ブライアン・カルバートソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・カルバートソン
}
基本情報
出生 1973年1月12日(41歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗イリノイ州ディケーター
ジャンル フュージョン, スムーズジャズ
職業 ピアニスト/キーボーディスト, フリューゲルホーン奏者, 作曲家, 編曲家, プロデューサー
担当楽器 ピアノ/キーボード, フリューゲルホーン
レーベル ブルームーン(1994-1996)
アトランティック(1997-2002)
ワーナー・ブラザーズ(2003-2004)
GRP(2005-)
公式サイト Brian Culbertson Official Website

ブライアン・カルバートソン(Brian Culbertson 1973年1月12日-)はアメリカ合衆国イリノイ州出身のスムーズジャズ/フュージョン界で活躍するピアニスト作曲家編曲家音楽プロデューサーベーストロンボーン奏者としての腕もみせている。

リリカルで流麗なプレイにファンクの要素を取り入れた音楽性が特徴で、ラジオ・ステーションにおいてもヘヴィー・プレイされている。

デイヴ・コーズピーター・ホワイト等のアルバムにも参加している。

バイオグラフィ[編集]

8歳よりトランペッターの父、ジム・カルバートソンよりピアノを習い始める。

Blue MoonレーベルにてLong Night Out1994年にデビュー。After Hours(1995年)、Modern Life(1995年)と計3枚リリース。1997年ワーナー・ミュージック・グループアトランティック・レコードに移り、SecretsSomethin' Bout Love(1999年)をリリース、2001年発表のNice & Slowが大ヒットする。ワーナー・ブラザーズ・レコード直列のワーナー・ジャズからCome on Up2003年にリリース。このアルバムではマーカス・ミラーをプロデューサーに招いており、通例のアルバムより少し強めのファンキーさをみせている。2005年にスムーズジャズの最大手レーベルGRPレコードに移り、It's on Tonightをリリース、2006年10月にクリスマス企画アルバムSoulfull Christmasを発表した。

2005年に死去したルーサー・ヴァンドロスのトリビュート・アルバムForever, For Always, For Lutherにも参加している。

2008年に、アース・ウィンド&ファイアーモーリス・ホワイトエグゼクティヴ・プロデューサーとして迎え、Bringing Back The Funkをリリース。ブーツィー・コリンズをゲストに呼んでおり、ファンクの要素が強いアルバムとなる。同年に復活を果たした、トニー・メイデンが率いるルーファス(かつてはチャカ・カーンがリード・ヴォーカルをしていた。)のゲストとしてツアーに参加、11月には彼等と共に来日公演する。翌年にはベーシストのラリー・グラハムとツアーを行う。


ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

タイトル 発売年 注釈
Long Night Out 1994 Blue Moon
Modern Life 1995 Blue Moon
After Hours 1996 Blue Moon
Secrets 1997 Alrantic
Somethin' Bout Love 1999 Atlantic
Nice & Slow 2001 Atlantic
Come on Up 2003 Warner Bro.
It's on Tonight 2005 GRP
Soulfull Christmas 2006 GRP
Bringing Back the Funk 2008 GRP
Live from the inside 2009 GRP
Xii 2010 GRP
Dreams 2012 GRP

外部リンク[編集]