ニュー・ムーン・ドーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニュー・ムーン・ドーター
カサンドラ・ウィルソンスタジオ・アルバム
リリース 1996年1月24日日本の旗
1996年3月5日アメリカ合衆国の旗[1]
ジャンル ジャズ
レーベル ブルーノート・レコード
プロデュース クレイグ・ストリート
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 47位(オーストリア[2]
  • 55位(ドイツ[3]
  • 141位(アメリカ[4]
カサンドラ・ウィルソン 年表
ソング・ブック
(1995年)
ニュー・ムーン・ドーター
(1996年)
テネシー・ワルツ(with ジャッキー・テラソン
(1997年)
テンプレートを表示

ニュー・ムーン・ドーター』(New Moon Daughter)は、アメリカ合衆国の歌手、カサンドラ・ウィルソン1996年に発表したスタジオ・アルバムブルーノート・レコード移籍後としては2作目のアルバムであり、日本で先行発売された[5]。ウィルソンの自作曲や、ビリー・ホリデイのカヴァー「奇妙な果実」等のジャズ・スタンダードに加えて、U2サン・ハウスモンキーズニール・ヤングのカヴァーも歌われており、音楽評論家のScott Yanowはallmusic.comにおいて「モンキーズの"恋の終列車"と"奇妙な果実"の両方が収録されているアルバムは、恐らく本作だけだろう」と評している[6]

ウィルソンの母国アメリカでは、Billboard 200で141位、『ビルボード』のジャズ・アルバム・チャートでは1位に達した[4]。ウィルソンは本作でグラミー賞最優秀ジャズ・ボーカル賞を受賞し、自身初のグラミー受賞を果たした[4]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はカサンドラ・ウィルソン作。

  1. 奇妙な果実 - "Strange Fruit" (Lewis Allan) - 5:34
  2. 恋は盲目 - "Love Is Blindness" (U2) - 4:52
  3. ソロモン・サング - "Solomon Sang" - 5:55
  4. デス・レター - "Death Letter" (Son House) - 4:12
  5. スカイラーク - "Skylark" (Hoagy Carmichael, Johnny Mercer) - 4:08
  6. ファインド・ヒム - "Find Him" - 4:37
  7. 泣きたいほどの淋しさだ - "I'm So Lonesome I Could Cry" (Hank Williams) - 4:49
  8. 恋の終列車 - "Last Train to Clarksville" (Tommy Boyce, Bobby Hart) - 5:13
  9. アンティル - "Until" - 6:30
  10. ア・リトル・ウォーム・デス - "A Little Warm Death" - 5:44
  11. メンフィス - "Memphis" - 5:04
  12. ハーヴェスト・ムーン - "Harvest Moon" (Neil Young) - 5:00

日本盤ボーナス・トラック[編集]

  1. ムーン・リヴァー - "Moon River" (J. Mercer, Henry Mancini) - 5:22

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]