オクラホマミキサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オクラホマミキサー (Oklahoma Mixer) とは、19世紀初頭のアメリカ合衆国で生まれた民謡である。

解説[編集]

"アメリカ空軍軍楽隊の演奏"

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

オクラホマミキサー(Oklahoma mixer)は日本小学校中学校運動会(体育祭)林間学校、また多くの子供会、レクリエーション団体などでよく踊られている、日本で一番普及しているフォークダンスの一つで有り、原型はアメリカ合衆国のTexas schottischeだと思われる。 つかわれる音楽は、藁の中の七面鳥("Turkey in the Straw")という。1830年ごろからミンストレルショーで盛んに取り上げられるようになり、人気曲となった。作曲者は諸説あるが未詳。

同一のメロディーで歌われる"Zip Coon"ないし"Old Zip Coon"という歌が、やはり1830年ごろに書かれた歌として知られている。また、このメロディーは、「藁の中の七面鳥」として歌詞が施される以前から"Natchez Under the Hill(丘の下のナチェス族)"というヴァイオリン曲としても知られていたほか、現在では"Do Your Ears Hang Low?(君の耳は長く垂れてるかい?)"という子供の歌としても知られている。

日本小学校中学校では、運動会(体育祭)林間学校などで行われるフォークダンスBGM椅子取りゲームなどのBGMとしてよく使われている。米国発祥ながら日本でも広く親しまれている曲であるが、メロディ歌詞の一部は知られていても曲名までは広くは知られていない。歌詞は英語・日本語ともに存在する。

アメリカ民謡のなかでもこの曲は、はずんだリズムが多く、多くのアメリカ民謡とはリズムが異なる曲でもある。

この曲を使用した作品[編集]

映画[編集]

正式にはオクラホマミクサーという。 オクラホマミキサーが使用されている映画は数多くあるが、スピーディーな映画ではあまり使われず、遊牧民映画やコメディ映画などののんびりとした映画で使われること多い。

音楽[編集]

ドラマ[編集]

  • 電撃戦隊チェンジマン - 第42話「セーラー服のナナ」で、ゴーストギルーク(山本昌平)から救出されたリゲル星人ナナ(柴田時江。この時点では高校生)がラスト、ナナの通う女子校で行ったフォークダンスで剣飛竜(浜田治希)と踊った。因みに他のメンバーは、疾風翔(河合宏)が翼麻衣(大石麻衣)、大空勇馬(和泉史郎)が渚さやか(西本ひろ子)とだったが、何故か3組とも相手は入れ替わらなかった。なおこの時の剣は、「ナナがギルークやゴズマに見つかった」という理由から、素直に喜べなかった(事実次回「スーパーギルーク!」では、ナナがスーパーギルークを誕生させ、再びナナは去ってしまう)。
  • ちびまる子ちゃん - 体育のフォークダンスのシーンで使用された。

バラエティ[編集]

アニメ[編集]

  • あずまんが大王 - 体育祭のフォークダンスのシーンで使用された。
  • To Heart - 体育祭のフォークダンスのシーンで使用された。(5話)

ゲーム[編集]

ラジオ[編集]

コマーシャル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]