ザ・サマー・セット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Summer Set
2011年のライヴ
2011年のライヴ
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アリゾナ州スコッツデール
ジャンル パワー・ポップ
ポップ・パンク
ポップ・ロック
活動期間 2007年–現在
レーベル Fearless Records(2012年–現在)
Razor & Tie(2009年–2012年)
The Militia Group(2007年–2009年)
公式サイト [1]
メンバー
ブライアン・ダレス
ジェシー・ボーウェン
スティーヴン・ゴメス
ジョン・ゴメス
ジョシュ・モントゴメリー

{{{Influences}}}

ザ・サマー・セットThe Summer Set)は、アメリカ合衆国アリゾナ州スコッツデール出身のパワー・ポップバンドである。

アメリカの大手音楽雑誌オルタナティヴ・プレスにて「100 Bands You Need To Know In 2010」に選ばれた。現在、若い世代を中心に人気を集めている。

メンバー[編集]

  • ブライアン・ダレス/Brian Dales - (ヴォーカル)
  • ジョン・ゴメス/John Gomez - (ギター)
  • ジョシュ・モントゴメリー/Josh Montgomery - (ギター)
  • スティーヴン・ゴメス/Stephen Gomez - (ベース)
  • ジェシー・ボーウェン/Jess Bowen - (ドラム)

バイオグラフィー[編集]

以前にもバンドを組んでいたゴメス兄弟と幼馴染のジェシーが、2007年にボーカルを探していたところ、ブライアンを見出してから始まる。その後自主制作のEP「Love The Love You Have」を、数か月で7,000枚を売り上げる。

2008年6月にThe Militia GroupからデビューEP「...In Color」をリリース。2008年12月にはアッシャーの「Love in This Club」カバーを含む3rdEP「Meet Me on the Left Coast」を発表。ラジオ局をにぎわせる。

2009年10月、デビュー・アルバム「Love Like This」をRazor & Tieに移籍後リリース。2010年にはBamboozleやワープド・ツアーといったフェスティバルに参加。翌年の2011年3月よりオール・タイム・ロウのツアーに参加し、同年5月には初の海外公演をイギリスで行う。

新作のリリースを控えた6月24日から7月3日までBEYOND[THE]BLUE Tour 2011にて初来日。

そして7月19日に2ndアルバム「Everything's Fine」をリリース。全米ビルボードアルバムチャート初登場65位を記録。

2011年11月、前回の来日からわずか4ヶ月という短さで2度目の来日公演を行った。28日には、「What Money Can't Buy EP」をリリースした。

2012年、Razor & TieからFearless Recordsに移籍。

2013年4月16日、3rdアルバム「Legendary」をリリース。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

発売日 アルバム名 レーベル 全米ビルボードアルバムチャート最高位
2009年10月13日 Love Like This
Razor&Tie
173位
2011年7月19日 Everything's Fine
Razor&Tie
65位
2013年4月16日 Legendary
Fearless Records
53位

日本公演[編集]

開催年 日付・場所
2011年
  • 6月24日〜7月3日 BEYOND[THE]BLUE Tour 2011
  • 11月11日〜11月14日 激ロックFES.vol8

外部リンク[編集]