ネットレーベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネットレーベルとは、インターネット上で運営されているレコードレーベルのこと。オンラインレーベルとも呼ばれる。

個人や極めて少ない人員によって運営されているものが多く、いわゆるインディペンデントレーベルと同じようなスタンスで、レーベルごとに非常に限定されたジャンルの楽曲を扱うものが殆ど。また、現在ネット上で見られるネットレーベルの多くがテクノエレクトロニカアンビエント等の電子音楽に特化したものであるのも特徴的である。これはテクノミュージックの台頭や、そのテクノミュージックをコンピュータで作るアマチュアのミュージシャンの増加、コンピュータ上で作られた音楽がデジタルデータであることによるインターネットとの親和性が上げられるが、後述のようにその生い立ちにも大きな要因があると思われる。

リリース形態[編集]

通常のCDのようにアルバムシングル単位で一つの作品としてリリースするのが一般的。インターネットを通してのみ楽曲を提供する場合が多く、現在その殆どがクリエイティブ・コモンズのライセンス下でMP3Ogg等のデータファイルの配信によってリリースされており、通常、無料で楽しむことが可能である。

主なファイルフォーマット[編集]

  • MODフォーマットによるもの (初期のネットレーベルによくみられる)
    • MOD
    • S3M
    • IT
    • XM
  • 非可逆圧縮フォーマットによるもの (現在主流のファイルフォーマット)

ネットレーベルの歴史[編集]

初期[編集]

ネットレーベルの歴史は意外と古く、その原型はコンピューターゲームデモシーンと呼ばれる音楽を伴ったコンピュータグラフィックスアニメーションカルチャーに端を発する。このデモシーンでは、製作者同士がお互いに自分の作ったデモと呼ばれる作品を見せ合い、評価するパーティーが頻繁に行われたが、次第にそういったパーティーで発表されたデモをMOD形式の音楽ファイルと、作品ごとに異なるビジュアルエフェクトを内蔵した専用のプレーヤーソフトを一つにまとめたミュージック・ディスクという形態でインターネット上で発表するようになった。

ネットレーベルの下地はこういったミュージック・ディスクや、それに含まれているMOD形式の音楽そのものを発表していったグループによって築かれていった。また、そういった黎明期に興されたグループには未だ活動をしているものもある。(デモシーンの初期の作品にはコンピューターゲームに強く影響を受けたものや、コンピューターゲームそのものを改造したものが多くあり、MODというファイルフォーマットの特性とも相まって、後々までゲームミュージック風な音楽やテクノ等の電子音楽がBGMとして使われていることが多かった。現在もテクノの流れを汲むネットレーベルが多いのは、こういうバックグラウンドが少なからず影響しているのではないかと思われる。)

デモシーンの流れを汲むグループ、または初期のネットレーベルとしてKosmic Free Music Foundation (1991 ~ 1999)や、Five Musicians (1995 ~ 2000)、Tokyo Dawn Records (1997 ~)が挙げられる。

現在[編集]

前述のように、初期にはMODで配信されていたリリースも、ブロードバンドの普及や、音楽製作環境の変化によって次第にMP3で発表されることが増えた。このことによって一般的なメディアプレーヤー でも楽曲を再生することが可能になり、リスナーが大幅に増えたが、一方で古くから続いていたネットレーベルのいくつかが密かに活動を停止していったのも、この頃である。

また、発表される楽曲のレベルも向上しており、ネットレーベルからリリースを続けていたアーティストがレコードレーベルと契約をし、CDやレコード等を発表することも増えてきている。

ネットレーベルのリスト[編集]

ネットレーベル一覧を参照。

関連項目[編集]