イエローカード (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Yellowcard
Yellowcard performing in October 2007 in support of their album Paper Walls.}
Yellowcard performing in October 2007 in support of their album Paper Walls.
基本情報
出身地 アメリカ合衆国フロリダ州ジャクソンビル
ジャンル ポップ・パンク
オルタナティヴ・ロック
パンク・ロック(初期)
ハードコア・パンク(初期)
メロディック・ハードコア(初期)
活動期間 1997年2008年
2010年 – 現在
レーベル Kick Rock MUSIC (INVASION)
Hopeless Records
EMI
Capitol Records
Fueled By Ramen
公式サイト Yellowcardrock.com
メンバー
ライアン・キー
ショーン・マッキン
ライアン・メンデス
ジョシュ・ポートマン
旧メンバー
ベン・ドブソン
トッド・クラーリー
ウォーレン・クック
アレックス・ルイス
ベンジャミン・ハーパー
ピーター・モーズリー
ロンギニュー・パーソンズⅢ

イエローカード(Yellowcard)とは、フロリダ州ジャクソンヴィル出身のパンク・ロックバンド

メンバー[編集]

  • ライアン・キー - Ryan Key (Vo&G)
  • ショーン・マッキン - Sean Mackin (Violin&Vo)
  • ライアン・メンデス - Ryan Mendez (G&Vo)
  • ジョシュ・ポートマン - Josh Portman (B)

元メンバー[編集]

  • ベン・ドブソン - Ben Dobson (Vo)
  • トッド・クラーリー - Todd Clary (G)
  • ウォーレン・クック - Warren Cooke (B)
  • アレックス・ルイス - Alex Lewis (B)
  • ベン・ハーパー - Ben Harper (G)
  • ピーター・モーズリー - Peter Mosely (B)
  • ショーン・オドネル - Sean O'Donnell (B)
  • ロンギニュー・パーソンズⅢ - Longineu W. (LP) Parsons III (Drums)

概要[編集]

元々は6人のメンバーで構成されていたが、ボーカルベン・ドブソンがバンドメンバーによって追放されており、新しいボーカリストを探していた。そこにライアン・キーが加入した。ちなみにStill Standing [EP]からの参加となる。

各地で数多くのライブをこなすうちに人気が高まり、後にCapitol Recordsとの契約に至って、メジャーデビューを果たす。メジャーデビューアルバムは『Ocean Avenue』である。

メンバーにヴァイオリニストが在籍するバンド1960年代から70年代にかけてカーヴド・エアディキシー・ドレッグスなど一部のプログレッシブ・ロックバンドに見られたほか、クラシカル・クロスオーバーなどの分野には散見されるが、パンク・ロックの分野では珍しい。なお、ほかに葉加瀬太郎の在籍したクライズラー&カンパニーは自らをパンクに位置付けていた。

ヴァイオリン担当のショーン・マッキンは父親がアイルランド系アメリカ人で母親が日本人のハーフ。

2003年発表のメジャーデビューアルバム『Ocean Avenue』は、全米で200万枚以上を売りあげた彼等の出世作である。

活動休止~活動再開[編集]

2008年4月26日、活動休止を発表した。

2008年8月14日、9月30日にユタ州ローガンのユタ州立大学内にて、ライアン・キーショーン・マッキンライアン・メンデスの3人でアコースティックライブを行うと発表。以後、数回にわたり大学等でアコースティックライブを行う。

その後ライアン・キーは、Reeve Oliverショーン・オドネルの誘いを受けてBig Ifを結成し、CD発売に向け、ライアン・メンデスの協力の下、活動をしている。ちなみにライアン・メンデスは、しばらくツアーに出るのは避けたい、しばらく休暇がほしいということから、Big Ifに参加表明はせず、レコーディングに協力することのみ行う。

ロンギニュー・パーソンズⅢ (LP)は、Bound、Where We Stand(旧Yellowcardメンバーでの一時的な活動)、Valentineでドラムを臨時的に勤め、現在はアダム・ランバート(ソロ歌手)のドラムを勤めている。

ショーン・マッキンは新婚のため、メンバーとの交流はしているが、表立った活動は行っていない。

2010年8月、活動再開を発表。新たにベーシストとしてショーン・オドネルが加入した。その後、新たに大手インディーズレーベル「Hopeless Records」との契約を発表。

2011年3月21日には、移籍して第一弾・通算7枚目のアルバム『When You're Through Thinking, Say Yes』がリリースされた。

2012年8月14日に8thアルバム『Southern Air』を発売。また、9月にはワールドツアーのため来日[1]

2014年、ドラマーのロンギニュー・パーソンズⅢがさらなる音楽を追求するため脱退したことを発表した。後任には元アンバーリンのネイト・ヤングがツアーのほか同年10月7日リリースのアルバム『Lift A Sail』にも参加している。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Midget Tossing - 1997/04
  • Where We Stand - 1999/03
  • One For The Kids - 2001/05
  • Ocean Avenue - 2003/07
  • Lights And Sounds - 2006/01
  • Paper Walls - 2007/07
  • Live from Las Vegas at the Palms - 2008/01
  • When You're Through Thinking, Say Yes - 2011/03/22
  • When You're Through Thinking, Say Yes Acoustic - 2011/10/24
  • Southern Air - 2012/08/14
  • Ocean Avenue Acoustic - 2013/08/13
  • Lift A Sail - 2014/10

EP[編集]

  • Still Standing - 2000
  • The Underdog - 2002/07
  • Deep Cuts - 2009/06

DVD[編集]

  • Beyond Ocean Avenue: Live at the Electric Factory - 2005/03

脚注[編集]

外部リンク[編集]