MxPx

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MxPx
MxPx Keys to city.jpg
基本情報
出身地 アメリカ
ジャンル パンク・ロック
クリスチャン・ロック
活動期間 1992-
レーベル A&M
メンバー
マイク・ヘレーラ
トム・ウィスニウスキー
ユーリ・ルーリー
旧メンバー
アンディ・ヒューステッド

MxPxエムエックスピーエックス)は、1992年に、マイク・ヘレーラ(ヴォーカルベース)、トム・ウィスニウスキー(ギター)、ユーリ・ルーリー(ドラムス)ら高校の同級生3人で結成されたパンクロックバンド。メンバー全員クリスチャンなので歌詞などにもそれが反映されている。

バンド名のMはMagnified、PはPlaidを表す。それを略してM.P.としていたが、ドラムのユーリが.の代わりにxを書いた時、「かっこいい!」と盛り上がったので、MxPxになった。

現在のメンバー[編集]

マイク・ヘレラ/Mike Herera - (ベース・ヴォーカル)
1976年11月6日生まれ。
トム・ウィスニキー/TomWisniewski - (ギター)
1976年10月20日生まれ。
ユーリ・ルーリー/Yuri Ruley - (ドラム)
1976年6月3日生まれ。

来歴[編集]

  • 1992年7月6日に、当時高校生の同級生で結成された。
  • 1994年に、1st Album『Pokinatcha』をリリース。レーベル最高売り上げを記録する。
  • 1995年に2nd Album『Teenage Politics』をリリースしプロモーションのため初来日する。
  • 1997年に3rd Album 『Life In General』がヒット。
  • 1998年に、メジャーでの1st Album『Slowly Going The Way Of The Buffalo』でデビュー。全米で50万枚以上を売り上げ、ゴールド・ディスクに認定される。
  • 1999年に『At the Show』の初ライブアルバムをリリース。
  • 2001年SUMMER SONICに初出演。
  • 2003年に、3rd Album『Before Everything & After』をリリース。
  • 2005年に、SideOneDummyに入り『Panic』をリリース。
  • 2006年PUNKSPRINGに出演。
  • 2007年に、Tooth & Nailに戻り、『Pokinatcha』をプロデュースしたAaron Sprinkleがまた『Secret Weapon』をリリース。
  • 2007年2回目のSUMMER SONICに出演。

アルバム[編集]

発表 タイトル 各チャート最高位[1]
Billboard 200 US Indie Top Christian
1994年10月4日
Pokinatcha
1995年6月4日
Teenage Politics
19
1996年11月19日
Life in General
16
1998年6月16日
Slowly Going the Way of the Buffalo
99 2
2000年5月16日
The Ever Passing Moment
56 1
2003年9月16日
Before Everything & After
51
2005年6月6日
Panic
77 3 1
2007年7月16日
Secret Weapon
76 1

企画盤[編集]

EP[編集]

  • 1996 Move to Bremerton
  • 1997 Small Town Minds
  • 2001 The Renaissance EP
  • 2004 The AC/EP

外部リンク[編集]

脚注[編集]