ピーター・ホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーター・ホワイト
PeterWhiteByPhilKonstantin.jpg
基本情報
出生 1954年????
出身地 イギリスの旗 イギリスルートン
ジャンル フュージョン
スムーズジャズ
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
レーベル シンドローム1990-1996
コロムビア1997-2008
ピーク2008-
ヘッズ・アップ2011-
共同作業者 ダニー・ホワイト
マット・ビアンコ
バーシア

ピーター・ホワイトPeter White, 1954年 - )はイギリス出身でスムーズジャズフュージョンを中心に活動しているギタリスト。元はアル・スチュアートマット・ビアンコ、その歌手バーシアなど、ポップス界を中心に活動していた。

セッション・ミュージシャンとしても活躍し、カーク・ウェイラムリチャード・エリオットジェラルド・アルブライトグレッグ・カルーカスなどと共演している。

バイオグラフィ[編集]

幼少の頃父親の勧めでピアノやギター、クラリネットなどを演奏し始める。次第にポップス性のギターを弾き始める。10歳代後半に、アル・スチュワートのマネージャーの勧めで、彼のグループに加わる。1979年にはロサンジェルスに拠点を移し、スチュワートのバック・バンドの他のメンバーたちと、「ショット・イン・ザ・ダーク」というグループを結成する。またこの頃、弟のダニー・ホワイトがマット・ビアンコを結成する。1987年にそのシンガーのバーシアがグループを離れてソロ活動を始め、ホワイト兄弟は彼女をサポートする。バーシアは成功を収め、その後もピーターは彼女をサポートし続けた。

1990年にファースト・ソロ・アルバムReveillez-Vousを発表。アル・スチュワートのために書いた未発表曲を集めた作品集となる。1996年にはソニー系列のコロムビア・レコードと契約し、Caravan of Dreamsを発表、以後スムーズ・ジャズのギタリストの第一線で活動している。

2007年にはリック・ブラウンミンディ・エイベアらとアルバムPeter White Christmasを発表、Songs of the Season以来10年ぶりのクリスマス・アルバムとなった。

2008年9月、コロムビアとの10年間の契約が切れ、新たにリッピントンズラス・フリーマンピーク・レコードと契約し[1]、2009年にGood Dayを発表した。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

タイトル 発売年 注釈
Reveillez-Vous 1990 Chase Music
Excusez-Moi 1991 Sindrome
Promenade 1993 Sindrome
Reflections 1994 Sindrome
Caravan of Dreams 1996 Columbia
Songs of the Season 1997 Columbia
Perfect Moment 1998 Columbia
Glow 2001 Columbia
Confidential 2004 Columbia
Playin' Favorites 2006 Columbia
Peter White Christmas (with Rick Braun and Mindi Abair) 2007 Artizan
Good Day 2009 Peak
Here We Go 2012 Heads Up

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Smooth Jazz Vibes: Peter White, Columbia, Split After A Decade”. Smooth Jazz Vibes. 2008年9月3日閲覧。

外部リンク[編集]