第47回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第47回グラミー賞(47th Grammy Awards)は2005年2月13日ロサンゼルスステイプルズ・センターで開催された。

概要[編集]

前年に亡くなったレイ・チャールズが4部門を受賞し、ラッパーのカニエ・ウェストが3部門を受賞した。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
Here We Go Again - ノラ・ジョーンズ & レイ・チャールズ
年間最優秀アルバム賞
『Genius Loves Company』 - レイ・チャールズ
年間最優秀楽曲賞
Daughters - ジョン・メイヤー
最優秀新人賞
マルーン5

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
Sunrise - ノラ・ジョーンズ
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
Daughters - ジョン・メイヤー
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
Heaven - ロス・ロンリー・ボーイズ
最優秀ポップ・コラボレーション賞
Here We Go Again - ノラ・ジョーンズ & レイ・チャールズ
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
11th Commandment - ベン・ハーパー
最優秀ポップ・インストゥメンタル・アルバム賞
『Henry Mancini: Pink Guitar』 - James R. Jensen,
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞
『Genius Loves Company』 - レイ・チャールズ
最優秀ダンス・レコーディング賞
Toxic - ブリトニー・スピアーズ
最優秀エレクトリック/ダンス・アルバム賞
『Kish Kash』 - ベースメント・ジャックス
最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・アルバム賞
『Stardust...The Great American Songbook Volume III』 - ロッド・スチュワート

ロック[編集]

最優秀ソロ・ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
Code Of Silence - ブルース・スプリングスティーン
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
Vertigo - U2
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
Slither - ヴェルヴェット・リヴォルヴァー
最優秀メタル・パフォーマンス賞
Whiplash - モーターヘッド
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Mrs. O'Leary's Cow - ブライアン・ウィルソン
最優秀ロック楽曲賞
Vertigo - U2
最優秀ロック・アルバム賞
American Idiot』 - グリーン・デイ
最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞
『A Ghost Is Born』 - ウィルコ

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
If I Ain't Got You - アリシア・キーズ
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
Call My Name - プリンス
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ
My Boo - アリシア・キーズ & アッシャー
最優秀トラディッショナルR&Bボーカル・パフォーマンス賞
『Musicology』 - プリンス
最優秀アーバン/オルタナティヴ・パフォーマンス賞
Cross My Mind - ジル・スコット
最優秀R&B楽曲賞
You Don't Know My Name - アリシア・キーズ、ハロルド・リリー & カニエ・ウェスト
最優秀R&Bアルバム賞
『The Diary Of Alicia Keys』 - アリシア・キーズ
最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム賞
『Confessions』 - アッシャー

ラップ[編集]

最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス賞
99 Problems - ジェイ・Z
最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ/グループ
Let's Get It Started - ブラック・アイド・ピース
最優秀ラップ・コラボレーション賞
Yeah! - リル・ジョンリュダクリス & アッシャー
最優秀ラップ楽曲賞
Jesus Walks - Che Smith、カニエ・ウェスト & ミリ・ベン・アリ
最優秀ラップ・アルバム賞
『The College Dropout』 - カニエ・ウェスト

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Redneck Woman - グレッチェン・ウィルソン
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Live Like You Were Dying - ティム・マッグロウ
最優秀カントリー・パフォーマンス・デュオ/グループ
Top Of The World - ディキシー・チックス
最優秀カントリー・コラボレーション賞
Portland Oregon - ジャック・ホワイト & ロレッタ・リン
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Earl's Breakdown - アール・スキャッグスジェリー・ダグラスニッティ・グリッティ・ダート・バンドランディ・スキャッグス & ヴァッサー・クレメンツ
最優秀カントリー楽曲賞
Live Like You Were Dying - クレイグ・ワイズマン & ティム・ニコルズ
最優秀カントリー・アルバム賞
『Van Lear Rose』 - ロレッタ・リン
最優秀ブルーグラス・アルバム賞
『Brand New Strings』 - リッキー・スキャッグス・アンド・ケンタッキー・サンダー

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム賞
『Returning』 - ウィル・アッカーマン

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞
『Unspeakable』 - ビル・フリゼール
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞
『R.S.V.P. (Rare Songs, Very Personal)』 - ナンシー・ウィルソン
最優秀ジャズ・インストゥメンタル賞-奏者
『Speak Like A Child』 - ハービー・ハンコック
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・アルバム賞-インディビデュアル/グループ
『Illuminations』 - クリスチャン・マクブライドゲイリー・バーツルイス・ナッシュマッコイ・タイナー & テレンズ・ブランチャード
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム賞
『Concert In The Garden』 - マリア・シュナイダー
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞
『Land Of The Sun』 - チャーリー・ヘイデン

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞
『Amar Sin Mentiras』 - マーク・アンソニー
最優秀ラテン・ロック/オルタナティヴ・アルバム賞
『Street Signs』 - オゾマトリ
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・アルバム賞
『¡Ahora Sí!』 - イスラエル・ロペス
最優秀サルサ/メレンゲ・アルバム賞
『Across 110th Street』 - ルーベン・ブラデス & スパニッシュ・ハーレム・オーケストラ
最優秀メキシカン/メキシカン-アメリカン・アルバム賞
『Intimamente』 - Intocable
最優秀テハーノ・アルバム賞
『Polkas, Gritos y Acordeónes』 - David Lee Garza、Joel Guzman & Mario Sunny Sauceda

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム賞
『True Love』 - トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズ

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム賞
『Let's Kiss: 25th Anniversary Album』 - ブレイヴ・コンボ

ワールド[編集]

最優秀トラディッショナル・ワールドミュージック・アルバム賞
『Raise Your Spirit Higher』 - レディスミス・ブラック・マンバーゾ
最優秀コンテンポラリー・ワールドミュージック・アルバム賞
『Egypt』 - ユッスー・ンドゥール

コメディ[編集]

最優秀コメディ・アルバム賞
『The Daily Show With Jon Stewart Presents...America: A Citizen's Guide To Democracy Inaction』 - ジョン・スチュワート

プロデューサー[編集]

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(ノンクラシカル)
ジョン・シャンクス
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)
David Frost

特別賞[編集]

パーソン・オブ・ザ・イヤー
ブライアン・ウィルソン[2]

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月21日閲覧。
  2. ^ Brian Wilson: MusiCares Person of the Year”. TODAY.com (2004年12月1日). 2011年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]