アンソニー・ジャクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンソニー・ジャクソン
Anthony Jackson.jpg
基本情報
出生名 Anthony Claiborne Jackson
出生 1952年6月23日(61歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク市
ジャンル ジャズ, フュージョン, R&B
担当楽器 エレクトリックベース/6弦ベース
活動期間 1970年代 -
著名使用楽器
Anthony Jackson Presentation Contrabass Guitar (Fodera)

{{{Influences}}}

アンソニー・クレイボーン・ジャクソン(Anthony Claiborne Jackson, 1952年6月23日 -)はアメリカニューヨーク州ニューヨーク市出身[1]エレクトリックベース奏者で、特に6弦ベース(コントラバス・ギター)奏者として知られている。

30年以上の活動経歴を持ち、ファースト・コール・ミュージシャンとして知られている。

バイオグラフィ[編集]

モータウンのハウス・エレクトリックベーシスト、ジェイムス・ジェマーソンの影響で、ベースを演奏するようになる。1964~'65年にギターをジェリー・フィッシャーに、1969年にローレンス・ラリー・ルーシーと1973年にパット・マルティーノに理論を学ぶ。[1]

1970年代半ばにリーリトナー&ジェントルソウツアル・ディ・メオラのレコーディングに参加して話題となり、以後様々なジャンルのミュージシャンとレコーディングやセッションをしている。日本人アーティストとは、深町純日野皓正のアルバムでピック弾きによる印象的な演奏を残し、2000年代には矢野顕子の公演で定期的に来日して共演している。

2010年には初のソロ作をギリシャ人のベーシスト、ヨルゴス・ファカナスと共作し、Interspirit(Abstract Logix)をリリースした。

2011年、日本人ピアニスト上原ひろみサイモン・フィリップスと共に東京ジャズに出演した(ちなみに上原とは以前から親交がある)。2011年後半は、ジャズピアニスト上原ひろみのVOICEツアーに参加。

リファランス[編集]

  1. ^ a b liner notes for Interspirits (2010)