ア・デイ・トゥ・リメンバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
A Day to Remember
2010年のライヴより。}
2010年のライヴより。
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州 オカラ
ジャンル ポスト・ハードコア
ポップパンク
活動期間 2003年-現在
レーベル ビクトリー・レコード
公式サイト [1]
メンバー
ジャレミー・マッキノン
ネイル・ウエストフォール
ケビン・スカッフ
ジョシュア・ウッダード
アレックス・シェルナット
旧メンバー
トム・デニー
Bobby Scruggs
David Hearth

ア・デイ・トゥ・リメンバー (A Day to Remember) とは、アメリカ合衆国フロリダ州出身のロックバンドである。

概要[編集]

2003年結成。

2005年5月10日にIndianola Recordsから、1stアルバム「And Their Name Was Treason」でデビューを飾る。

その後も、ポップ・パンクに巧みに絶叫を織り交ぜた「ハードコア色の強い、ポップパンク・サウンド」で、全米の若者を中心に序々に人気を獲得していき、2006年に入ると、全米でも屈指の大手インディーズレーベルビクトリー・レコードと契約を結ぶ事に成功。

2007年1月23日には、2ndアルバムとなる「For Those Who Have Heart」をリリースしている。

2009年2月3日には、3rdアルバムとなる「Homesick」をリリースし、ビルボードアルバムチャートにて初登場21位を記録。全米トータルセールスも20万枚を突破した[1]。しかし、その直後の6月に、ギタリストのトム・デニーが結婚生活を理由にバンドから脱退。その穴を埋める形で、ケビン・スカッフを迎え入れている。

2010年11月16日には、4thアルバム「What Separates Me from You」がリリースされた。

2013年8月24日、5thアルバム「Common Courtesy」を10月8日にリリースされる事が発表された。今回のアルバムはビクトリー・レコードからのリリースではなく、メンバー達による自主リリースという形になった。主な理由は、2012年に起こったレーベルとの裁判が未だに決着せず、バンドが飼い殺し状態になってしまったため。

その後裁判所はビクトリー・レコードの訴えを退け、バンドは無事2013年10月8日に5thアルバム「Common Courtesy」をリリースした。当初は公式サイトのみでの配信リリースだったが、後に新曲を3曲追加した「Common Courtesy」のデラックス盤をCDと共に2013年11月25日にリリースされる事が発表された。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

  • ジャレミー・マッキノン/Jeremy McKinnon - (ヴォーカル)
  • ネイル・ウエストフォール/Neil Westfall - (ギター)
  • ケビン・スカッフ/Kevin Skaff - (ギター)
  • ジョシュア・ウッダード/Joshua Woodard - (ベース)
  • アレックス・シェルナット/Alex Shelnutt - (ドラム)

旧メンバー[編集]

  • トム・デニー/Tom Denney
  • Bobby Scruggs
  • David Hearth

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

発売日 アルバムのタイトル 販売レーベル 全米ビルボードアルバムチャート最高位
2005年5月10日 And Their Name Was Treason Indianola Records
-
2007年1月23日 For Those Who Have Heart Victory Records
-
2009年2月3日 Homesick Victory Records
21位
2010年11月16日 What Separates Me from You Victory Records
11位
2013年10月8日 Common Courtesy 自主制作

脚注[編集]

[ヘルプ]


外部リンク[編集]