第38回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第38回グラミー賞(38th Grammy Awards)は1996年2月28日ロサンゼルスシュライン・オーディトリアムで開催された。

概要[編集]

アラニス・モリセットが年間最優秀アルバム賞をはじめ4部門で受賞した。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
Kiss From A Rose - シール
年間最優秀アルバム賞
『Jagged Little Pill』 - アラニス・モリセット
年間最優秀楽曲賞
Kiss From A Rose - シール
最優秀新人賞
フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュ

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
No More "I Love You's" - アニー・レノックス
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
Kiss From A Rose - シール
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
Let Her Cry - フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュ
最優秀ポップ・コラボレーション賞
Have I Told You Lately That I Love You? - チーフタンズ
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
Mariachi Suite - ロス・ロボス
最優秀ポップ・アルバム賞
『Turbulent Indigo』 - ジョニ・ミッチェル
最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
『Duets II』 - フランク・シナトラ

ロック[編集]

最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
You Oughta Know - アラニス・モリセット
最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
You Don't Know How It Feels - トム・ペティ
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
Run-Around - ブルース・トラヴェラー
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
Spin The Black Circle - パール・ジャム
最優秀メタル・パフォーマンス賞
Happiness In Slavery - ナイン・インチ・ネイルズ
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Jessica - オールマン・ブラザーズ・バンド
最優秀ロック楽曲賞
You Oughta Know - アラニス・モリセット & グレン・バラード
最優秀ロック・アルバム賞
『Jagged Little Pill』 - アラニス・モリセット
最優秀オルタナティヴ・ミュージック・パフォーマンス賞
『MTV Unplugged In New York』 - ニルヴァーナ

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
I Apologize - アニタ・ベイカー
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
For Your Love - スティーヴィー・ワンダー
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ
Creep - TLC
最優秀R&B楽曲賞
For Your Love - スティーヴィー・ワンダー
最優秀R&Bアルバム賞
『Crazysexycool』 - TLC

ラップ[編集]

最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス賞
Gangsta's Paradise - クーリオ
最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ/グループ
I'll Be There For You/You're All I Need To Get By - メアリー・J. ブライジ & メソッド・マン
最優秀ラップ・アルバム賞
『Poverty's Paradise』 - ノーティ・バイ・ネイチャー

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Baby, Now That I've Found You - アリソン・クラウス
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Go Rest High On That Mountain - ヴィンス・ギル
最優秀カントリー・パフォーマンス・デュオ/グループ
Here Comes The Rain - ザ・マーベリックス
最優秀カントリー・コラボレーション賞
Somewhere In The Vicinity Of The Heart - アリソン・クラウス & シェナンドー
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Hightower - アスリープ・アット・ザ・ホイールベラ・フレック & ジョニー・ギンブル
最優秀カントリー楽曲賞
Go Rest High On That Mountain - ヴィンス・ギル
最優秀カントリー・アルバム賞
『The Woman In Me』 - シャナイア・トゥエイン
最優秀ブルーグラス・アルバム賞
『Unleashed』 - ナッシュヴィル・ブルーグラス・バンド

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム賞
『Forest』 - ジョージ・ウィンストン

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・パフォーマンス賞
『We Live Here』 - パット・メセニー・グループ
最優秀ジャズ・ボーカル・パフォーマンス賞
『An Evening With Lena Horne』 - レナ・ホーン
最優秀ジャズ・インストゥメンタル賞-奏者
『Impressions』 - マイケル・ブレッカー
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・パフォーマンス賞-インディビデュアル/グループ
『Infinity』 - マッコイ・タイナー・トリオ
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・パフォーマンス賞
『All Blues』 - トム・スコット
最優秀ラテン・ジャズ・パフォーマンス賞
『Antonio Brasileiro』 - ジョビン

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・パフォーマンス賞
Amor - ジョン・セカダ
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・パフォーマンス賞
Abriendo Puertas - グロリア・エステファン
最優秀メキシカン-アメリカン/テハーノ・ミュージック・パフォーマンス賞
Flaco Jimenez - フラコ・ヒメネス

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム賞
『Boombastic』 - シャギー

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム賞
『I Love To Polka』 - ジミー・スター

ワールド[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム賞
『Boheme』 - ディープ・フォレスト

プロデューサー[編集]

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー
ベイビーフェイス
クラシカル・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー
スティーヴン・エプスタイン

特別賞[編集]

パーソン・オブ・ザ・イヤー
クインシー・ジョーンズ[2]

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月12日閲覧。
  2. ^ Ardi Shazli (1996年2月5日). “Limited tickets to see Grammy awards in LA”. New Straits Times. 2011年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]