第48回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第48回グラミー賞(48th Annual Grammy Awards)は2006年2月8日ロサンゼルスステイプルズ・センターで開催された。

概要[編集]

注目の年間レコード賞にはグリーン・デイの『ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス』で、パンクバンドとして史上初の受賞になった。またU2は年間アルバム賞と楽曲賞を受賞した。また、アメリカン・アイドル出身のケリー・クラークソンも2部門で受賞したが、FOXアメリカン・アイドルそのものが裏番組となっており、視聴率も低迷したため、2007年度は日曜日に開催された。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
Boulevard Of Broken Dreams - グリーン・デイ
年間最優秀アルバム賞
How To Dismantle An Atomic Bomb』 - U2
年間最優秀楽曲賞
Sometimes You Can't Make It On Your Own - U2
最優秀新人賞
ジョン・レジェンド

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
Since U Been Gone - ケリー・クラークソン
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
From The Bottom Of My Heart - スティーヴィー・ワンダー
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
This Love - マルーン5
最優秀ポップ・コラボレーション賞
Feel Good Inc - デ・ラ・ソウル & ゴリラズ
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
Caravan - レス・ポール
最優秀ポップ・インストゥメンタル・アルバム賞
『At This Time』 - バート・バカラック
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞
『Breakaway』 - ケリー・クラークソン
最優秀ダンス・レコーディング賞
Galvanize - カマール・ファリード & ケミカル・ブラザーズ
最優秀エレクトリック/ダンス・アルバム賞
『Push The Button』 - ケミカル・ブラザーズ
最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・アルバム賞
『The Art Of Romance』 - トニー・ベネット

ロック[編集]

最優秀ソロ・ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
Devils & Dust - ブルース・スプリングスティーン
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
Sometimes You Can't Make It On Your Own - U2
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
B.Y.O.B. - システム・オブ・ア・ダウン
最優秀メタル・パフォーマンス賞
Before I Forget - スリップノット
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
69 Freedom Special - レス・ポール
最優秀ロック楽曲賞
City Of Blinding Lights - U2
最優秀ロック・アルバム賞
『How To Dismantle An Atomic Bomb』 - U2
最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞
Get Behind Me Satan』 - ザ・ホワイト・ストライプス

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
We Belong Together - マライア・キャリー
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
Ordinary People - ジョン・レジェンド
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ
So Amazing - ビヨンセ & スティーヴィー・ワンダー
最優秀トラディッショナルR&Bボーカル・パフォーマンス賞
『A House Is Not A Home』 - アレサ・フランクリン
最優秀アーバン/オルタナティヴ・パフォーマンス賞
Welcome To Jamrock - ダミアン・マーリー
最優秀R&B楽曲賞
We Belong Together - ジャーメイン・デュプリジョンテイ・オースティン、 Manuel Seal, Jr. & マライア・キャリー
最優秀R&Bアルバム賞
『Get Lifted』 - ジョン・レジェンド
最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム賞
The Emancipation Of Mimi』 - マライア・キャリー

ラップ[編集]

最優秀ソロ・ラップ・パフォーマンス賞
Gold Digger - カニエ・ウェスト
最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ/グループ
Don't Phunk With My Heart - ブラック・アイド・ピーズ
最優秀ラップ・コラボレーション賞
Numb/Encore - リンキン・パーク & ショーン・カーター
最優秀ラップ楽曲賞
Diamonds From Sierra Leone - デヴォン・ハリス & カニエ・ウェスト
最優秀ラップ・アルバム賞
『Late Registration』 - カニエ・ウェスト

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
The Connection - エミルー・ハリス
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
You'll Think Of Me - キース・アーバン
最優秀カントリー・パフォーマンス・デュオ/グループ
Restless - アリソン・クラウス+ユニオン・ステーション
最優秀カントリー・コラボレーション賞
Like We Never Loved At All - フェイス・ヒル & ティム・マッグロー
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Unionhouse Branch - アリソン・クラウス+ユニオン・ステーション
最優秀カントリー楽曲賞
Bless The Broken Road - Bobby Boyd、ジェフ・ハンナ & マーカス・ハモン
最優秀カントリー・アルバム賞
『Lonely Runs Both Ways』 - アリソン・クラウス+ユニオン・ステーション
最優秀ブルーグラス・アルバム賞
『The Company We Keep』 - デル・マッコーリー・バンド

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム賞
『Silver Solstice』 - ポール・ウィンター・コンソート

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞
『The Way Up』 - パット・メセニー・グループ
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞
『Good Night, And Good Luck.』 - ダイアン・リーヴス
最優秀ジャズ・インストゥメンタル賞-奏者
『Why Was I Born?』 - ソニー・ロリンズ
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・アルバム賞-インディビデュアル/グループ
『Beyond The Sound Barrier』 - ウェイン・ショーター
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム賞
『Overtime』 - デイヴ・ホランド
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞
『Listen Here!』 - エディ・パルミエリ

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞
『Escucha』 - ラウラ・パウジーニ
最優秀ラテン・ロック/オルタナティヴ・アルバム賞
『Fijación Oral Vol. 1』 - シャキーラ
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・アルバム賞
『Bebo De Cuba』 - ベボ・バルデース
最優秀サルサ/メレンゲ・アルバム賞
『Son Del Alma』 - ウィリー・チリーノ
最優秀メキシカン/メキシカン-アメリカン・アルバム賞
『México En La Piel』 - ルイス・ミゲル
最優秀テハーノ・アルバム賞
『Chicanisimo』 - リトル・ジョー・イ・ラ・ファミリア

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム賞
『Welcome To Jamrock』 - ダミアン・マーリー

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム賞
『Shake, Rattle And Polka!』 - ジミー・スター

ワールド[編集]

最優秀トラディッショナル・ワールドミュージック・アルバム賞
『In The Heart Of The Moon』 - アリー・ファルカ・トーレ & トウマニ・ディアバテ
最優秀コンテンポラリー・ワールドミュージック・アルバム賞
『Eletracústico』 - ジルベルト・ジル

コメディ[編集]

最優秀コメディ・アルバム賞
『Never Scared』 - クリス・ロック

プロデューサー[編集]

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(ノンクラシカル)
スティーヴ・リリーホワイト
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)
ティム・ハンドリー

特別賞[編集]

パーソン・オブ・ザ・イヤー
ジェームス・テイラー[2]

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月14日閲覧。
  2. ^ MusiCares Honors Singer James Taylor”. CBSNEWS (2009年2月18日). 2011年10月14日閲覧。

外部リンク[編集]