エリック・マリエンサル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリック・マリエンサル
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル ジャズ・フュージョン
スムーズジャズ
職業 サックス奏者
担当楽器 サックス
レーベル GRP
i.e.ミュージック/ポリグラム
ピーク
共同作業者 チック・コリア・エレクトリック・バンド
ザ・リッピントンズ
ゴードン・グッドウィンズ・ビッグ・ファット・バンド
公式サイト http://www.ericmarienthal.com/

エリック・マリエンサル(Eric Marienthal、1957年12月13日 - )はアメリカのスムーズジャズ/ジャズフュージョンサックス奏者。チック・コリア・エレクトリック・バンドやザ・リッピントンズビッグ・ファット・バンドのメンバーとして知られる。

バイオグラフィ[編集]

小学校5年生の時にサックスを吹き始める。1976年に高校を卒業後、ボストンのバークリー音楽大学にて学び、ジョー・ビオラに師事。1980年にロサンジェルスに越し、トランペッターアル・ハートのオーディションを受け合格、アルの拠点ニューオーリンズに移る。カリフォルニア州アナハイムディズニーランドのバンドで在籍中、ジャズ・ピアニストチック・コリアに見出され、彼のエレクトリック・バンドに加入。バンドに在籍中の1987年にGRPレコードよりデビューアルバムVoices of the Heartを発表。GRP在籍の数多くのミュージシャンと共演する。1997年にギタリストリー・リトナーが創設した新レーベルi.e. Musicに移籍、Easy Streetを、翌1998年にはキャノンボール・アダレイをトリビュートしたアルバムWalk Tallを発表。

2000年にラス・フリーマンがリーダーのザ・リッピントンズのアルバムLife in the Tropicsにゲスト参加、翌2001年にラスの自己レーベルピーク・レコードに移り、ラスのプロデュースによるTurn Up the Heatを発表。2003年にリッピントンズの正メンバーとなり、3作のアルバムに参加。2005年にはカバーアルバムGot You Coveredを発表。2008年にリッピントンズを脱退した。

リッピントンズとは別にエリックは、古くからの仲である、ゴードン・グッドウィンが2000年代初めに立ち上げたビッグ・ファット・バンドにも在籍している。

ディスコグラフィ[編集]

タイトル 発売年 注釈
Voices of the Heart 1987 GRP
Round Trip 1989 GRP
Crossroads 1990 GRP
Oasis 1991 GRP
One Touch 1993 GRP
Street Dance 1994 GRP
Easy Street 1997 i.e. Music/Polygram
Walk Tall: Tribute to Cannonball Adderley 1998 i.e. Music/Polygram
Turn Up the Heat 2001 Peak
Sweet Talk 2003 Peak
Got You Covered 2005 Peak
It's Love 2012 Peak

外部リンク[編集]