フォーエヴァー・ザ・シッケスト・キッズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Forever the Sickest Kids
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ダラス
ジャンル エモ
ポップ・パンク
パワー・ポップ
活動期間 2006年-現在
レーベル アメリカ合衆国の旗フィアレス・レコード
(2012年-現在)
アメリカ合衆国の旗モータウン
(2006年-2011年)
日本の旗Kick Rock Music
日本の旗ユニバーサルミュージック
公式サイト ftskonline.com
メンバー
ジョナサン・クック
オースティン・ベロー
ケレブ・ターマン
カイル・バーンズ

{{{Influences}}}

フォーエヴァー・ザ・シッケスト・キッズ (Forever the Sickest Kids) とは、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のエモバンドである。

略歴[編集]

結成-契約[編集]

2006年後半、当時大学生だったマーク・スチュワートとケント・ギャリソンを中心にダラスにて結成。

バンド活動を本格的に始めておよそ半年後のある日、まだ自分達の楽曲を1曲も作成していないにも関わらず、ジョナサンがアメリカ最大のロックインターネット専門サイト「PureVolume」を閲覧中に、マウスのクリックボタンを間違って押してしまい、300ドル余りを支払って自分達のバンドページを作成してしまう。その為、急遽デモ曲「Hey Brittany」をレコーディングし、アップロードすることになる。すると、みるみる内に話題となり、結果的に凄まじい再生回数を記録。そんな彼らを放っておくはずもなく、瞬く間に8社ものメジャーレーベルから誘いが掛かり、各社争奪戦の末、最終的にはモータウンが契約を勝ち取った。

メジャーデビュー-『Underdog Alma Mater』[編集]

そして2007年7月3日、1stEP「Television Off, Party On」でデビューを飾り、1年後の2008年4月29日に、1stフルアルバム『Underdog Alma Mater』をリリースした。これが全米アルバムチャート初登場45位を記録する。それからまもなくアメリカ大手音楽雑誌、オルタナティヴ・プレスの「22 Best Underground Bands」の第1位に選ばれる。同年8月にはサマーソニックに出演。

2009年3月には来日公演を行っている。また、11月17日にはミニアルバム『The Weekend: Friday』(胸騒ぎのウィークエンド:フライデイ)がリリースされた。

2ndアルバム『Forever The Sickest Kids』-メンバーの脱退[編集]

それから『The Weekend: Friday』の続編となるミニアルバム『The Weekend: Saturday』(衝撃のウィークエンド:サタデイ)を予定して制作されていたが、メンバー自らフルアルバムへの変更を決意。アルバムタイトルも変更となり、前作から約3年を経て2011年3月1日に、自身の名を冠した2ndフルアルバム『Forever the Sickest Kids』をリリース。全米アルバムチャート初登場33位。
プロデューサーには、David Bendethを起用している。このアルバムリリース直前にキーボード担当のケントがバンドから脱退しているため、この作品が彼が参加する最後のアルバムとなった。

2011年9月22日、ギター担当のマークが脱退することを発表。マークの脱退を受け、バンドはツアーメンバーにリコ・ガルシアを加えた。

移籍-現在『J.A.C.K.』[編集]

2011年半ばをもってモータウンから離れる事になったバンドだが、4人は止まることなく10月に「Shut the Front Door (Too Young for This)」、12月には初のクリスマス曲「Mistletoe is for Quitters」をリリースなど、精力的に活動を続けた。

2012年に入り、3月には3度目の来日公演を行った。同年9月10日にフィアレス・レコードとの契約を発表。

2013年6月25日に3rdアルバム『J.A.C.K.』をリリース。全米アルバムチャートにて初登場94位を記録。

特徴[編集]

シンセサイザーヴォコーダーを使用したキャッチーでノリの良いサウンドで、インターネットサイト「PureVolume」にて人気を獲得。

ジ・アカデミー・イズ」など、音楽的に同系統のパワー・ポップバンドと比べても、とにかくバカ騒ぎできるほど明るい楽曲が持ち味で、これまでリリースされた楽曲は、ほぼ全てが超ハイテンションなもので占められている。また、ミュージック・ビデオもユニークな物が多いのも特徴。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

  • ジョナサン・クック / Jonathan Cook - (リードボーカル) (2006年-現在)
  • オースティン・ベロー / Austin Bello - (ベース、ボーカル) (2006年-現在)
  • ケレブ・ターマン / Caleb Turman - (ギター、ボーカル) (2006年-現在)
  • カイル・バーンズ / Kyle Burns - (ドラムス) (2006年-現在)

旧メンバー[編集]

  • ケント・ギャリソン / Kent Garrison - (ピアノ/キーボード) (2006年-2011年)
2011年1月に脱退。
  • マーク・スチュワート / Marc Stewart - (ギター) (2006年-2011年)
2011年9月に脱退。

ツアーメンバー[編集]

  • リコ・ガルシア / Rico Garcia - (ギター) (2011年-現在)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

発売日
タイトル
レーベル
全米アルバムチャート最高位[1]
2008年4月29日
Underdog Alma Mater
モータウン
45位
2011年3月1日
Forever the Sickest Kids
モータウン
33位
2013年6月25日
J.A.C.K.
フィアレス・レコード
94位

シングル[編集]

発表
タイトル
収録アルバム
2008年 Whoa Oh! (Me vs. Everyone) Underdog Alma Mater
She's a Lady
2009年 What Do You Want from Me The Weekend: Friday
2010年 She Likes (Bittersweet Love)
Keep On Bringing Me Down Forever the Sickest Kids
2011年 Crossroads(I Guess You Can Say Things Are Getting Pretty Serious)
Summer Song
Shut the Front Door (Too Young for This) Non-album single
Mistletoe is for Quitters
2013年 Chin Up Kid
J.A.C.K.
Nice to Meet You

EPs[編集]

カバー[編集]

ゲスト参加[編集]

  • "Lucky Girl" by The Tattle-Tales(ft. Forever the Sickest Kids) (2006年)
  • "Jumping(Out the Window) (The Remix) [Guitar Down Version]" by Ron Browz(ft. Forever the Sickest Kids) (2009年)
  • "Um Lance, Não Um Romance" by Cine(ft. Forever the Sickest Kids) (2010年)

脚注[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]