第55回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第55回グラミー賞
蓄音機を形どったグラミー賞のトロフィー
受賞対象 2012年度の音楽作品
主催 NARAS
司会 LL・クール・J
開催日 2013年2月10日 (2013-02-10)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
授賞式会場 ステイプルズ・センター, LA, CA
テレビ放送
放送局 アメリカ合衆国の旗 CBS日本の旗 WOWOW
 < 第54回 グラミー賞 第56回
テンプレートを表示

第55回グラミー賞(だい55かいグラミーしょう、The 55th Annual Grammy Awards)は、2013年2月10日カリフォルニア州ロサンゼルス市ステイプルズ・センターにて授賞式が行われた。司会は前年に続きLL・クール・Jであった。公式ポスターはエリカ・アイリス・シモンズが制作した[1]

また日本人からは、MIDIを通じて電子楽器の世界を広げたとしてローランド創業者の梯郁太郎がグラミー技術賞を受賞した(シーケンシャル・サーキット創業者の(デイヴ・スミス英語版)との共同受賞)[2][3]

受賞者、受賞作品および候補[編集]

候補[編集]

候補は2012年12月6日ナッシュビルブリヂストン・アリーナで発表され、その模様はCBSで放送された[4]

受賞者、受賞作品[編集]

各賞受賞者、受賞作品は以下の通り[5][6]

主要部門[編集]

最優秀レコード賞
ゴティエ feat. キンブラ 『Somebody That I Used To Know』
最優秀アルバム賞
マムフォード・アンド・サンズ 『Babel』
最優秀楽曲賞
ファン. feat. ジャネール・モネイ 『We Are Young』
最優秀新人賞
ファン.

その他部門[編集]

最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)
アデル 『Set Fire to the Rain (Live)』
最優秀ポップ・パフォーマンス(デュオ/グループ)
ゴティエ feat. キンブラ 『Somebody That I Used To Know』
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム
ケリー・クラークソン 『Stronger』
最優秀ダンス・レコーディング
スクリレックス feat. シラー 『Bangarang』
最優秀ダンス/エレクトロニカ・アルバム
スクリレックス 『Bangalang』
最優秀ロック・パフォーマンス
ザ・ブラック・キーズ 『Lonely Boy』
最優秀ハードロック/メタル・パフォーマンス
ヘイルストーム 『Love Bites (So Do I)』
最優秀ロック・ソング
ザ・ブラック・キーズ 『Lonely Boy』
最優秀ロック・アルバム
ザ・ブラック・キーズ 『El Camino』
最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム
ゴティエ 『Making Mirrors』
最優秀R&Bパフォーマンス
アッシャー 『Climax』
最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス
ビヨンセ 『Love on Top』
最優秀R&Bソング
ミゲル 『Adorn』
最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム
フランク・オーシャン 『Channel Orange』
最優秀R&Bアルバム
ロバート・グラスパー・エクスペリメント 『Black Radio』
最優秀ラップ・パフォーマンス
ジェイ・Z & カニエ・ウェスト 『N****s In Paris』
最優秀ラップ/サング・コラボレーション
ジェイ・Z & カニエ・ウェスト feat. フランク・オーシャン & ザ・ドリーム 『No Church In The Wild』
最優秀ラップ・ソング
ジェイ・Z & カニエ・ウェスト 『N****s In Paris』
最優秀ラップ・アルバム
ドレイク 『Take Care』
最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)
キャリー・アンダーウッド 『Blown Away』
最優秀カントリー・ソング
キャリー・アンダーウッド 『Blown Away』
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム
エスペランサ・スポルディング 『Radio Music Society』
最優秀ゴスペル/CCM・パフォーマンス
マット・レッドマン英語版 『10,000 Reasons (Bless The Lord)』
最優秀ゴスペル・ソング
メアリー・メアリー 『Go Get It』
最優秀ゴスペル・アルバム
レクレエ英語版 『Gravity』
最優秀アメリカーナ英語版・アルバム
ボニー・レイット 『Slipstream』
最優秀ブルース・アルバム
ドクター・ジョン 『Locked Down』
最優秀レゲエ・アルバム
ジミー・クリフ 『Rebirth』
最優秀スコア・サウンドトラック(ビジュアルメディア向け)
トレント・レズナー & アッティカス・ロスドラゴン・タトゥーの女
最優秀レコーディング・パッケージ
ビョーク 『Biophilia』
年間最優秀プロデューサー(ノン・クラシック)
ダン・オーバック英語版 (ザ・ブラック・キーズ 『El Camino』、ドクター・ジョン 『Locked Down』など)
最優秀リミックス・レコーディング(ノン・クラシック)
スクリレックス, remixer (Nero英語版) 『Promises (Skrillex & Nero Remix)』
最優秀ミュージック・ビデオ(短編)
リアーナ feat. カルヴィン・ハリス 『We Found Love』
最優秀ミュージック・ビデオ(長編)
マムフォード・アンド・サンズ 『Big Easy Express』

特別賞[編集]

ミュージケア・パーソン・オブ・ザ・イヤー(慈善活動などを通して最も音楽業界に貢献したアーティストに対し贈られる)
ブルース・スプリングスティーン[7]
グラミー技術賞
梯郁太郎 & (デイヴ・スミス英語版)

出典[編集]

  1. ^ Artist Erika Iris Simmons Creates Official Artwork For 55th GRAMMY Awards”. The Recording Academy (2012年11月30日). 2013年3月3日閲覧。
  2. ^ ローランド創業者・梯郁太郎さんが受賞 米グラミー技術賞”. スポニチアネックス. スポーツニッポン (2013年2月10日). 2013年3月6日閲覧。
  3. ^ Technical GRAMMY Award”. The Recording Academy. 2013年3月6日閲覧。
  4. ^ 2013 Grammy Nominations”. MTV (2012年12月6日). 2012年12月6日閲覧。
  5. ^ “55th Grammy Awards Nominees”. http://www.grammy.com/nominees 2013年2月10日閲覧。 
  6. ^ 2013 Grammy Awards Winners: The Complete List”. E! (2013年2月10日). 2013年2月10日閲覧。
  7. ^ ブルース・スプリングスティーンがグラミー・ウィークに栄誉に輝く。”. グラミー賞授賞式. WOWOW (2013年2月10日). 2013年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]