サンバ (アルゼンチン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
観光用にダンスを演じるカップル(アルゼンチン、ブエノスアイレス)

サンバZamba) はアルゼンチン北西部の6/8拍子の民俗舞曲である。

概要[編集]

ペルーのサマクエカ(zamacueca、現在はマリネーラと称する)を起源とする踊りで、ボリビアチリクエッカと同一系統である。ブラジルサンバ(Samba)とは、語源に関連性はあるかもしれないが、まったく異なった音楽である。

男女のペアがハンカチを振りながら踊る点に特徴がある。曲は前奏 - テーマ - テーマ - サビという構成を1単位として、これを2回繰り返す。アルゼンチンのフォルクローレのなかでは、チャカレーラと並んでもっとも一般的な音楽である。

楽器は、ギター(クラシックギター)に、ボンボが加わり、さらにピアノアコーディオンバンドネオンハーモニカバイオリンマンドリンフルートケーナシンセサイザーなど、様々な楽器が使われる。 アタウアルパ・ユパンキ、チャンゴ・ロドリゲス、ホルヘ・カフルーネ等、ギターでの弾き歌いに深い魅力がある。

代表的な曲[編集]

  • 希望のサンバ(Zamba de mi esperanzaスペイン語版)(Luis H. Morales) アルゼンチンでは「第2の国歌」
  • トゥクマンの月(Luna tucumana)(アタウアルパ・ユパンキ Ataualpa Yupanqui)
  • 月に魅せられて(mi luna cautiva)(チャンゴ・ロドリゲス) 最近[いつ?]ではソレダーがカバーしアルゼンチンでヒット
  • クリオジータ・サンティアゲーニャ(Criollita santiagueña)(アタウアルパ・ユパンキ)
  • アルフォンシーナと海(Alfonsina y el mar)(曲:アリエル・ラミレス Ariel Ramirez、詞:フェリックス・ルナ Felix Luna)
  • 悲しみのサンバ(Tristecita)(曲:アリエル・ラミレス、詞:フェリックス・ルナ)
  • カーニバルの香り(Perfume de carnaval)(ペテコ・カラバハル Peteco Carabajal)

などがある。

関連項目[編集]