第42回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第42回グラミー賞(42nd Annual Grammy Awards)は2000年2月23日ロサンゼルスステイプルズ・センターで開催された。

概要[編集]

前年11月に完成したステイプルズ・センターに移転した初のグラミー賞はサンタナスーパーナチュラルが9部門を受賞。最優秀新人賞はクリスティーナ・アギレラが受賞した。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
Smooth - サンタナ featuring ロブ・トーマス
年間最優秀アルバム賞
Supernatural』 - サンタナ
年間最優秀楽曲賞
Smooth - イタール・シュール & ロブ・トーマス
最優秀新人賞
クリスティーナ・アギレラ

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
I Will Remember You - サラ・マクラクラン
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
Brand New Day - スティング
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
Maria Maria - サンタナ
最優秀ポップ・コラボレーション賞
Smooth - サンタナ featuring ロブ・トーマス
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
El Farol - サンタナ
最優秀ダンス・レコーディング賞
Believe - シェール
最優秀ポップ・アルバム賞
『Brand New Day』 - スティング
最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
『Bennett Sings Ellington - Hot & Cool』 - トニー・ベネット

ロック[編集]

最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
Sweet Child O' Mine - シェリル・クロウ
最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
American Woman - レニー・クラヴィッツ
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
Put Your Lights On - エヴァーラスト & サンタナ
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
Whiskey In The Jar - メタリカ
最優秀メタル・パフォーマンス賞
Iron man - ブラック・サバス
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
The Calling - エリック・クラプトン & サンタナ
最優秀ロック楽曲賞
Scar Tissue - アンソニー・キーディスチャド・スミスフリー & ジョン・フルシアンテ
最優秀ロック・アルバム賞
『Supernatural』 - サンタナ
最優秀オルタナティヴ・ミュージック・パフォーマンス賞
Mutations - ベック

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
It's Not Right But It's Okay - ホイットニー・ヒューストン
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
Staying Power - バリー・ホワイト
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ
No Scrubs - TLC
最優秀R&B楽曲賞
No Scrubs - TLC
最優秀R&Bアルバム賞
『Fanmail』 - TLC
最優秀トラディッショナルR&Bボーカル・パフォーマンス賞
Staying Power - バリー・ホワイト

ラップ[編集]

最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス賞
My Name Is - エミネム
最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ/グループ
You Got Me - エリカ・バドゥ & ザ・ルーツ
最優秀ラップ・アルバム賞
The Slim Shady LP』 - エミネム

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Man! I Feel Like A Woman! - シャナイア・トゥエイン
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Choices - ジョージ・ジョーンズ
最優秀カントリー・パフォーマンス・デュオ/グループ
Ready To Run - ディキシー・チックス
最優秀カントリー・コラボレーション賞
After The Gold Rush - ドリー・パートンエミルー・ハリス & リンダ・ロンシュタット
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Bob's Breakdowns - アスリープ・アット・ザ・ホイール
最優秀カントリー楽曲賞
Come On Over - ロバート・ジョン・"マット"・ランジ & シャナイア・トゥエイン
最優秀カントリー・アルバム賞
『Fly』 - ディキシー・チックス
最優秀ブルーグラス・アルバム賞
『Ancient Tones』 - リッキー・スキャッグス・アンド・ケンタッキー・サンダー

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム賞
『Celtic Solstice』 - ポール・ウインター

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・パフォーマンス賞
『Inside』 - デイヴィッド・サンボーン
最優秀ジャズ・ボーカル・パフォーマンス賞
『When I Look In Your Eyes』 - ダイアナ・クラール
最優秀ジャズ・インストゥメンタル賞-奏者
『In Walked Wayne』 - ウェイン・ショーター
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・パフォーマンス賞-インディビデュアル/グループ
『Like Minds』 - チック・コリアデイヴ・ホランドゲイリー・バートンパット・メセニー & ロイ・ヘインズ
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・パフォーマンス賞
『Serendipity 18』 - ボブ・フローレンス
最優秀ラテン・ジャズ・パフォーマンス賞
『Latin Soul』 - ポンチョ・サンチェス

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・パフォーマンス賞
Tiempos - ルーベン・ブラデス
最優秀ラテン・ロック/オルタナティヴ・パフォーマンス賞
Resurrection - クリス・ペレス・バンド
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・パフォーマンス賞
Mambo Birdland - ティト・プエンテ
最優秀サルサ・パフォーマンス賞
Llego...Van Van - Van Van Is Here - ロス・ヴァン・ヴァン
最優秀メレンゲ・パフォーマンス賞
Pintame - エルヴィス・クレスポ
最優秀メキシカン-アメリカン・ミュージック・パフォーマンス賞
100 Anos De Mariachi - プラシド・ドミンゴ
最優秀テハーノ・ミュージック・パフォーマンス賞
Por Eso Te Amo - Los Palominos

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム賞
『Calling Rastafari』 - バーニング・スピア

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム賞
『Polkasonic』 - ブレイブ・コンボ

ワールド[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム賞
『Livro』 - カエターノ・ヴェローゾ

プロデューサー[編集]

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(ノンクラシカル)
ウォルター・アファナシエフ
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)
Adam Abeshouse

特別賞[編集]

パーソン・オブ・ザ・イヤー
エルトン・ジョン[2]

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月11日閲覧。
  2. ^ John Swenson (2002年10月8日). “Rock News: Music's high and low notes”. UPI.com. 2011年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]