ウェス・モンゴメリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェス・モンゴメリー
基本情報
出生名 John Leslie Montgomery
出生 1923年3月6日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
インディアナ州インディアナポリス
死没 1968年6月15日
ジャンル ジャズ
担当楽器 ギター
レーベル リバーサイド・レコード, ヴァーヴ・レコード, CTIレコード
著名使用楽器
ギブソン L-5

ウェス・モンゴメリー[1]Wes Montgomery1923年3月6日 - 1968年6月15日)は、アメリカジャズギタリストオクターブ奏法で一世を風靡した。

経歴[編集]

1923年3月6日、インディアナ州インディアナポリス生まれ(三男)。

生活費を稼ぐために地元のライブハウスなどでの演奏活動を開始する。1948年ライオネル・ハンプトン楽団に参加するものの、1950年に退団、インディアナポリスに戻る。1959年にキャノンボール・アダレイとの共演でブレイクする。アルバム『インクレディブル・ジャズ・ギター』もこの年に録音されている。

その後も、ビ・バップのスタイルで『フルハウス』などの作品をリリースしていたが、1967年に『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』でイージーリスニング路線に転向、セールス面でも成功する。1968年に死亡。死因は心臓病説・ドラッグ説・過労説など諸説ある。

プレイ・スタイル[編集]

親指1本でピッキングを行なうのが最大の特徴。

チャーリー・クリスチャンによって初めてエレキ・ギターでの単音弾きのソロがジャズに持ち込まれたわけだが、ウェスはそのスタイルを大幅に進化・成熟させて、ジャズ・ギターの礎を築き上げた。それまでアクセント的に使われるだけだったオクターブ奏法を頻用しジャズ・ギターの代名詞にまで引き上げ、シングル・ノートはもちろんのこと、ダイナミックなコード奏法を織り交ぜたスタイルは、ウォームながらドライヴ感のある音色とともに、現在までのジャズ・ギター・シーンに決定的な影響を与えている。

ウェスの代名詞とも言えるオクターブ奏法では、1オクターブユニゾンでメロディーやソロを弾く。ソロ演奏時のおおまかな流れとして、シングルトーンソロからオクターブ奏法によるソロ、そして、コードソロの順に演奏し、ソロをダイナミックに盛り上げていくスタイルはウェスの特徴とも言え、残された録音の多くがそのスタイルで演奏されている。 ウェスによるオクターブ奏法は、ギターの1と3弦、2と4弦、3と5弦、4と6弦のオクターブを使い、それ以外のオクターブ運指は使われない。また、1と3弦、2と4弦は人さし指と小指、それ以外は人さし指と薬指で弾かれている。

ウェスの運指は、オクターブ奏法やコード演奏時以外左手小指が使われていない事が特徴的である。また、ウェスの演奏は、親指のみによるピッキングの為でもあるが、スライド、ハンマリングやプリングが多用されている。これらの運指は、ウェス独特のスウィング感に繋がる大きな要素である。

彼のソロでシングルノートラインはオクターブ奏法程ウェスの特徴として語られないが、ウェス以降のジャズギタリスト達はほぼ全てと言って良い程ウェスの影響下にあり、それそのものがジャズギターとしてのアイデンティティーを確立したためである。

ウェスの使用していたギブソン(Gibson)のギター、L5-CESには一弦側のカッタウェイ部分にハート型のインレイが施されていたのが特徴的で、彼の晩年までの愛器となった。近年、ウェス・モンゴメリーモデルとして、本人が使用していたギターを精密に再現したギターがギブソン・カスタムショップによって限定発売された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 原語では「モントゴメリー」が正しい発音で「モンゴメリー」は正しくないと言う人がいるがそれは誤り。Montgomeryは仏語起源の名でtはもともと発音されない。ただ英語ではtを発音する人もいる。

関連項目[編集]