アンバー・パシフィック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Amber Pacific
「Warped Tour 2007」にて。
「Warped Tour 2007」にて。
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン州,シアトル
ジャンル ポップ・パンク
エモ
活動期間 2002年~現在
レーベル アメリカ合衆国の旗Victory Records(2009-)
アメリカ合衆国の旗Hopeless Records(2004-2008)
日本の旗ハウリング・ブル
公式サイト amberpacific.com
メンバー
マット・ヤング
ウィル・ナッター
デイビー・リスポリー
ダンゴ
旧メンバー
ジェシー・コッサム
グレグ・ストロング
ジャスティン・ウェスコット
ベン・ハーパー

{{{Influences}}}

アンバー・パシフィック (Amber Pacific) とは、アメリカ合衆国ワシントン州,シアトルにて結成されたポップ・パンクバンドである。

"All Time Low"等と共にHopeless Recordsを代表する人気バンドだったが、2008年に同レーベルから離脱。その後、大手のVictory Recordsへと移籍した。これまでに3枚のアルバムをリリースしているが、いずれも各メディアから高い評価を得ている。

現在のメンバー[編集]

  • マット・ヤング/Matt Young (ヴォーカル)
  • ウィル・ナッター/Will Nutter - (ギター・キーボード)
  • デイビー・リスポリー/Davey Rispoli - (ギター)
  • ダンゴ/Dango - (ドラム)

旧メンバー[編集]

  • ジェシー・コッサム -(元ヴォーカリスト、2009-2011)
  • グレグ・ストロング/Greg Strong - (元ベーシスト、2003-2011)
  • ジャスティン・ウェスコット/Justin Westcott -(元ギタリスト、2002–2005)
  • ベン・ハーパー/Ben Harper -(元ギタリスト、2006)

略歴[編集]

Hopeless recordsでの活動[編集]

2002年ワシントン州,シアトルにて結成。ちなみに結成当時は、メンバー全員がまだ高校生だった。

その後も地元でのライブ活動を行いながら、着実に人気を獲得していく。

そして2004年になると、彼等のデモ音源を聴いて気に入った大手インディーズレーベルの「Hopeless Records」から誘いが掛かり、契約を結ぶことに成功。同年5月に1stEP「Fading Days」でデビューを飾る。

2005年5月24日、1stフルアルバム『The Possibility and the Promise』をリリース。

その後、ジャスティン・ウェスコットがバンドから脱退した為、彼の穴を埋める形で、2006年10月にかつて「Yellowcard」に在籍していたベン・ハーパーを新メンバーに迎え入れるも、年末にはバンドを脱退してしまう。

2007年5月22日、2ndアルバム『Truth in Sincerity』をリリース。ビルボードアルバムチャートにて初登場64位を記録した。

しかし、バンドとしての人気も絶頂を迎えていた2008年2月27日、ヴォーカリストのマット・ヤングがまさかの脱退を表明。理由は、彼自身の「未来の子供たちの教育の為に学校長になる」という夢を叶えるためだった。そして、新たなヴォーカリストとして、ジェシー・コッサムを迎え入れる。

Victory recordsでの活動[編集]

ジェシー加入後の新生Amber Pacificの第一歩として控えていたニューアルバムのリリースが2009年初頭に控えていたが、Hopeless Recordsとの契約が満期を迎えた為、リリース前に同レーベルからの離脱を決意する。また同年2月には、ジェシーがヴォーカルを務めたEPを自主制作でiTunesにて発表している。

その後、Victory Recordsと契約を結び、2010年4月13日にはニューアルバム『Virtues』をリリースしている。

2011年2月に、初代ボーカリストのマット・ヤングがバンドに正式に復帰した。しかし、直後にベーシストのグレグ・ストロングがバンドから脱退。理由は、マットが復帰した為だと述べている。

トリビア[編集]

  • プレイステーション2用ソフト「BURNOUT 3」サントラに楽曲を提供している。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

発売日 アルバムのタイトル 販売レーベル 全米ビルボードアルバムチャート最高位[1] セールス
2005年5月24日
The Possibility and the Promise
Hopeless Records(アメリカ)
ハウリング・ブル(日本)
-
7万枚+
2007年5月22日
Truth in Sincerity
Hopeless Records(アメリカ)
ハウリング・ブル(日本)
64位
3万5千枚+
2010年4月13日
Virtues
Victory Records
-
-

シングル[編集]

発表年
曲のタイトル
収録アルバム
2007年 Fall Back into My Life
Truth in Sincerity
You're Only Young Once

EP[編集]

  • Fading Days(2004)
  • Acoustic Sessions(2006)
  • Acoustic Connect Sets(2008)
  • iTunes EP Set(2009)

外部リンク[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]