ダイアン・リーヴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイアン・リーヴス
ダイアン・リーヴス(2007年)}
ダイアン・リーヴス(2007年)
基本情報
出生 1956年10月23日(57歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州デトロイト
ジャンル ジャズ
職業 歌手
レーベル Palo Alto
ブルーノート・レコード
公式サイト www.diannereeves.com

ダイアン・リーヴスDianne Reeves, 1956年10月23日 - )は、アメリカ合衆国ジャズ歌手ミシガン州デトロイト生まれ。

アルバムよりライブでのパフォーマンスで知られる。ディー・ディー・ブリッジウォーターダイアナ・クラールカサンドラ・ウィルソンと並んで、現代最も重要な女性ジャズシンガーと見なされている。

子供時代[編集]

ダイアンの家族は音楽一家で、彼女が2歳のときに亡くなった父親も歌手、母親 Vada Swanson はトランペット奏者だった。従兄弟ジョージ・デュークはよく知られたピアニストプロデューサー。ダイアンと姉妹のシャロン(Sharon)はコロラド州デンバーの祖母の家で育った。子供時代、ダイアンはピアノのレッスンを受け、あらゆる機会に歌を歌った。11歳のとき、音楽が生徒を最善の道へ導くと教えている教師によってインスパイアされ、彼女の音楽への関心は高まった。ダイアンは音楽の中にを見つけ、歌手になりたいと思った。デンバー交響楽団の金管楽器奏者だったダイアンのおじチャールズ・バレル(Charles Burell)は、エラ・フィッツジェラルドからビリー・ホリデイまで、ジャズ・シンガーを彼女に教えた。ダイアンは、特にサラ・ヴォーンに感銘を受けた。

来歴[編集]

グラミー賞[編集]

2006年3月現在、アルバムで4度のグラミー賞を獲得。ベストジャズボーカル賞。

ディスコグラフィ[編集]

サイドマンとして録音に参加したレコード[編集]

  • 1975年 - Best of Ronnie Laws (Ronnie Laws)(バックグラウンドボーカル)
  • 1976年 - Yesterday's Dreams (Alphonso Johnson)
  • 1977年 - Comin' Through (Eddie Henderson) - From Me to You (George Duke), Sky Islands (Caldera)
  • 1978年 - Black Forest (Luis Conte) (バックグラウンドボーカル), Kinsman Dazz (Kinsman Dazz) (バックグラウンドボーカル), Steamline (Lenny White)(バックグラウンドボーカル), Time and Chance (Caldera)
  • 1979年 - Splendor (Splendor)
  • 1981年 - Seduzir (Djavan)
  • 1984年 - Fiesta (Victor Feldman)
  • 1985年 - Ebony Rain (Mark Winkler), Magnetic (Steps Ahead), Streetshadows (David Diggs)
  • 1986年 - This Side Up (David Benoit)
  • 1989年 - At Last (Lou Rawls), Ballads (Lou Rawls), Best of Feldman and the Generation Band (Victor Feldman's Generation Band), Straight to My Heart: The Music of Sting (Bob Belden Ensemble)
  • 1990年 - Nova Collection '90 (Various), Yule Struttin' (Various)
  • 1991年 - Continuing the Legacy of Black Music... (Various), Free Play (Eduardo Del Barrio), Keys to Life (Ben Tankard)
  • 1992年 - Christmas Carols & Sacred Songs (The Boys Choir of Harlem), Handel's Messiah: A Soulful Celebration (Various), Legendary Lou Rawls (Lou Rawls), Moonlight Love: Soft Sounds for a Summer Night (Various)
  • 1993年 - Journey (McCoy Tyner Big Band), Let Your Love Flow (Solomon Burke)(バックグラウンドボーカル), When the Time is Right (Javon Jackson)
  • 1994年 - Blue Note Now! (Various), For the Love of Music (Lionel Hampton), I've Known Rivers (Billy Childs), Shades of Blue (Bob Belden)
  • 1995年 - Esquire Jazz Collection: Crosstown Traffic (Various), Jazz to the World (Various), Rhythm & Blues Christmas (Cema) (Various), Today's Stars Sing Holiday Classics (Various)
  • 1996年 - Bob Beldon Presents Strawberry Fields (Various), Doky Brothers, Vol. 2 (Niels Lan Doky & Chris Minh Doky), Never Ending Game, Vol. 1 (Dreadformation), New Groove: The Blue Note Remix Project, Vol. 1 (Various), Panasonic Village Jazz Festival 1996 (Various), Place of Hope (Various), Soulful Sounds of Christmas (One Way) (Various), Strawberry Fields (Bob Belden), World Christmas (Various)
  • 1997年 - 1997 Panasonic Village Jazz Festival (Various), Best of George Duke: The Elektra Years (George Duke)(バックグラウンドボーカル), Fiesta & More (Victor Feldman), Is Love Enough ? (George Duke) (バックグラウンドボーカル), Last Time I Committed Suicide (Original Soundtrack), Monk on Monk (T.S. Monk), Sample This (Joe Sample), Sleep Warm (Various), Slow Jams: On the Jazz Tip, Vol. 1 (Various), Soul Control (Gerald Veasley), That Old Feeling (Original Soundtrack), Yule Be Boppin' (Various), Great Jazz Vocalists Sing Strayhorn & Ellington (Various), Ultimate Nina Simone (Nina Simone)
  • 1998年 - Afro-Cuban Fantasy (Cabildo) (Poncho Sanchez), Blue Box, Vol. 2: Finest Jazz Vocalists (Various), Blue Note Salutes Motown (Various), Blue Note Years 1939-1999 (Various), Chez Toots (Toots Thielemans), Colors of a Band (Peter Herbolzheimer), Minh Chris (Minh Doky), Seasons 4 U (Lou Rawls), Soulful Divas, Vol. 3: Softly with a Song (Various), Soulful Divas, Vol. 5: Ladies of Jazz N Soul (Various), Ultimate Divas (Box) (Various), We've Got What You Need (James Williams & ICU)
  • 1999年 - Afro Blue (Various), Art & Soul (Renee Rosnes), Beach Music Anthology, Vol. 2 (Various), Best Blue Note Album in the World Ever (Various), Billboard Top Contemporary Jazz (Various), Blue Movies: Scoring for the Studio (Various), Blue Note Years, Vol. 6: New Era 1975-1998 (Various), Blue Note Years, Vol. 7: Blue Note Now & Then (Various), Blue Valentines (Various), Down Here Below (Jeffery Smith), Edge (Lenny White), Jazznavour (Charles Aznavour), Just the Ticket (Original Soundtrack) (バックグラウンドボーカル), Live at the Blue Note: 75th Birthday Celebration (Chico & Von Freeman), Live in Swing City: Swingin with the Duke (Lincoln Center Jazz Orchestra & Wynton Marsalis), Manhattan Melodies (Eric Reed), Native Voices (Various), R 'N' Browne (Tom Browne), Tribute to Ellington (Daniel Barenboim)
  • 2000年 - 30 Years of Montreux Jazz Festival (Various), Anthology (Eddie Henderson) (バックグラウンドボーカル), Going Home: Tribute To Duke Ellington (Various), Love Affair: The Music of Ivan Lins (Jason Miles/Various), Never Gonna Give Up (Lorrich), Pure Cool (Various), Sci-Fi (Christian McBride), Smooth and Straight (Various), Smooth Grooves: Jazzy Soul, Vol. 2 (Various), Yesterday, Today and Tomorrow (Rodney Whitaker)
  • 2001年 - Dear Louis (Nicholas Payton), Identity Crisis (Affirmation), Let's Get Lost: The Songs of Jimmy McHugh (Terence Blanchard), Phonography (DJ Smash), With a Little Help From My Friends (Renee Rosnes)
  • 2002年 - At His Best (Solomon Burke) (バックグラウンドボーカル), Cafe (Trio da Paz), I Heard It on NPR: Jazz for Blue Nights (Various), Incredible Solomon Burke at His Best (Solomon Burke)(バックグラウンドボーカル), Lenny White Collection (Lenny White), Pump It Up (Les McCann), Tom Browne Collection (Tom Browne)
  • 2003年 - I Heard It on NPR CD Box Set: Jazz for Blue Nights (Various), Midnight Music (Various), Wise Children (Tom Harrell)
  • 2004年 - Blue Note Plays the Beatles (Various), Colors of Latin Jazz: Musica Romantica (Various), The Magic Hour (Wynton Marsalis)
  • 2007年 - Nuovo Cinema Paradiso (Fabrizio Bosso)

外部リンク[編集]