第39回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第39回グラミー賞(39th Grammy Awards)は1997年2月26日ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンで開催された。

概要[編集]

エリック・クラプトンの「チェンジ・ザ・ワールド」が年間最優秀レコード賞と年間最優秀楽曲賞を受賞。若年ながら実力派のカントリー・シンガーであるリアン・ライムスが最優秀新人賞を受賞した。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
Change The World - エリック・クラプトン
年間最優秀アルバム賞
Falling Into You』 - セリーヌ・ディオン
年間最優秀楽曲賞
Change The World - ゴードン・ケネディトミー・シムズ & ウェイン・カークパトリック
最優秀新人賞
リアン・ライムス

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
Un-Break My Heart - トニー・ブラクストン
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
Change The World - エリック・クラプトン
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
Free As A Bird - ビートルズ
最優秀ポップ・コラボレーション賞
When I Fall In Love - ナタリー・コール
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
The Sinister Minister - ベラ・フレック・アンド・フレックトーンズ
最優秀ポップ・アルバム賞
『Falling Into You』 - セリーヌ・ディオン
最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・アルバム賞
『Here's To The Ladies』 - トニー・ベネット

ロック[編集]

最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
If It Makes You Happy - シェリル・クロウ
最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
Where It's At - ベック
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
So Much To Say - デイヴ・マシューズ・バンド
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
Bullet With Butterfly Wings - スマッシング・パンプキンズ
最優秀メタル・パフォーマンス賞
Tire Me - レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
SRV Shuffle - アート・ネヴィルB.B.キングボニー・レイットバディ・ガイドクター・ジョン、エリック・クラプトン、ジミー・ヴォーン & ロバート・クレイ
最優秀ロック楽曲賞
Give Me One Reason - トレイシー・チャップマン
最優秀ロック・アルバム賞
『Sheryl Crow』 - シェリル・クロウ
最優秀オルタナティヴ・ミュージック・パフォーマンス賞
『Odelay』 - ベック

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
You're Makin' Me High - トニー・ブラクストン
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
Your Secret Love - ルーサー・ヴァンドロス
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ
Killing Me Softly With His Song - フージーズ
最優秀R&B楽曲賞
Exhale (Shoop Shoop) - ベイビーフェイス
最優秀R&Bアルバム賞
『Words』 - トニー・リッチ

ラップ[編集]

最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス賞
Hey Lover - LL・クール・J
最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ/グループ
Tha Crossroads - ボーン・サグズン・ハーモニー
最優秀ラップ・アルバム賞
『The Score』 - フージーズ

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Blue - リアン・ライムス
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Worlds Apart - ヴィンス・ギル
最優秀カントリー・パフォーマンス・デュオ/グループ
My Maria - ブルックス&ダン
最優秀カントリー・コラボレーション賞
High Lonesome Sound - アリソン・クラウス・アンド・ユニオン・ステーション & ヴィンス・ギル
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Jam Man - チェット・アトキンス
最優秀カントリー楽曲賞
Blue - ビル・マック
最優秀カントリー・アルバム賞
『The Road To Ensenada』 - ライル・ラヴェット
最優秀ブルーグラス・アルバム賞
『True Life Blues - The Songs Of Bill Monroe』 - トッド・フィリップス

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム賞
『The Memory Of Trees』 - エンヤ

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・パフォーマンス賞
『High Life』 - ウェイン・ショーター
最優秀ジャズ・ボーカル・パフォーマンス賞
New Moon Daughter』 - カサンドラ・ウィルソン
最優秀ジャズ・インストゥメンタル賞-奏者
『Cabin Fever』 - マイケル・ブレッカー
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・パフォーマンス賞-インディビデュアル/グループ
『Tales From The Hudson』 - マイケル・ブレッカー
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・パフォーマンス賞
『Live At Manchester Craftsmen's Guild』 - グローヴァー・ミッチェル
最優秀ラテン・ジャズ・パフォーマンス賞
『Portraits Of Cuba』 - パキート・デ・リヴェラ

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・パフォーマンス賞
Enrique Iglesias - エンリケ・イグレシアス
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・パフォーマンス賞
La Rosa De Los Vientos - ルーベン・ブラデス
最優秀メキシカン-アメリカン/テハーノ・ミュージック・パフォーマンス賞
Un Millon De Rosas - ラ・マフィア

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム賞
『Hall Of Fame - A Tribute To Bob Marley's 50th Anniversary』 - バニー・ウェイラー

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム賞
『Polka! All Night Long』 - ジミー・スター

ワールド[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム賞
『Santiago』 - チーフタンズ

プロデューサー[編集]

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー
ベイビーフェイス
クラシカル・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー
ジョアンナ・ニクレンツ

特別賞[編集]

パーソン・オブ・ザ・イヤー
フィル・コリンズ[2]

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月12日閲覧。
  2. ^ John Swenson (2002年10月8日). “Rock News: Music's high and low notes”. UPI.com. 2011年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]