第45回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第45回グラミー賞(45th Grammy Awards)は2003年2月23日ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンで開催された。

概要[編集]

ノラ・ジョーンズの作品が主要4部門すべてを独占した。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
Don't Know Why - ノラ・ジョーンズ
年間最優秀アルバム賞
『Come Away With Me』 - ノラ・ジョーンズ
年間最優秀楽曲賞
Don't Know Why - ジェシー・ハリス
最優秀新人賞
ノラ・ジョーンズ

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
Don't Know Why - ノラ・ジョーンズ
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
Your Body Is A Wonderland - ジョン・メイヤー
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
Hey Baby - ノー・ダウト
最優秀ポップ・コラボレーション賞
The Game Of Love - カルロス・サンタナ & ミシェル・ブランチ
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
Auld Lang Syne - B.B.キング
最優秀ポップ・インストゥメンタル・アルバム賞
『Just Chillin'』 - ノーマン・ブラウン
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞
『Come Away With Me』 - ノラ・ジョーンズ
最優秀ダンス・レコーディング賞
Days Go By - ダーティ・ヴェガス
最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・アルバム賞
『Playin' With My Friends - Bennett Sings The Blues』 - トニー・ベネット

ロック[編集]

最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
Steve McQueen - シェリル・クロウ
最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
The Rising - ブルース・スプリングスティーン
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
In My Place - コールドプレイ
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
All My Life - フー・ファイターズ
最優秀メタル・パフォーマンス賞
Here To Stay - コーン
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Approaching Pavonis Mons By Balloon (Utopia Planitia) - ザ・フレーミング・リップス
最優秀ロック楽曲賞
The Rising - ブルース・スプリングスティーン
最優秀ロック・アルバム賞
『The Rising』 - ブルース・スプリングスティーン
最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞
『A Rush Of Blood To The Head』 - コールドプレイ

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
He Think I Don't Know - メアリー・J. ブライジ
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
U Don't Have To Call - アッシャー
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ
Love's In Need Of Love Today - スティーヴィー・ワンダー & テイク6
最優秀トラディッショナルR&Bボーカル・パフォーマンス賞
『What's Going On』 - チャカ・カーン・アンド・ザ・ファンク・ブラザーズ
最優秀アーバン/オルタナティヴ・パフォーマンス賞
Little Things - インディア・アリー
最優秀R&B楽曲賞
Love Of My Life (An Ode To Hip Hop) - エリカ・バドゥグレン・スタンリッジジェイムズ・ポイザー、Madukwu Chinwah、Raphael Saadiq、Rashid Lonnie Lynn & Robert Ozuna
最優秀R&Bアルバム賞
『Voyage To India』 - インディア・アリー
最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム賞
『Ashanti』 - アシャンティ

ラップ[編集]

最優秀女性ラップ・パフォーマンス賞
Scream a.k.a. Itchin' - ミッシー・エリオット
最優秀男性ラップ・パフォーマンス賞
Hot In Herre - ネリー
最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ/グループ
The Whole World - キラー・マイク & アウトキャスト
最優秀ラップ・コラボレーション賞
The Whole World - ケリー・ローランド & ネリー
最優秀ラップ・アルバム賞
The Eminem Show』 - エミネム

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Cry - フェイス・ヒル
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Give My Love To Rose - ジョニー・キャッシュ
最優秀カントリー・パフォーマンス・デュオ/グループ
Long Time Gone - ディキシー・チックス
最優秀カントリー・コラボレーション賞
Mendocino County Line - リー・アン・ウーマック & ウィリー・ネルソン
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Lil' Jack Slade - ディキシー・チックス
最優秀カントリー楽曲賞
Where Were You (When The World Stopped Turning) - アラン・ジャクソン
最優秀カントリー・アルバム賞
『Home』 - ディキシー・チックス
最優秀ブルーグラス・アルバム賞
『Lost In The Lonesome Pines』 - クリンチ・マウンテン・ボーイズジム・ローダーデイル & ラルフ・スタンレー

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム賞
『Acoustic Garden』 - エリック・ティングスタッド & ナンシー・ランベル

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞
『Speaking Of Now』 - パット・メセニー・グループ
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞
『Live In Paris』 - ダイアナ・クラール
最優秀ジャズ・インストゥメンタル賞-奏者
『My Ship』 - ハービー・ハンコック
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・アルバム賞-インディビデュアル/グループ
『Directions In Music』 - ハービー・ハンコックマイケル・ブレッカー & ロイ・ハーグローヴ
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム賞
『Homage To Count Basie』 - デイヴ・ホランド・ビッグ・バンド
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞
『The Gathering』 - カリビアン・ジャズ・プロジェクト

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞
『Caraluna』 - バローシス
最優秀ラテン・ロック/オルタナティヴ・アルバム賞
『Revolución De Amor』 - マーナ
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・アルバム賞
『El Arte Del Sabor』 - ベボ・バルデス・ トリオ
最優秀サルサ・アルバム賞
『La Negra Tiene Tumbao』 - セリア・クルーズ
最優秀メレンゲ・アルバム賞
『Latino』 - グルーポ・マニア
最優秀メキシカン/メキシカン-アメリカン・アルバム賞
『Lo Dijo El Corazón』 - ジョン・セバスチャン
最優秀テハーノ・アルバム賞
『Acuérdate』 - エミリオ・ナバイラ

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム賞
『Jamaican E.T.』 - リー・ペリー

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム賞
『Top Of The World』 - ジミー・スター

ワールド[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム賞
『Mundo』 - ルーベン・ブラデス

プロデューサー[編集]

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(ノンクラシカル)
アリフ・マーディン
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)
ロバート・ウッズ

特別賞[編集]

パーソン・オブ・ザ・イヤー
ボノ[2]

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月12日閲覧。
  2. ^ Bono is MusiCares Person of the Year”. RTE Commercial Enterprises (2002年10月8日). 2011年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]