カサンドラ・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カサンドラ・ウィルソン
カサンドラ・ウィルソン  2007年撮影}
カサンドラ・ウィルソン
2007年撮影
基本情報
出生 1955年12月4日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシシッピ州ジャクソン
ジャンル ジャズブルース
職業 歌手ソングライター、プロデューサー、編曲家
活動期間 1985年 - 現在
レーベル JMTWinter&WinterPolygram、DIW、ColumbiaBluenoteEMI
公式サイト http://www.cassandrawilson.com

カサンドラ・ウィルソンCassandra Wilson, 1955年12月4日 - )は、アメリカミシシッピ州ジャクソン出身の女性ジャズ歌手・シンガーソングライター。1996年度・2008年度のグラミー賞最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム賞の受賞者。1990年代を代表するジャズ歌手の一人として評価された[1]

レパートリーは広く、ジャズとブルーススタンダード・ナンバーから、ポップ、ロックまで歌う。自作曲も多い。ブルージーな声質で、女性としては非常に低い声域を持つ。音楽スタイルはスウィングファンクボサノヴァの影響を受けている。

1980年代から1990年代初頭にかけて、ジャズにアフリカ音楽などの要素を取り入れて発展させようとした音楽家集団M-Base Collectiveの一員としてインディーズで活動する。1993年にブルーノート・レコードから発売したメジャー第1作『ブルー・ライト・ティル・ドーン』が高い評価を得る。1996年に発表したアルバム『ニュー・ムーン・ドーター』で、初のグラミー賞受賞を果たす[2]。1999年、マイルス・デイヴィスに捧げられたアルバム『トラヴェリング・マイルス』を発表。

ウィルソンは『タイム』誌2001年7月9日号において「アメリカズ・ベスト・シンガー」に選ばれ、「ソウルフルで官能的、かつ叙情的であり、彼女は偉大なジャズ・ヴォーカリスト達の伝統を引き継いでいる」と評された[3]

2008年のアルバム『ラヴァリー〜恋人のように〜』はグラミー賞最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム賞を受賞し、自身2度目のグラミー受賞を果たした[2]

ディスコグラフィ[編集]

  • ポイント・オブ・ヴュー - Point of View (1985)
  • デイズ・アウェイ - Days Aweigh (1987)
  • ブルー・スカイ - Blue Skies (1988)
  • ジャンプワールド - Jumpworld (1989)
  • シー・フー・ウィープス - She Who Weeps (1990)
  • ライヴ! - Live (1991、ライヴ)
  • アフター・ザ・ビギニング・アゲイン - After the Beginning Again (1991)
  • ダンス・トゥ・ザ・ドラムス・アゲイン - Dance to the Drums Again (1992)
  • ブルー・ライト・ティル・ドーン - Blue Light 'Til Dawn (1993)
  • ソング・ブック - Songbook (1995、コンピレーション)
  • ニュー・ムーン・ドーター - New Moon Daughter (1996)
  • テネシー・ワルツ - Rendezvous (1997、ジャッキー・テラソンとの連名)
  • トラヴェリング・マイルス - Traveling Miles (1999)
  • ベリー・オブ・ザ・サン - Belly of the Sun (2002)
  • ベスト・オブ・カサンドラ・ウィルソン〜スタンダーズ - Sings Standards (2002、コンピレーション)
  • グラマード - Glamoured (2003)
  • サンダーバード - Thunderbird (2006)
  • ラヴァリー〜恋人のように〜 - Loverly (2008)
  • シルヴァー・ポニー - Silver Pony (2010)
  • アナザー・カントリー - Another Country (2012)

脚注[編集]

外部リンク[編集]