ウェザー・リポート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェザー・リポート
Weather Report live at Shinjuku, 11 June 1981
Weather Report live at Shinjuku, 11 June 1981
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル ジャズ, フュージョン
活動期間 1971年 - 1986年
レーベル コロムビア・レコード
メンバー
Joe Zawinul
Wayne Shorter
----------
Mirosrav Vitouš
Airto Moreira
Alex Acuña
Alphonso Johnson
Alphonse Mouzon
Alyrio Lima
Chester Thompson
Dom Um Romão
Eric Gravatt
Ishmael Wilburn
Jaco Pastorius
Jose Rossy
Leon 'Ndugu' Chancler
Manolo Badrena
Mino Cinelu
Omar Hakim
Peter Erskine
Robert Thomas, Jr.
Victor Bailey

マイルス・デイビス

ウェザー・リポート ( WEATHER REPORT ) は、マイルス・デイヴィス・グループに在籍していた ウェイン・ショーターと、マイルスの2枚のアルバムにエレクトリック・サウンド導入で貢献したジョー・ザヴィヌルの2人が中心になり、1971年に結成されたエレクトリック系サウンドをメインとしたアメリカのジャズ・フュージョン・グループ。

概略[編集]

結成まで[編集]

ジョー・ザヴィヌルとウェイン・ショーターは1959年のメイナード・ファーガソン・ビッグ・バンドに2人とも在籍していた事があり、その後ジョー・ザヴィヌルはキャノンボール・アダレイのグループに加入した。ウェイン・ショーターは第2期マイルス・デイヴィス・クインテットに加し、1963年から1970年までマイルス・デイヴィス・グループに在籍、アコースティック・サウンド時代からエレクトリック・サウンド時代まで関与していた。一方のジョー・ザヴィヌルは1969年のアルバム『イン・ア・サイレント・ウェイ』で、マイルスがジャズに初めてエレクトリック・サウンドを導入した作品に「イン・ア・サイレント・ウェイ」という曲提供及びオルガン奏者で参加し、1970年のアルバム『ビッチェズ・ブリュー』では「ファラオズ・ダンス」という曲提供及びエレクトリック・ピアノでチック・コリアと共に参加するなど、ジャズに対して積極的にエレクトリック・サウンドが導入され始めた時期に、新しいジャズ・サウンドの構築などで貢献し、その時期にウェイン・ショーターとスタジオで再会する事になった。

その2人が1971年に自分らのグループを結成する運びとなり、ドラマーに アルフォンス・ムーゾン、パーカッショニストにアイアート・モレイラと Dom Um Romão、ベーシストに ミロスラフ・ビトウス を迎えて結成された。初期の作品はマイルス・デイヴィスの『ビッチェズ・ブリュー』の延長線上にあり、それを意識したサウンドになっていた。デビュー・アルバムの『ウェザー・リポート』はアコースティック・ベースと生楽器が主体でシンセサイザーはまだ使用せず、後の作品に比べるとソフトなサウンドが聴ける作品で、ダウン・ビート誌では1971年の「アルバム・オブ・ザ・イヤー」の栄誉を与えられるなど、注目を集めた作品になっていた。セカンド・アルバムの『アイ・シング・ザ・ボディ・エレクトリック』からはシンセサイザやサウンド・エフェクト類が多用されるようになった。そして、このアルバムの一部分には日本公演時のライブ演奏テイクが使われていて、後に2枚組の『ライヴ・イン・トーキョー』としても日本公演時の音源は発売される事となった。

ファンク・グルーヴの導入[編集]

3枚目のアルバム『スウィートナイター』の時期から、ウェザー・リポートのサウンドにファンク・グルーヴの要素が採り入れられるようになり、ミロスラフ・ビトウスもアコースティック・ベースに加えてエレクトリック・ベースも頻繁に使うようになり、曲によってはインプロヴィゼイション・セクションになると曲中でエレクトリック・ベースに持ち替えるなど、1曲の中でも多彩なサウンドを要求されるようになってきた。ウェイン・ショーターは以前、自分のアルバム『ノン・ストップ・ホーム』の最後の曲で、当時チャック・マンジョーネ・グループに居てフレットレス・エレクトリック・ベースを弾いていたアルフォンソ・ジョンソンに参加してもらった事があり、そのベース・サウンドをウェザー・リポートでも活かしたいと思い、彼をウェザー・リポートに呼び入れる事にしたため、1974年のアルバム『ミステリアス・トラヴェラー』制作途中でベーシストがミロスラフ・ビトウスからアルフォンソ・ジョンソンへと交代する事になり、新たなグルーヴとサウンドがもたらされる事になった。

固定ドラマーの不在[編集]

ファースト・アルバムの『ウェザー・リポート』から『ヘヴィ・ウェザー』までの8年間、ウェザー・リポートにとっては、ほぼ1年ごとにドラマーが変わってしまうなどウェザー・リポートに定着したドラマーを探す事が困難な時期でもあった。初代ドラマーのアルフォンス・ムーゾン、エリック・グラバット、グレック・エリコ、イシュメル・ウィルバーン、スキップ・ハデン、ダリル・ブラウン、レオン・チャンクラー、チェスター・トンプソン、そしてアレックス・アクーニャなど、ジャコが1978年にピーター・アースキンを見つけてくるまでの間には目まぐるしくドラマーが交代する状況が続いていた。そしてピーター・アースキンとオマー・ハキムだけが2年以上在籍したドラマーとなるなど、ウェザー・リポートにとってはドラマーとの組み合わせが難しい一面もあった。

中期のウェザー・リポート[編集]

ウェザー・リポートがブレークする切っ掛けとなった1974年の『ミステリアス・トラヴェラー』の時期、アコースティック・ベースの代わりにエレクトリック・ベースがほぼ全曲で使用されるようになっていたが、ジョー・ザヴィヌルによるシンセサイザーも多用されるようになってきたため、宇宙的で幻想的なサウンドも目立つようになってきた。このアルバムではそういった新しいジャズへのアプローチが評価され、再びダウン・ビート誌の「アルバム・オブ・ザ・イヤー」の栄誉を得るなどの評価を得ていた。1975年のアルバム『テイル・スピニン』の頃には、シンセサイザーの技術革新や新機種の登場などにより一層シンセサイザーの比重が高まっていたが、このアルバムでは他のアルバムにはないほど、ウェイン・ショーターのサックス・ソロがフィーチャーされたアルバムにもなっていて、このアルバムでもダウン・ビート誌の「アルバム・オブ・ザ・イヤー」の栄誉を得る事になった。

ジャコ・パストリアス加入[編集]

ファンキーなベース・リフを弾いていたアルフォンソ・ジョンソンに代わり、1975年に自身のソロ・デビュー・アルバムを発表したばかりのジャコ・パストリアスが、翌1976年のアルバム『ブラック・マーケット』の制作後半から参加し、ジャコも「バーバリー・コースト」を提供した。また、アルバム全体でファンク・ジャム・セッションが繰り広げられていて、よりオリエンタルなメロディー・ラインへと変わっていった。その後、『ブラック・マーケット』ではパーカショニストとして参加していたチェスター・トンプソンに代わり、プエルトリコ出身のマノロ・バドレナを迎え入れ、またアレックス・アクーニャがドラマーとなった。1976年のモンタレー・ジャズ・ フェスティバルへの出演なども含めて、ウェザー・リポートは頂点の時期を迎え始める事となった。1977年のアルバム『ヘヴィ・ウェザー』ではジャコのベース・ソロとドラミングが炸裂する「ティーン・タウン」が収録され、一躍ベーシストからの注目を集める事となり、「バードランド」ではベースによるピッキング・ハーモニクスなどの斬新な手法でメロディー・ラインを弾くなど、ポップなサウンドはジャズ・ファン以外にもフュージョン・ファンへも層を広げ、支持されるようになっていった。『ヘヴィ・ウェザー』発売後、ドラマー及びパーカショニストとして在籍していた アレックス・アクーニャ とパーカショニストのマノロ・バドレナがグループを離れてしまい、一時期メンバーは過去最少の3人になってしまう。そして1978年のアルバム『ミスター・ゴーン』では、まだ正式メンバーになる前のピーター・アースキンと、トニー・ウィリアムススティーヴ・ガッドらの参加で、当時のフュージョン界でのトップ・ドラマー参加などでも話題を呼び、アルバム・サウンドの方はジョー・ザヴィヌル色が強いシンセ・サウンドとシークエンスが多用されたものになったが、ジャコは「パンク・ジャズ」という曲を提供し、コンポーザーとしての存在感も徐々に示すようになっていた。

ワールド・ツアー[編集]

ピーター・アースキンが正式加入して4人編成となったウェザー・リポートは、この時期になると世界各国へのツアーに出るようになり数多くのライブをこなすグループになっていた。1979年には、アメリカ公演などから厳選されたテイクが2枚組LP アルバム『8:30』に収められ、LPの4面目には最新のスタジオ録音が入っていて、ライブ盤とスタジオ盤での差が余りないアンサンブルとなっていった。

ハバナ・ジャム[編集]

1979年の3月2日から3月4日に渡ってキューバで行われたハバナ・ジャム (Havana Jam) に出演する事になり、この大規模なイヴェントへアメリカ側からは、スティーヴン・スティルス、CBS ジャズ・オールスターズ (CBS Jazz All-Stars)、トリオ・オブ・ドームファニア・オールスターズ、ビリー・スワン (Billy Swan)、ボニー・ブラムレット (Bonnie Bramlett)、マイク・フィネガン (Mike Finnegan)、クリス・クリストファーソンリタ・クーリッジビリー・ジョエルらが参加していて、キューバ側からも、イラケレ、パッチョ・アロンソ (Pacho Alonso)、タータ・ギネス (Tata Güines)、オルケスタ・アラゴン (Orquesta Aragón)などが参加していて、共産圏で行われた初の共同イベントとして歴史的な物となった。この模様はカステラノス (Ernesto Juan Castellanos) によって『ハバナ・ジャム '79 (Havana Jam '79)』として記録されている。そして、ウェザー・リポートの黄金期と言われている1976年から1981年の間は世界各地の大規模なジャズ・フェスティバルへ参加する事が多くなり、ウェザー・リポートが出演するとなると観客動員数も鰻登りになる人気を誇っていた。

ナイト・パッセージ[編集]

アルバム『ナイト・パッセージ』発売前年の1981年ワールド・ツアーではパーカショニストにロバート・トーマス・ジュニアが参加して再び5人編成になり、グループとしてもメンバー各々の実力が均衡してきたため、脂がのりきった状態になっていた。1981年のツアーでは未発売の曲が大半を占めていて、それらの曲は次作アルバム収録曲のリハーサルも兼ねていた。1982年『ナイト・パッセージ』の制作は、ロサンジェルスにあった A&M スタジオ の体育館のように巨大なルーム・サイズを持つAスタジオで行われ、クインシー・ジョーンズなどの音楽業界人も含む沢山のオーディエンスが居る状態でスタジオ・ライブ・レコーディングされたため、1981年のツアーは未発表曲のお披露目的意味合いもあったが、「マダガスカル」だけは、大阪フェスティバル・ホールで収録されたコンサート音源がそのままアルバムにも採用されることになった。

黄金期~解散まで[編集]

アルバム『ウェザー・リポート』が発売される前年の1981年暮れには、黄金期を築いたメンバーだったジャコ・パストリアスが自己のバンド結成のために脱退することになり、それに続きピーター・アースキンもジャコのバンド加入のため脱退してしまった。ジャコは自分のバンド以外にもジョニ・ミッチェルのアルバムやツアーをこなすなど、多方面で活躍するようにもなっていた。そして、ウェザー・リポートは新たなリズムセクションとしてオマー・ハキムヴィクター・ベイリーを迎えて活動を続ける事になった。そのころから世界的にはジャズ/フュージョンに対して1970年代後半のような盛り上がりを見せなくなってきていて、混迷する時代へと入っていった時期でもあった。当然、ウェザー・リポートの音楽性もそれに応じて様々に変化してきて、ゲスト・ミュージシャンに「バードランド」を自分らのアルバムでもカバーしていたマンハッタン・トランスファーなどを招くなど、よりポップな路線も見せ始め、新たなリズム・セクションによりジャズ面よりもフュージョン面が押し出たサウンドになっていった。そして、1986年にはジョー・ザヴィヌルとウェイン・ショーターが、新たなサウンドを求めてそれぞれのバンドを作ることとなり、ウェザー・リポートは解散する事になった。

レコーディング・メンバー[編集]

担当楽器 担当者 原語表記 所属時期 参加アルバム
キーボード ジョー・ザヴィヌル Joe Zawinul 1971-1986 全作品
サックス ウェイン・ショーター Wayne Shorter 1971-1986 全作品
ベース ミロスラフ・ビトウス Miroslav Vitouš 1971-1974 Weather Report 1971, I Sing The Body Electric, Live in Tokyo, Sweetnighter, Mysterious Traveller
アルフォンソ・ジョンソン Alphonso Johnson 1974-1976 Mysterious Traveller, Tale Spinnin', Black Market
ジャコ・パストリアス Jaco Pastorius 1976-1982 Black Market, Heavy Weather, Mr. Gone, 8:30, Night Passage, Weather Report 1982
ヴィクター・ベイリー Victor Bailey 1983-1986 Procession, Domino Theory, Sportin' Life, This is This
ドラムス アルフォンス・ムーゾン Alphonse Mouzon 1971 Weather Report 1971
エリック・グラバット Eric Gravatt 1972-1973 I Sing The Body Electric, Live in Tokyo, Sweetnighter
イシュメル・ウィルバーン Ishmael Wilburn 1974 Mysterious Traveller
レオン・チャンクラー Leon 'Ndugu' Chancler 1975 Tale Spinnin
チェスター・トンプソン Chester Thompson 1976 Black Market
アレックス・アクーニャ Alex Acuña 1976-1977 Heavy Weather
ピーター・アースキン Peter Erskine 1978-1982, 1986 Mr. Gone, 8:30, Night Passage, Weather Report 1982, This Is This
オマー・ハキム Omar Hakim 1983-1986 Procession, Domino Theory, Sportin' Life, This Is This
パーカッション アイアート・モレイラ Airto Moreira 1971 Weather Report 1971
Dom Um Romão Dom Um Romão 1972-1974 I Sing The Body Electric, Live In Tokyo, Sweetnighter, Mysterious Traveller
Alyrio Lima Alyrio Lima 1975 Tale Spinnin
アレックス・アクーニャ Alex Acuña 1975 Black Market, Heavy Weather
マノロ・バドレナ Manolo Badrena 1976-1978 Heavy Weather, Mr. Gone
ロバート・トーマス・ジュニア Robert Thomas Jr. 1980-1982 Night Passage, Weather Report 1982
ホセ・ロッシー Jose Rossy 1983-1984 Procession, Domino Theory
Mino Cinelu Mino Cinelu 1985-1986 Sportin' Life, This Is This

主なゲストミュージシャン[編集]

コンサートツアー時のメンバー変遷[編集]

(1981年6月11日、新宿厚生年金会館)
画像左から Wayne Shorter, Peter Erskine, Robert Thomas Jr., Jaco Pastorius
キーボード サックス ベース ドラムス パーカッション
1971 Joe Zawinul Wayne Shorter Mirosrav Vitouš Alphonse Mouzon Dom Um Romão
1972 Eric Gravatt
1973 Greg Errico
1974 Alphonso Johnson Darryl Brown
Ishmael Wilburn
Skip Hadden
n/a
1975 Chester Thompson Alex Acuña
1976 Jaco Pastorius Alex Acuña Manolo Badrena
1977
1978 Peter Erskine n/a
1979
1980 Robert Thomas, Jr.
1981
1982 Victor Bailey Omar Hakim Jose Rossy
1983
1984 Mino Cinelu

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

アルバム・タイトル 原題 発売年 種類
ウェザー・リポート Weather Report 1971 スタジオ・アルバム
アイ・シング・ザ・ボディ・エレクトリック I Sing the Body Electric 1972 スタジオ + ライブ・アルバム
スウィートナイター Sweetnighter 1973 スタジオ・アルバム
ミステリアス・トラヴェラー Mysterious Traveller 1974 スタジオ・アルバム
テイル・スピニン Tale Spinnin' 1975 スタジオ・アルバム
ブラック・マーケット Black Market 1976 スタジオ・アルバム
ヘヴィ・ウェザー Heavy Weather 1977 スタジオ・アルバム
ミスター・ゴーン Mr. Gone 1978 スタジオ・アルバム
8:30 8:30 1979 ライブ + スタジオ・アルバム
ナイト・パッセージ Night Passage 1980 スタジオ + ライブ・アルバム
ウェザー・リポート Weather Report 1982 スタジオ・アルバム
プロセッション Procession 1983 スタジオ・アルバム
ドミノ・セオリー Domino Theory 1984 スタジオ・アルバム
スポーティン・ライフ Sportin' Life 1985 スタジオ・アルバム
ディス・イズ・ディス This Is This! 1986 スタジオ・アルバム

編集盤、ライブなど[編集]

アルバム・タイトル 原題 発売年 種類
ライヴ・イン・トーキョー Live in Tokyo 1972 ライブ・アルバム
ハバナ・ジャム Havana Jam 1979 ライブ・アルバム
ハバナ・ジャム II Havana Jam II 1979 ライブ・アルバム
ライブ・アンド・アンリリースド Live and Unreleased 2002 ライブ・コンピレーション・アルバム
フォーキャスト:トゥモロー Forecast: Tomorrow 2006 コンピレーション・アルバム

ビデオグラフィ[編集]

タイトル 原題 発売年
フォーキャスト:トゥモロー Forecast: Tomorrow DVD 2006
ライブ・アット・モントルー 1976 Live at Montreaux 1976 DVD 2007

外部リンク[編集]