
二部形式、4分の3拍子。同じ音を2本の弦で奏して始まる。後半は短調のなかでも憧憬を感じさせる。
メヌエット I/II
三部形式、4分の3拍子。ここでも重音を駆使して、端正な造形に熱情的な要素を盛り込んでいる。中間の第2メヌエットはニ長調で軽快なもの。
ジーグ
二部形式、8分の3拍子。歯切れの良い下降音型が繰り返され、多声的に展開する。

第3番ハ長調 BWV1009[編集]

前奏曲
4分の3拍子。主音から舞い降りるように順次下降する旋律がスケール大きく展開される。後半の波のような分散和音の連続から重音の連続に至る過程は圧倒的な高揚感がある。
アルマンド
二部形式、4分の4拍子。他のアルマンドと比べて律動的。
クーラント
二部形式、4分の3拍子。勢いよく急下降する主題が多彩に展開される。
サラバンド
二部形式、4分の3拍子。重音で問いかけるような音型が奏される。
ブーレ I/II(Bourree I/II)
三部形式、2分の2拍子。高音部と低音部が会話するような第1ブーレは親しみやすく、よくしられるもの。中間の第2ブーレはハ短調。
ジーグ
二部形式、8分の3拍子。重音を伴って上昇する音型が華麗に展開される。

第4番変ホ長調 BWV1010[編集]

前奏曲
2分の2拍子。広い音域を上下する分散和音が繰り返されながら、次第に短調に傾いていく。後半は細かい音型や重音を織り交ぜながら劇的になる。全曲中でも抽象性を強く印象づける曲。
アルマンド
二部形式、2分の2拍子。流れるような細かい動きと音程跳躍の対比が見られる。
クーラント
二部形式、4分の3拍子。歯切れ良い主旋律になだらかな三連符がリズムの変化を与えている。
サラバンド
二部形式、4分の3拍子。重音と高音域をよく使って、きめの細かな印象。
ブーレ I/II
三部形式、2分の2拍子。主旋律は音階を駆け上がるような快活なもの。第2ブーレも同じ変ホ長調、重音と単純なリズムで素朴さを出している。
ジーグ
二部形式、8分の12拍子。軽妙な終曲。節の終わりをくくる低い主音がユーモラスな味を出している。

第5番ハ短調 BWV1011[編集]

チェロのA弦(音域がいちばん高い弦)を低くGに調弦して弾くことを前提に楽譜が書かれている。このような手法をスコルダトゥーラ(変則的調弦法)という。A弦を緩めることによって音量や音の張りなどに不利が生じることを理由として、通常の調弦のまま弾けるよう簡易に編曲された楽譜をもって演奏されてきた。現在では本来の響きの良さを求め、技巧的に難易度が高くなってもオリジナルの楽譜通り演奏するチェリストも増えている。

なお、無伴奏リュート組曲第3番BWV995と、調を除き同一の曲である(ト短調)。これはバッハ自身の編曲で自筆譜も残っており、バッハの考えた進行だけではなくアンナ・マグダレーナ・バッハの写譜のくせを知るのにも重要な手がかりである。前奏曲後半のフガートではより明確なフーガ構造が見て取れる。

前奏曲
2分の2拍子-8分の3拍子。フランス風序曲の様式で書かれていて、大きく2つの部分に分かれる。前半は重々しく即興的。後半にはいると、新たな主題がフガートのように多声的に展開され、最後にハ長調の主和音で結ばれる。規模雄大な曲。
アルマンド
二部形式、2分の2拍子。重音と付点リズムが荘重さを印象づける。
クーラント
二部形式、2分の3拍子。前打音と節の結びのリズムが特徴的。
サラバンド
二部形式、4分の3拍子。重音を全く使用せず、半音階を多用する瞑想的な音楽。
ガヴォット I/II(Gavotte I/II)
三部形式、2分の2拍子。二つの前打音を備えたガヴォットのリズムと重音が生かされている。第2ガヴォットもハ短調。三連符でなだらかに流れ、主部との対照を形作る。
ジーグ
二部形式、8分の3拍子。付点付きリズムが支配的。途中、小節をまたぐタイによって音楽が不意に停滞あるいは宙に浮くような印象を与えるのが独特。

第6番ニ長調 BWV1012[編集]

この曲は、通常のチェロに高音弦(E弦)をもう1本足した5弦の楽器用に書かれている。その楽器とは、バッハが考案したともいわれるヴィオラ・ポンポーザだとする説もあり近年復元され度々演奏会で使われるようになった。この楽器はヴァイオリンのように肩にかけて弾く小型のチェロ(ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ)で音域もチェロと同じである。その他古楽器による演奏では、やや小振りで足に挟んでかまえるチェロを使用する例が見られるが実際にバッハがどのような楽器を想定していたかは分かっていない。現代楽器では、一般的なチェロで弾かれることが多い。高音部を多用しており、現代チェロで弾くと緊張感の高い音色となる。4弦の楽器で演奏するとハイポジションを多用することになり、演奏が難しい。

前奏曲
8分の12拍子。バッハの楽譜としては珍しく、初めの部分にフォルテ記号とピアノ記号(同じ旋律の繰り返し部分)が記入されている。二つの弦で同じ音を交互に奏して効果を出している。輝かしい音楽。リトルネッロ形式で書かれている。
アルマンド
二部形式、4分の4拍子。高雅で非常に細かい音符で書かれており、通常よりゆっくり演奏されることが多い。
クーラント
二部形式、4分の3拍子。快活さで一貫している。流れるような指運びとスムーズかつリズミカルな音だしが要求される。
サラバンド
二部形式、2分の3拍子。重音を多用、踏みしめるように順次下降する和声進行が優雅で美しい。
ガヴォット I/II
三部形式、2分の2拍子。明朗なガヴォットで、よく知られる。第2ガヴォットもニ長調、より多声的になっている。
ジーグ
二部形式、8分の6拍子。規模が大きく、壮麗な終曲。

無伴奏チェロ組曲の名演奏[編集]

チェロのための代表的な楽曲であるだけに、古今の世界的チェリストが競って録音している。ここでは、一般的に世評の高い演奏者を挙げておく。

現代楽器による演奏[編集]

古楽器による演奏[編集]

外部リンク[編集]