グラント・グリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラント・グリーン
基本情報
出生 1935年6月6日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス
死没 1979年1月31日(満43歳没)
ジャンル ビ・バップ
担当楽器 ギター

グラント・グリーン(Grant Green, 1935年6月6日 - 1979年1月31日)はアメリカジャズギタリストミズーリ州セントルイス生まれ。

1960年代ブルーノート・レコードを代表するギタリストであり、オーソドックスなビ・バップから、モード・ジャズ、そしてジャズ・ファンクに至るまで、さまざまなジャンルで活躍した。このため、グリーンのレコードはモダン・ジャズ・ファンだけにとどまらず幅広い支持を獲得した。60年代後半以降は、ジェームスブラウンに影響を受けたファンクスタイルの演奏で人気を得た。特に80年代末のレア・グルーヴ/アシッド・ジャズ・ムーブメントで彼への再評価がおこなわれている。

プレイ・スタイル[編集]

60年代前半は、主にビ・バップ・スタイルでプレイした。61年のブルーノートにおけるファースト・アルバム『グランツ・ファースト・スタンド』、セカンド・アルバム『グラントスタンド』などでは、彼のすばらしいバップ・フレーズを聴くことができる。

60年代末から70年代にかけては、ファンク・スタイルでプレイが聴ける。ライヴ盤である『Alive!』、『Live at the Lighthouse』などで、彼はファンキーなソロを披露している。

年代と共にプレイ・スタイルを変えたグリーンであるが、一貫してシングル・コイルを搭載したギターを使用しており、シングル・コイル独特の音色が彼のトレードマークとなった。

  • シングル・ノート(単音)を主体にプレイした。同時代を代表するギタリストウェス・モンゴメリーが、コード・ソロ、オクターヴ奏法を多用したのと対照的である。
  • ビ・バップ・スタイルのみならず、ペンタトニック・スケールを主体としたモーダルなアプローチをも得意とした。
  • 同じフレーズを延々と繰り返し、ソロを盛り上げる手法を多用した。

ディスコグラフィ(代表作のみ)[編集]

  • 『グランツ・ファースト・スタンド』(Blue Note, 1961): オルガン・トリオ編成による、ブルーノート初のリーダー・アルバム。
  • 『アイドル・モーメンツ』(Blue Note, 1963)
  • 『抱きしめたい』(Blue Note, 1965): タイトル曲はビートルズ・ナンバーをボサ・ノヴァ風にアレンジして演奏。そのほかは、ジャズ・スタンダード。
  • 『グリーン・イズ・ビューテイフル』(Blue Note, 1970): ファンクに影響を受けた新しいスタイルのアルバム。
  • 『Live at the Lighthouse』(Blue Note, 1972): ライヴ・アルバム。