キャノンボール・アダレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャノンボール・アダレイ
キャノンボール(左)、ナット(右)、1966年}
キャノンボール(左)、ナット(右)、1966年
基本情報
出生名 Julian Edwin Adderley
出生 1928年9月15日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州タンパ
死没 1975年8月8日(満46歳没)
ジャンル ジャズ
ソウル・ジャズ
担当楽器 アルト・サックス
ソプラノ・サックス
活動期間 1955年1975年
レーベル ブルーノート・レコード
ファンタジー・レコード
キャピトル・レコード
プレスティッジ・レコード
リバーサイド・レコード
共同作業者 ナット・アダレイ
マイルス・デイヴィス
ジョージ・デューク
ユーゼフ・ラテーフ
サム・ジョーンズ
ジョー・ザヴィヌル
ルイ・ヘイズ
ボビー・ティモンズ
ビル・エヴァンス

キャノンボール・アダレイJulian Edwin "Cannonball" Adderley, 1928年9月15日 - 1975年8月8日)はフロリダ州タンパ生まれのジャズアルト・サックス奏者。

マイルス・デイヴィスのグループで活躍し、ソウル・ジャズファンキー・ジャズの立役者の一人としても知られる。

抜群のリズム感とフィンガリングテクニックを駆使した奇抜なフレージングが持ち味であり、「バード(チャーリー・パーカー)ジュニア」と呼ばれる。

あだ名の『キャノンボール』の由来は、キャンニバル(cannibal:大食漢)に由来する。言葉が慣用化してこのように変化したという。

弟にコルネット奏者のナット・アダレイがいる。

バイオグラフィ[編集]

1928年フロリダ州タンパに生まれる。1955年にニューヨークに移り住み、ミュージシャンの間でその実力によって注目される存在となる。1957年にマイルス・デイヴィス・セクステットに参加。アダレイはマイルスのアルバム"Milestones"(1958, Columbia)と"Kind of Blue"(1959, Columbia)に参加。ソロ初期にマイルスの実質リーダー作として録音された"Somethin' Else"は、ジャズの名盤中の名盤ともいわれる。収録曲ではシャンソンの曲"Autumn Leaves"(枯葉)がヒットし、ジャズ・スタンダード化する。

キャノンボール・アダレイ・クインテットはアダレイのアルトサックスに弟のナット・アダレイのコルネットがフィーチュアされている。最初のクインテット(EmMarcy 時代)は売り上げを出せなかった。しかしながらマイルス・グループを離れた後、弟とグループを組み直し(Riverside ~ Capitol 時代)、成功を収めるようになってくる。

クインテット(後にセクステットになる)や他のコンボにはピアニストにボビー・ティモンズビクター・フェルドマンジョー・ザヴィヌル、ベーシストにサム・ジョーンズ、ドラマーにルイ・ヘイズ、サクソフォニストにチャールズ・ロイドユーセフ・ラティーフがいた。彼のグループは1960年代後半にかけてクロスオーヴァーな活躍をし大きな成功を収めた。

1962年には、セルジオ・メンデスと共演しボサノヴァを取り入れた"Cannonball's Bossa Nova"Capitol)がヒット。1963年7月には来日公演を行い、東京公演の模様はライブ盤"Nippon Soul"Riverside)に収められた。1966年にはソウル・ジャズの名盤として名高い"Mercy, Mercy, Mercy"(Capitol)を発表、タイトル曲はジョー・ザヴィヌルの作曲で、今も多くのアーティストによりカバーされている。

マイルスの実験作"Bitches Brew"(1970, Columbia)から派生したエレクトリック・ジャズアヴァンギャルド・ジャズの流行に倣いアダレイもプレイするようになる。この頃のアダレイは、ソプラノ・サックスをダブリングさせた、"The Price You Got to Pay to Be Free"(1970, Capitol)のようなアルバムも発表しており、ジョン・コルトレーンウェイン・ショーターの流行からも見られる。

大食癖に起因する糖尿病と、偏頭痛に若い頃から悩まされていたが、1975年に脳梗塞で亡くなる。フロリダ州テネシーにあるサウスサイド共同墓地に埋葬されている。彼のバンドのメンバーだったジョー・ザヴィヌルが結成したウェザー・リポートのアルバム"Black Market"(1976, Columbia)に、アダレイに捧げた曲"Cannon Ball"がある。

ディビッド・サンボーン曰く、「チャーリー・パーカーは別格として、キャノンボールがアルト奏者の最高峰である」と語っている。

ディスコグラフィ[編集]

英語版ウィキによる選定

ソロ[編集]

  • Somethin' Else (1958) - with Miles Davis, Hank Jones, Sam Jones, Art Blakey
  • Cannonball Adderley Quintet in Chicago (1959) - with John Coltrane
  • Quintet in San Francisco (1959)
  • At the Lighthouse (1960)
  • Them Dirty Blues (1960)
  • Know What I Mean? (1961) - with Bill Evans
  • Nippon Soul (1963)
  • Mercy, Mercy, Mercy (1966)
  • 74 Miles Away (1967)
  • Radio Nights (1967)
  • Accent On Africa (1968)
  • The Country Preacher (1969)
  • The Black Messiah (Live) (1972)
  • Inside Straight (1973)
  • Phenix (1975)

マイルス・デイヴィス・グループ[編集]

  • Milestones (1958)
  • Newport '58 (1958)
  • Jazz at the Plaza (1958)
  • Porgy and Bess (1958)
  • Kind of Blue (1959)

外部リンク[編集]