インドネシアの舞踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一組のレゴンダンサー

インドネシアの舞踊インドネシアの伝統音楽に合わせて、身体を使って喜怒哀楽を表現する芸能のことを言う。


概要[編集]

民族によって、アチェ舞踊、ミナンカバウ舞踊、マレー舞踊、パプア舞踊、マルク舞踊、マナド舞踊、ブギス舞踊、ダヤッ舞踊、バリ舞踊ジャワ舞踊スンダ舞踊、ブタウィ舞踊に分類される。

ダンサーの数による分類:

内容による分類:

  • ワヤン舞踊
ワヤン劇の一部分を表現
  • 民族舞踊
それぞれの民族文化を反映
  • 仮面舞踊
仮面(トペン)をつけて演じる

目的による分類:

  • 儀式舞踊
神聖な物への奉納。田植えの頃にデウィスリ(の神様)に奉納する舞踊。動物の仕草や戦いを表す舞踊。儀式舞踊の特徴:
  • 舞踊が行われる場所は大抵は神聖な場所:寺院広場など
  • 特定の時間:満月、真夜中
  • 選ばれた人が演じる
  • 様々なお供え物
  • 願い事の成就を祈願
例:トルトル(北スマトラ州)、ルアンベ(西スマトラ州)、ドドッ(バンテン州)、ルジャンとバリス(バリ州
  • 交流目的舞踊
例:マエンケット北スラウェシ州
  • 観賞目的舞踊
例:ピリン(西スマトラ州)、ムラク(西ジャワ州)、タルナジャヤ(バリ州)、ブランテック(ジャカルタ

各州の舞踊[編集]

アチェ[編集]

北スマトラ州[編集]

  • トルトル
葬儀の舞踊。
  • スランパンドゥアブラス

西スマトラ州[編集]

  • ルアンベ
首長の就任時の舞踊。プンチャック シラットの動きから生まれた男性の舞踊。語源は「ラル」(攻める)と「アンベ」(避ける)。
ミナンカバウ社会のダイナミズムを反映する舞踊。ピリンはの意味で、両手で皿を持って踊るアクロバットの様な踊り。
振りつけ師:不明、現代の物はフリアアダムの振り付け。
  • パユン

南スマトラ州[編集]

  • グンディンスリウィジャヤ

ジャカルタ[編集]

  • ブランテック
レノン喜劇でオープニングに踊る。
振りつけ師:不明、現代のブランテックはジャカルタ芸術院の振り付け
  • ヤポン
振りつけ師:バゴンクスディアルジョ

バンテン州[編集]

  • タリドドッ
稲作に関する舞踊

西ジャワ州[編集]

  • ムラク
新作舞踊。:ムラク(孔雀)の踊り。ラデン・チュチュスマントリの作品
振り付け:ググムグンビラ

中部ジャワ州[編集]

  • ガンビョンパレアノム
振り付け:S.マリディ
  • スリカンディチャキル

ジョグジャカルタ[編集]

  • スリンピ
  • ブダヤ

東ジャワ州[編集]

  • レモン

バリ州[編集]

動きはインド舞踊に似ている。テントウムシの動きを真似た踊り。衣装に使われる色は高貴な色。
  • タリルジャンとタリバリス
神様へ奉納。タリルジャンは女性のグループ、タリバリスは男性のグループの舞踊で通常セットでピオダラン儀式の時に奉納される。
振り付け:イ・ワヤンディブヤ

西ヌサ・トゥンガラ州[編集]

  • レンゴ

東ヌサ・トゥンガラ州[編集]

  • ガレンレメン

北スラウェシ州[編集]

中部スラウェシ州[編集]

  • ルメンセ

南スラウェシ州[編集]

  • キパス
  • パトゥジュ
  • パジャガ
  • パジョガ
  • パカレナ

南東スラウェシ州[編集]

  • バルンパ

東カリマンタン州[編集]

  • クンヤ
  • ガンタル
  • カンチェッパパタイ(戦の踊り)
  • カンチェッレド(銅鑼の踊り)
  • カンチェッラサン
  • レレン
  • ホドク
  • ホドクキタ
  • スルンパイ
  • ブリアンバオ
  • クヤン
  • ペチュキナ
  • ダトゥン
  • グランカウ
  • バラガバガンタ

出典[編集]

  • Sulastianto, Harry (1999). Seni Budaya untuk kelas X Sekolah Menengah Atas. Grafindo Media Pratama. ISBN 9-7975-8369-4.