アシッドジャズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アシッドジャズ
様式的起源 ジャズジャズ・ファンクハウスヒップホップファンクフュージョンブラジリアン
文化的起源 ジャズを選曲したイギリスのクラブ
流行時期 1980年代半ばから1990年代初頭
サブジャンル
ニュージャズ
テンプレートを表示

アシッド・ジャズacid jazz)は、1980年代にイギリス[1][2][3][4] のクラブシーンから派生したジャズの文化。ジャズ・ファンクソウル・ジャズ等の影響を受けた音楽のジャンル。レコードレーベルの名称。

概要[編集]

1981年、DJのポール・マーフィーがロンドン・カムデンのクラブ「Electric Ballroom」にて、ジャズのレコードを選曲したイベント「Jazz Room」を開催した。また、マンチェスターのクラブ「Berlin」では、DJのコリン・カーティスとダンス・グループのジャズ・ディフェクターズによるジャズ・イベントが話題となり、ジャズに合わせて踊る文化が生まれた。[3] 「Jazz Room」は、1984年にロンドン・ソーホーのクラブ「The Wag Club」へ移転し、ジャイルス・ピーターソン、バズ・フェ・ジャズらのDJを輩出した。[3][1][5][4]

1985年にサイモン・ブース率いるワーキング・ウィークは、「Electric Ballroom」で選曲されていたフュージョンに影響を受けてアルバム「Working Nights」を制作した。サイモン・ブースは、アルバム「Working Nights」に収録された「Stella Marina」がアシッド・ジャズとして最初に作られた楽曲であるとの見解を示している。[3][4] 

1985年、クリス・バングスとジャイルス・ピーターソンによりジャズ・イベント「Special Branch」、「Mambo Madness」が開催され、クラブにおけるジャズ・シーンが発展する。その後、「Special Branch」は、スペインイビサ島で開催されるまでに規模が拡大した。[4]

1986年に、ロンドン・カムデンロックのクラブ「Dingwalls」で開催されたジャイルス・ピーターソン、パトリック・フォージ、ボブ・ジョーンズのイベント「Talkin' Loud and Saying Something」が反響を呼び[6]、ジャズのムーブメントは定着していった。この頃より、クラブシーンから派生したジャズの文化を「アシッド・ジャズ」と呼んだ。アシッド・ジャズ・シーンは、従来のジャズ・ダンス・シーンと音楽性に変わりはなく、同一のジャズ・ムーヴメントを指し示している。[4] 

1988年、ファッション雑誌「I.D.」が、クリス・バングス、ジャイルス・ピーターソンらを特集したことにより、アシッド・ジャズ・シーンは急激に勢いをつけ、1990年には、イギリス全国のクラブ、バー、パブ、大学等で数多くのイベントが催され、アシッド・ジャズのスタイルが確立した。[4]

アシッド・ジャズの普及には、ポール・ブラッドショウが編集長を務める音楽雑誌「Straight No Chaser」も貢献した。[3][5] 同誌はアシッド・ジャズを記事で頻繁に取り上げた他、アートワークを重視しアシッド・ジャズのイベント・フライヤーを手掛けるイアン・スウィフト(Swifty)を表紙のデザイナーに起用した。イアン・スウィフトは、ジャイルス・ピーターソンが設立したレーベル「トーキング・ラウド」のアートワークも数多く手掛けている。[3]

アシッド・ジャズを掲げたクラブのイベントでは、ジャズ・ファンク、ソウル・ジャズを中心に、ジェームス・ブラウン等のファンク[7]ハンク・モブレーの「Recado Bossa Nova」やリー・モーガンの「The Sidewinder」等のスタンダード・ジャズから、ボサノヴァブラジリアンブーガルー等のラテンジャズまで、様々な楽曲がDJによって選曲された。[5] また、時代の経過とともに、ジャズの音源をサンプリング・ソースに用いたヒップホップハウスも選曲されるようになった。[1][7][4]

語源とその背景[編集]

アシッド・ジャズのアーティスト、スノウボーイが語源について関係者へインタビューを重ねたところ、1988年2月6日にミドルセックス州ブレントフォードのウォーターマンズ・アーツ・センターで行われたイベント「Special Branch」で、DJのクリス・バングスが、アート・ブレイキーの「The Feast」を選曲した際に、DJブースの背後に設置されたプロジェクターで点滅する「ACID」の文字を見て「アシッド・ジャズ」との言葉を発案したことが分かった。[4] また、その場で共にDJプレイをしていたジャイルス・ピーターソンが、マイク・パフォーマンスで「アシッド・ジャズ」と言い放ったことから[8][4]、エディ・ピラー、サイモン・ブースらの間にその呼称が伝わったとされる。[4] 翌3月26日、クリス・バングスとジャイルス・ピーターソンによりアシッド・ジャズを掲げた初のイベント「Cock Happy」が行われている。[4] その一方で、1987年に 「アシッド・ジャズ・レコーズ」を設立した[9]エディ・ピラーの曖昧な見解によると、1985年頃にクリス・バングスとジャイルス・ピーターソンが「The Wag Club」で行っていた月曜セッションと「Royal Oak」等で行っていたイベント「Special Branch」にて「アシッド・ジャズ」との言葉が生まれたとしており[2]、呼称の由来となる発祥した場所と年時に相違はあるが、スノウボーイとエディ・ピラーの対談において、クリス・バングスが呼称の発案者であるとの見解は一致している。[4] また、クリス・バングス自身も呼称の発案者であることを自認している。[4] 

主要なレコード・レーベル[編集]

1987年[9]、「キッズのための、キッズによるジャズ」をコンセプトに、エディ・ピラーとジャイルス・ピーターソンによって「アシッド・ジャズ・レコーズ」レーベルが設立され[2]ジャミロクワイのデビュー・シングル「When You Gonna Learn」の他、オムニバス盤「Totally Wired」シリーズをリリースした。アシッド・ジャズ・レコーズから独立したジャイルス・ピーターソンは、1990年に「トーキング・ラウド」レーベルを設立し、1991年に全英チャート(Music Week)6位を記録したインコグニートのシングル「Always There」[10]を始め、オマー「There's Nothing Like This」[11]、ガリアーノ「Long Time Gone」[12]、ヤング・ディサイプルズ「Apparently Nothin'」[13]等、全英チャート(Music Week)20位以内にランクインするヒット・シングルをリリースした。

カテゴリーの著名なアーティストとしてインコグニート、ジャミロクワイ、ブラン・ニュー・ヘヴィーズUS3、日本ではユナイテッド・フューチャー・オーガニゼイションモンド・グロッソキョート・ジャズ・マッシヴらが挙げられる。[4] アーティストにより様々な作風を持ち、カテゴリーの統一性を持ち合わせていないが、ブルーノート・レコードのBNLA期[14]にリリースされたジャズ・ファンク[15]やギル・スコット・ヘロン[2][16]ファラオ・サンダース[17]らのスピリチュアル・ジャズ、1970年代に発表されたスティーヴィー・ワンダー [18]マーヴィン・ゲイ [19]らのソウルをモチーフにしている。

ジャズ・ファンク[編集]

ジャイルス・ピーターソンらのDJに「ファンク・ジャズ」と呼ばれていたジャズ・ファンクは、16ビートのフュージョンとは異なり、ジャズのアンサンブルで16ビートのリズムを持つ楽曲を指している。[20] プレスティッジ・レコード7000番台のアルバム、プーチョ「Heat」や、10000番台のアルバム、ファンク・インク「Funk Inc」等の作品の他、ブルーノート・レコードより1967年にリリースされたルー・ドナルドソンのアルバム「Alligator Boogaloo」から1971年にリリースされたグラント・グリーンのアルバム「Shades Of Green」、BNLA期ではドナルド・バードのアルバム「Black Byrd」等が含まれる。[20]

ヒップホップ[編集]

ジャイルス・ピーターソンが、パブリック・エナミーの「Fight The Power」やロニー・リストン・スミス「Expansions」のフレーズを引用したステツァソニックの「Talkin' All That Jazz」をクラブやFMで選曲したことに始まる。[1][4][21] 次第にアシッド・ジャズのムーブメントとヒップホップが呼応を始め、Straight No Chaser誌(1990年 ISSUE9)では「ヒップホップ・ミーツ・ビーバップ(Hip Hop Meets Be Bop)」を特集した。1990年にはアシッド・ジャズのグループ、ヤング・ディサイプルズがプロデュースしたドリーム・ウォリアーズのシングル「My Definition Of A Boombastic Jazz Style」が、全英チャート(Music Week 1990年11月)13位[22]を記録した。また、映画「モ'・ベター・ブルース」のサウンドトラックよりシングルカットされたギャング・スターの「Jazz Thing」や、ジャズ・ベーシストのロン・カーターが参加したア・トライブ・コールド・クエストのアルバム「The Low End Theory」は、アシッド・ジャズのDJにより評価された。[2]

以降、ヒップホップとのコラボレーションが発展を遂げ、ギャング・スター、ファーサイド、メインソースらヒップホップ・アーティストが参加したブラン・ニュー・ヘヴィーズのアルバム「Heavy Rhyme Experience Vol.1」[23]や、エンディア・ダベンポート(ブラン・ニュー・ヘヴィーズ)、コートニー・パイン、ドナルド・バード、ブランフォード・マルサリスロイ・エアーズロニー・ジョーダン、ロニー・リストン・スミスらのジャズ・アーティストが参加したGuruのアルバム「Jazzmatazz Vol.1」[24]がリリースされた。

アシッド・ジャズのDJが取り上げた楽曲の中からヒット作も生まれた。1992年に、ボブ・ジェームスの「Tappan Zee」をサンプリング・ソースに用いたアレステッド・ディベロップメントのシングル「People Everyday」[2]が全英チャート(Music Week)2位[25]、全米チャート(Billboard Hot 100)8位を記録[26]。1993年には、ディゲイブル・プラネッツが、アート・ブレイキー、ザ・クルセイダーズマイルス・デイヴィスらの音源をサンプリング・ソースに用いたアルバム「Reachin' (A New Refutation of Time and Space)」でグラミー賞ベスト・ラップ・パフォーマンスを受賞した。[1] 1994年、ハービー・ハンコックの「Cantaloupe Island」をサンプリング・ソースに用いたUS3のシングル「Cantaloop」が、全米チャート(Billboard Hot 100)9位[27]のヒットを記録している。また、「Cantaloop」はブルーノート・レコードよりリリースされ、公式に音源のサンプリング使用を認められた。[2][28]

ボサノヴァ/ブラジリアン[編集]

コリン・カーティスは、1980年代初頭からアメリカ盤のブラジリアン・フュージョンをクラブで選曲していた。[1]

1985年、ジャイルス・ピーターソンが監修したDJ向けのコンピレーション・アルバム「Jazz Juice Vol.1」に、セルジオ・メンデスの「Mas Que Nada」やアイアート・モレイラの「Celebration Suite」等、アメリカ製のブラジル音楽が収録された。バトゥカーダを基調にした「Celebration Suite」は、アシッド・ジャズのクラブで人気となり、その後、複数のカバー・バージョンがリリースされている。[29]

1986年に「Far Out Records」のジョー・デイヴィスが、入手困難なブラジル盤レコードを現地から輸入してDJへ供給を始めたことにより、1960年代のジャズ・サンバやMPBがクラブ・シーンに紹介された。[1] MPBの代表的なアーティスト、ジョイスのアルバム「Feminina」に収録された「Aldeia De Ogum」は、アシッド・ジャズ・シーンにおいて取り分け人気が高く、ジョイスのロンドン公演「トーキング・ラウド・セッション」の際には、観客がロック・コンサートさながらの盛り上がりを見せた。[1] ジョイス同様に女性シンガーのエリス・レジーナも高く評価されており、代表曲の「Upa,Negrinho」は、エドゥ・ロボのオリジナル・バージョンと共にDJの間でスタンダードと化している。[28]

1992年にセルジオ・メンデスは、サンバ・ヘギ(レゲエ調のサンバ)のリズム[30] を取り入れたシングル「What Is This?」をリリースした。[31] 「What Is This?」は、アシッド・ジャズの著名なDJにプレイされて話題となり[2] セルジオ・メンデスは新しいリスナーを獲得した。[32]

モッズ[編集]

1985年、モッズ・ムーヴメント第二世代の主要人物エディ・ピラーが、「Royal Oak」で行われていたジャイルス・ピーターソンのジャズ・イベント「Special Branch」に足を運び始めた。イベントで選曲されていたジミー・スミス、ジミー・マクグリフ、ジャック・マクダフら、ジャズ・オルガン奏者の楽曲がモッズの間で評判となり、来場客の半数をモッズ・コネクションで占めるようになった。[4]

モッズ・グループのプリズナーズでハモンドオルガンを弾いていたジェイムス・テイラーは、エディ・ピラーにカルテットの結成を提案され、ジェイムス・テイラー・カルテットとしてハービー・ハンコックの「Blow Up」のカバー・バージョンを録音した。[4] ジェイムス・テイラー・カルテットは、後に、エディ・ピラーが設立したアシッド・ジャズ・レコーズよりアルバムをリリースした。[33]

ジャイルス・ピーターソンは、アシッド・ジャズ・シーンとモッズ・シーンを区別しており、「(アシッド・ジャズと)モッズやポール・ウェラーとの共通点は、ジミー・スミスとガビッチ・ジャンパー」に限られているとの見解を示している。[4]

DJ/アーティスト/プロデューサー[編集]

  • イアン・スウィフト
  • インコグニート 
  • エディ・ピラー
  • オマー
  • ガリアーノ
  • キョート・ジャズ・マッシヴ
  • クリス・バングス
  • コーデュロイ
  • コリン・カーティス
  • サイモン・ブース
  • ジェイムス・テイラー・カルテット
  • ジャイルス・ピーターソン
  • ジャズ・ディフェクターズ
  • ジャミロクワイ 
  • ジョー・デイヴィス
  • スノウボーイ
  • バズ・フェ・ジャズ
  • パトリック・フォージ
  • ブラン・ニュー・ヘヴィーズ
  • ポール・ブラッドショウ
  • ポール・マーフィー
  • ボブ・ジョーンズ
  • モンド・グロッソ
  • ヤング・ディサイプルズ
  • ユナイテッド・フューチャー・オーガニゼイション
  • Guru's Jazzmatazz
  • US3

参考文献[編集]

UKジャズ・ダンス・ヒストリー "From Jazz Funk & Fusion To Acid Jazz"/マーク”スノウボーイ”コットグローヴ著

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h GROOVE誌 2001.MARCH
  2. ^ a b c d e f g h remix誌 1993.FEBRUARY
  3. ^ a b c d e f ミュージック・マガジン誌 1992年12月号
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r UKジャズ・ダンス・ヒストリー "From Jazz Funk & Fusion To Acid Jazz"
  5. ^ a b c remix誌 1992.MAY
  6. ^ [1]Discogs Gilles Peterson & Patrick Forge Present - Sunday Afternoon At Dingwalls
  7. ^ a b 「Dance Wicked New Jazz In London」ライナーノーツ
  8. ^ ザ・クアイエット・ボーイズ 「ボッシュ!」 ライナーノーツ
  9. ^ a b [2]Discogs Galliano - Frederic Lies Still アシッド・ジャズ・レコーズ 初リリース作(1987)
  10. ^ [3]Music Week Incognito Featuring Jocelyn Brown - Always There
  11. ^ [4]Music Week Omar - There's Nothing Like This
  12. ^ [5]Music Week Galliano - Long Time Gone
  13. ^ [6]Music Week Young Disciples - Apparently Nothin'
  14. ^ ブルーノートがユナイテッド・アーティスツ傘下に入った1970年代以降で、品番にBN-LAと付けられた販売期の作品。ボビー・ハンフリー「Blacks And Blues」ライナーノーツ
  15. ^ [7]Discogs Carleen Anderson - True Spirit(Domino Mix) BN-LA549-G
  16. ^ [8]Discogs Maysa Leak(Incognito) - The Bottle
  17. ^ [9]Discogs Galliano - Prince Of Peace
  18. ^ [10]Discogs Incognito - Don't You Worry 'Bout A Thing
  19. ^ [11]Discogs Brand New Heavies - Saturday Nite
  20. ^ a b remix誌 1992.NOVEMBER
  21. ^ remix誌 1992-1993.DECEMBER-JANUARY
  22. ^ [12]Music Week Dream Warriors - My Definition Of A Boombastic Jazz Style
  23. ^ [13]Discogs Brand New Heavies - Heavy Rhyme Experience Vol. 1
  24. ^ [14]Discogs Guru - Jazzmatazz Volume 1
  25. ^ [15]Music Week Arrested Development - People Everyday
  26. ^ [16]Billboard Database Arrested Development - People Everyday
  27. ^ [17]Billboard Database Us3 - Cantaloop (Flip Fantasia)
  28. ^ a b ミュージック・マガジン誌 1993年9月号
  29. ^ アイアート・モレイラ 「I'm Fine How Are You?」 ライナーノーツ
  30. ^ セルジオ・メンデス 「Brasileiro」 ライナーノーツ
  31. ^ [18]Discogs Sergio Mendes - What Is This?
  32. ^ remix誌 1993.OCTOBER
  33. ^ [19]Discogs James Taylor Quartet - In The Hand Of The Inevitable