第49回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第49回グラミー賞(49th Annual Grammy Awards)は2007年2月11日ロサンゼルスステイプルズ・センターで開催された。

概要[編集]

前年の第48回グラミー賞FOXアメリカン・アイドルに押され、視聴率が伸びなかったため、2007年は日曜日に行なわれることが決まった。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
Not Ready To Make Nice - ディクシー・チックス
年間最優秀アルバム賞
Taking The Long Way』 - ディクシー・チックス
年間最優秀楽曲賞
Not Ready To Make Nice - ダン・ウィルソン、エミリー・ロビソン、マーティ・マグワイア & ナタリー・メインズ
最優秀新人賞
キャリー・アンダーウッド

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
Ain't No Other Man - クリスティーナ・アギレラ
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
Waiting On The World To Change - ジョン・メイヤー
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
My Humps - ブラック・アイド・ピーズ
最優秀ポップ・コラボレーション賞
For Once In My Life - スティーヴィー・ワンダー & トニー・ベネット
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
Mornin' - ジョージ・ベンソン
最優秀ポップ・インストゥメンタル・アルバム賞
『Fingerprints』 - ピーター・フランプトン
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞
『Continuum』 - ジョン・メイヤー
最優秀ダンス・レコーディング賞
Sexy Back - ジャスティン・ティンバーレイク & ティンバランド
最優秀エレクトリック/ダンス・アルバム賞
Confessions On A Dance Floor』 - マドンナ
最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・アルバム賞
『Duets: An American Classic』 - トニー・ベネット

ロック[編集]

最優秀ソロ・ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
Someday Baby - ボブ・ディラン
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
Dani California - レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
Woman - ウルフマザー
最優秀メタル・パフォーマンス賞
Eyes Of The Insane - スレイヤー
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
The Wizard Turns On... - ザ・フレーミング・リップス
最優秀ロック楽曲賞
Dani California - アンソニー・キーディスチャド・スミスフリー & ジョン・フルシアンテ
最優秀ロック・アルバム賞
Stadium Arcadium』 - レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞
『St. Elsewhere』 - ナールズ・バークレイ

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
Be Without You - メアリー・J. ブライジ
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
Heaven - ジョン・レジェンド
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ
Family Affair - ジョン・レジェンド、ジョス・ストーン & ヴァン・ハント
最優秀トラディッショナルR&Bボーカル・パフォーマンス賞
『God Bless The Child』 - アル・ジャロウジョージ・ベンソン & ジル・スコット
最優秀アーバン/オルタナティヴ・パフォーマンス賞
Crazy - ナールズ・バークレイ
最優秀R&B楽曲賞
Be Without You - ブライアン・マイケル・コックスジェイソン・ペリージョンテイ・オースティン & メアリー・J. ブライジ
最優秀R&Bアルバム賞
『The Breakthrough』 - メアリー・J. ブライジ
最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム賞
B'Day』 - ビヨンセ

ラップ[編集]

最優秀ソロ・ラップ・パフォーマンス賞
What You Know - T.I.
最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ/グループ
Ridin - カミリオネア & クレイジー・ボーン
最優秀ラップ・コラボレーション賞
My Love - ジャスティン・ティンバーレイク & T.I.
最優秀ラップ楽曲賞
Money Maker - リュダクリス & ファレル・ウィリアムス
最優秀ラップ・アルバム賞
『Release Therapy』 - リュダクリス

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Jesus, Take The Wheel - キャリー・アンダーウッド
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
The Reason Why - ヴィンス・ギル
最優秀カントリー・パフォーマンス・デュオ/グループ
Not Ready To Make Nice - ディクシー・チックス
最優秀カントリー・コラボレーション賞
Who Says You Can't Go Home - ボン・ジョヴィ & ジェニファー・ネトルズ
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Whiskey Before Breakfast - ブライアン・サットン & ドク・ワトソン
最優秀カントリー楽曲賞
Jesus, Take The Wheel - ブレット・ジェームズゴーディ・サンプソン & ヒラリー・リンジー
最優秀カントリー・アルバム賞
『Taking The Long Way』 - ディクシー・チックス
最優秀ブルーグラス・アルバム賞
『Instrumentals』 - リッキー・スキャッグス・アンド・ケンタッキー・サンダー

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム賞
『Amarantine』 - エンヤ

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞
『The Hidden Land』 - ベラ・フレック・アンド・フレックトーンズ
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞
『Turned To Blue』 - ナンシー・ウィルソン
最優秀ジャズ・インストゥメンタル賞-奏者
『Some Skunk Funk』 - マイケル・ブレッカー
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・アルバム賞-インディビデュアル/グループ
『The Ultimate Adventure』 - チック・コリア
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム賞
『Some Skunk Funk』 - ジム・ビアードマルシオ・ドクラー、マイケル・ブレッカー、ピーター・アースキンランディ・ブレッカーヴィンス・メンドーサWDRビッグ・バンド & ウィル・リー
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞
『Simpático』 - ブライアン・リンチ & エディ・パルミエリ

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞
『Limón Y Sal』 - フリエッタ・ベネガス
最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞
『Adentro』 - リカルド・アルホーナ
最優秀ラテン・ロック/オルタナティヴ・アルバム賞
『Amar Es Combatir』 - マーナ
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・アルバム賞
『Directo Al Corazón』 - ヒルベルト・サンタ・ロサ
最優秀メキシカン/メキシカン-アメリカン・アルバム賞
『Historias De Mi Tierra』 - ペペ・アギラール
最優秀テハーノ・アルバム賞
『Sigue El Taconazo』 - Chente Barrera y Taconazo

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム賞
『Love Is My Religion』 - ジギー・マーリー

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム賞
『Polka In Paradise』 - ジミー・スター

ワールド[編集]

最優秀トラディッショナル・ワールドミュージック・アルバム賞
『Blessed』 - ソウェト・ゴスペル・クワイア
最優秀コンテンポラリー・ワールドミュージック・アルバム賞
『Wonder Wheel - Lyrics By Woody Guthrie』 - クレズマティックス

コメディ[編集]

最優秀コメディ・アルバム賞
『The Carnegie Hall Performance』 - ルリス・ブラック

プロデューサー[編集]

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(ノンクラシカル)
リック・ルービン
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)
エレイン・マートン

特別賞[編集]

パーソン・オブ・ザ・イヤー
ドン・ヘンリー[2]

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月15日閲覧。
  2. ^ Edna Gundersen (2007年2月12日). “Don Henley lauded as MusiCares Person of the Year”. USA TODAY. 2011年10月15日閲覧。

外部リンク[編集]