第41回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第41回グラミー賞(41st Annual Grammy Awards)は1999年2月24日ロサンゼルスシュライン・オーディトリアムで開催された。

概要[編集]

この年はセリーヌ・ディオンが主役で、映画「タイタニック」主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」が年間最優秀レコード賞と年間最優秀楽曲賞を受賞。ローリン・ヒルは年間最優秀アルバム賞と最優秀新人賞など5部門を受賞した。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
My Heart Will Go On - セリーヌ・ディオン
年間最優秀アルバム賞
『The Miseducation Of Lauryn Hill』 - ローリン・ヒル
年間最優秀楽曲賞
My Heart Will Go On - ジェームズ・ホーナー & ウィル・ジェニングス
最優秀新人賞
ローリン・ヒル

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
My Heart Will Go On - セリーヌ・ディオン
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
My Father's Eyes - エリック・クラプトン
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
Jump Jive An' Wail - ブライアン・セッツァー
最優秀ポップ・コラボレーション賞
I Still Have That Other Girl - バート・バカラック & エルヴィス・コステロ
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
Sleepwalk - ブライアン・セッツァー
最優秀ダンス・レコーディング賞
Ray Of Light - マドンナ
最優秀ポップ・アルバム賞
Ray Of Light』 - マドンナ
最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
『Live At Carnegie Hall - The 50th Anniversary Concert』 - パティ・ペイジ

ロック[編集]

最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
Uninvited - アラニス・モリセット
最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
Fly Away - レニー・クラヴィッツ
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
Pink - エアロスミス
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
Most High - ジミー・ペイジ & ロバート・プラント
最優秀メタル・パフォーマンス賞
Better Than You - メタリカ
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
The Roots Of Coincidence - パット・メセニー・グループ
最優秀ロック楽曲賞
Uninvited - アラニス・モリセット
最優秀ロック・アルバム賞
The Globe Sessions』 - シェリル・クロウ
最優秀オルタナティヴ・ミュージック・パフォーマンス賞
『Hello Nasty』 - ビースティ・ボーイズ

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
Doo Wop (That Thing) - ローリン・ヒル
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
St. Louis Blues - スティーヴィー・ワンダー
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ
The Boy Is Mine - ブランディ & モニカ
最優秀R&B楽曲賞
Doo Wop (That Thing) - ローリン・ヒル
最優秀R&Bアルバム賞
『The Miseducation Of Lauryn Hill』 - ローリン・ヒル
最優秀トラディッショナルR&Bボーカル・パフォーマンス賞
Live! - One Night Only - パティ・ラベル

ラップ[編集]

最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス賞
Gettin' Jiggy Wit It - ウィル・スミス
最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ/グループ
Intergalactic - ビースティ・ボーイズ
最優秀ラップ・アルバム賞
『Vol. 2...Hard Knock Life』 - ジェイ・Z

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
You're Still The One - シャナイア・トゥエイン
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
If You Ever Have Forever In Mind - ヴィンス・ギル
最優秀カントリー・パフォーマンス・デュオ/グループ
There's Your Trouble - ディキシー・チックス
最優秀カントリー・コラボレーション賞
Same Old Train - アリソン・クラウスクリント・ブラックドワイト・ヨアカムアール・スクラッグスエミルー・ハリスジョー・ディフィーマーティ・スチュアートマール・ハガードパム・ティリスパティ・ラヴレスランディ・トラヴィスリッキー・スキャッグス & トラヴィス・トリット
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
A Soldier's Joy - アスリープ・アット・ザ・ホイール
最優秀カントリー楽曲賞
You're Still The One - ロバート・ジョン・"マット"・ランジ & シャナイア・トゥエイン
最優秀カントリー・アルバム賞
『Wide Open Spaces』 - ディキシー・チックス
最優秀ブルーグラス・アルバム賞
『Bluegrass Rules!』 - リッキー・スキャッグス・アンド・ケンタッキー・サンダー

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム賞
『Landmarks』 - クラナド

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・パフォーマンス賞
Imaginary Day』 - パット・メセニー・グループ
最優秀ジャズ・ボーカル・パフォーマンス賞
『I Remember Miles』 - シャーリー・ホーン
最優秀ジャズ・インストゥメンタル賞-奏者
『Rhumbata』 - チック・コリア & ゲイリー・バートン
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・パフォーマンス賞-インディビデュアル/グループ
『Gershwin's World』 - ハービー・ハンコック
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・パフォーマンス賞
『Count Plays Duke』 - グローヴァー・ミッチェル
最優秀ラテン・ジャズ・パフォーマンス賞
『Hot House』 - アルトゥーロ・サンドヴァル

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・パフォーマンス賞
Vuelve - リッキー・マーティン
最優秀ラテン・ロック/オルタナティヴ・パフォーマンス賞
Suenos Liquidos - マナー
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・パフォーマンス賞
Contra La Corriente - マーク・アンソニー
最優秀メキシカン-アメリカン・ミュージック・パフォーマンス賞
Los Super Seven - ロス・スーパー・セブン
最優秀テハーノ・ミュージック・パフォーマンス賞
Said And Done - フラコ・ヒメネス

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム賞
『Friends』 - スライ&ロビー

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム賞
『Dance With Me』 - ジミー・スター

ワールド[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム賞
『Quanta Live』 - ジルベルト・ジル

プロデューサー[編集]

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(ノンクラシカル)
ロブ・カヴァロ
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)
スティーヴン・エプスタイン

特別賞[編集]

パーソン・オブ・ザ・イヤー
スティーヴィー・ワンダー[2]

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月12日閲覧。
  2. ^ John Swenson (2002年10月8日). “Rock News: Music's high and low notes”. UPI.com. 2011年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]