ザ・キャブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Cab
2008年のライヴ。}
2008年のライヴ。
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ネバダ州ラスベガス
ジャンル ポップ・ロック
ポップ・パンク
R&B
活動期間 2004年-現在
レーベル アメリカ合衆国の旗Universal Republic Records
(2012年-現在)
アメリカ合衆国の旗自主活動期間
(2011年-2012年)
アメリカ合衆国の旗Decaydance/Fueled by Ramen
(2004年-2011年)
日本の旗Twilight Records
日本の旗ワーナーミュージック・ジャパン
公式サイト thecabrock.com
メンバー
アレックス・デロン
アレックス・マーシャル
ジョーイ・サンダー
デイヴ・ブリッグス

ザ・キャブ (The Cab) とは、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス出身のロックバンドである。R&B等のブラックミュージックポップパンクとを絶妙なバランスで融合した次世代バンドとして、若い世代を中心に高い人気を獲得している。

略歴[編集]

2005年、当時高校生だったアレックス・デロン、キャッシュ・コリガンの2人が中心となり、"The Cab"が結成された。それから2年後の2007年、地道にライブ活動を行っていた彼らにチャンスが訪れる。人気バンド、ボーイズ・ライク・ガールズのライブを見に行った際、たまたま同じ会場に来ていたパニック・アット・ザ・ディスコのスペンサー・スミスに出会い、自分達のデモ音源を渡すことに成功したのである。その後スペンサーを通じ、音源がフォール・アウト・ボーイピート・ウェンツの手に渡ると、見事彼らを気に入ってくれ、ピートの主催する"Decaydance/Fueled by Ramen"と契約を結ぶことになった。

2008年4月29日、1stアルバム『Whisper War』をリリースし、ビルボードアルバムチャート最高108位を記録。それから5ヶ月後の9月に、"Decaydance Festival"にて初来日公演を行っている。

2009年に入ると、ニューアルバムの作成をアレックス・デロンのパソコン上で行っていた彼らだが、その後パソコンが突然故障し、それまでに作成していた新曲や歌詞のデータを全て失うというアクシンデントが発生した。また同年6月には、ギタリストのイアン・クロフォードが音楽性の違いから脱退してしまう。この直後にツアーが控えていた彼らだが、急きょ友人だったブライアン・ドーソンをギタリストに起用し、ツアーを行う事となった。しかし、2ヶ月後の8月にベーシストのキャッシュ・コリガンも脱退を発表した。キャッシュの脱退により、バンドはアレックス・デロン、アレックス・マーシャル、アレックス・ジョンソンの3人になってしまう。

それでも彼らは止まらず、ニューアルバム作成の傍ら、2010年にはワープド・ツアーに初参戦するなど年を越すごとに成長していった。

2011年6月22日、Decaydance/Fueled by Ramenから離れることになり、ドラマーのアレックス・ジョンソンも1ヶ月後の7月に脱退。それまでサポートメンバーだった、ベーシストのジョーイ・サンダーが正式にメンバーとなった。

紆余曲折を経て同年8月23日、2ndアルバム『Symphony Soldier』をリリース。自主制作でのリリースとなった為、彼らのオフィシャルページ、iTunes、もしくはライブ会場での購入しか入手方法は無かったが、前作を上回るビルボードアルバムチャート最高62位を記録した。(日本盤は2012年7月11日リリース。)今作では、プロデューサーにジョン・フェルドマンを起用し、作詞、楽曲制作にはブルーノ・マーズピート・ウェンツマルーン5アダム・レヴィーン、ジェシー・カーマイケル、ボーイズ・ライク・ガールズのマーティン・ジョンソンなど豪華メンバーが参加している。2009年に脱退したギタリストのイアン・クロフォードもレコーディングに参加しており、現在でも交流はあるとの事。

Decaydance/Fueled by Ramenを離れてから1年ほどレーベルとの契約は無かったが、2012年8月31日にユニバーサル・リパブリック・レコードとの契約を発表した。

2012年9月から行われたマルーン5による"オーヴァーエクスポーズド・アジアツアー"でオープニングアクトを務めた。10月の日本公演にはThe Cabではなく、ESPがオープニングアクトを務めたが、後に"TWILIGHT RECORDS TOUR 2012"にて3度目の来日を果たした。

2014年に3rdアルバムリリース予定。

音楽性[編集]

R&Bヒップホップエモを融合させたダンサブルな楽曲が多く、メディアからは、"ディスコ・エモ"、"ダンス・エモ"と呼称される事が多い。

メンバー自身も1stアルバム『Whisper War』について「ポップとロックとR&Bの境界線上にある作品だ」と語っている。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

  • アレックス・デロン / Alex DeLeon - ヴォーカル (2004年-現在)
  • アレックス・マーシャル / Alex Marshall - ピアノ/ギター/バッキング・ボーカル(2005年-現在)
  • ジョーイ・サンダー / Joey Thunder - ベース (2009年-現在)
結成当初からのオリジナルメンバーはアレックス・デロンとアレックス・マーシャルのみ。

ツアーメンバー[編集]

  • デイヴ・ブリッグス / Dave Briggs - ドラム (2011年-現在)
  • Chantry "Chance" Johnson - ギター/ バッキング・ボーカル (2012年-現在)

旧メンバー[編集]

  • アレックス・ジョンソン/ Alex Johnson - ドラムス (2005年-2011年)
  • イアン・クロフォード/ Ian Crawford - ギター/バッキング・ボーカル (2005年-2009年)
  • ブライアン・ドーソン/ Bryan Dawson - ギター (2009年)
  • キャッシュ・コリガン/ Cash Colligan - ベース/バッキング・ボーカル (2004年-2009年)
  • ポール・ガルシア/ Paul Garcia
  • アンディ・ピュー/ Andy Pugh
  • フランク・シドリズ / Frank Sidoris - ギター (2011年-2012年)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

発売日
タイトル
レーベル
全米ビルボードアルバムチャート最高位
2008年4月29日 Whisper War
Decaydance/Fueled by Ramen
108位
2011年8月23日 Symphony Soldier
自主制作
62位
2014年予定 未定
ユニバーサル・リパブリック・レコード

シングル[編集]

発表
タイトル
収録アルバム
2008年 I'll Run
Whisper War
2008年 One of THOSE Nights
2008年 Bounce
2009年 Take My Hand (Remix feat. Cassadee Pope)
The Lady Luck EP
2011年 Bad
Symphony Soldier
2012年 La La
2012年 Endlessly

EPs[編集]

カバー曲[編集]

外部リンク[編集]