ジャック・ディジョネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・ディジョネット
}
基本情報
出生名 Jack DeJohnette
出生 1942年8月9日(71歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州
シカゴ
ジャンル ジャズ
担当楽器 ドラム
活動期間 1961年-
レーベル マイルストーン・レコード
プレスティッジ・レコード
ECMレコード
MCAレコード
ブルーノート・レコード
コロムビア・レコード
共同作業者 チャールズ・ロイド
ビル・エバンス
マイルス・デイヴィス
ジョン・アバークロンビー
キース・ジャレット

ジャック・ディジョネットJack DeJohnette , 1942年8月9日-)は、アメリカジャズ・ミュージシャン、ドラマーピアニスト

略歴[編集]

アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれ。ドラムンベースのパターンを比較的初期に生み出している。

1960年代半ばよりR&Bのバンドや幾多のジャズのグループ、ロスコー・ミッチェルのAACMに参加したのちサン・ラジャッキー・マクリーンリー・モーガンチャールズ・ロイド・カルテットなどのグループでキャリアを構築した。チャールズ・ロイド・カルテットではキース・ジャレットと一緒の時期を過ごした。また、ビル・エバンスとのピアノトリオでの録音も残している(『at the Montreux Jazz Festival』)。

1968年トニー・ウィリアムスの後任としてマイルス・デイヴィスのグループに選ばれる。レコーディング作品『ビッチェズ・ブリュー』や『オン・ザ・コーナー』などの歴史的名盤に参加、いわゆるエレクトリック・マイルス・サウンドの構築者としてだけではなく白人ヒッピーの聴衆の前でもフィルモアやイギリスのワイト島のフェスティヴァルに参加して演奏の録音をのこしている。

マイルス・ディヴィス・グループを抜けた1970年代前半にはECMレコードにてデイヴ・ホランドと共にチック・コリアのレコーデイングに参加、自己のグループではギタリストのジョン・アバークロンビーと組み、ディレクションズ、ニュー・ディレクションズの2つのグループで活動し、レスター・ボウイディヴィッド・マレイらとのスペシャル・エディション、ジョン・サーマンやまたゲイリー・ピーコックと共にキース・ジャレットとのスタンダーズ・トリオの活動の録音作品等を残している。

現在もハービー・ハンコックマイケル・ブレッカージョン・スコフィールドら、ジャズ界のトップ・アーティスト達の活動を支えるファースト・コール・ドラマーとして活躍している。

幼い頃からピアノも学んでおり、鍵盤ハーモニカを演奏した1968年のリリース作品『Jack Dejohnette Complex』ではロイ・ヘインズ1974年発表のアルバム『ジャッキーボード』では、ドラムをジョージ大塚に任せ、ジャックはピアノとを担当している。パット・メセニー曰く「マッコイ・タイナーのようなスタイル」。また、余技としてベース演奏もこなし、かなりの腕前である。

2000年代中頃から、プライベート・レーベルGolden Beamsを運営し、自身の作品をリリースしている。

ディスコグラフィー[編集]

リーダー作[編集]

双頭リーダー作[編集]

With Gateway (with John Abercrombie and Dave Holland) (英語)

With David Murray

With Foday Musa Suso

  • Music from the Hearts of the Masters (Golden Beams, 2005)

With Trio Beyond (with John Scofield and Larry Goldings)

With John Patitucci and Danilo Perez

  • Music We Are (with DVD, Golden Beams, 2009)

With The Super Premium Band (with Kenny Barron and Ron Carter)

  • Sounds of New York (Eastwind, 2011)

セッション他[編集]

With John Abercrombie

  • Timeless (ECM, 1974) (英語)
  • Night (ECM, 1984) (英語)

With George Adams

With Cannonball Adderley

With Geri Allen

  • The Life of a Song (2004)

With Chet Baker

  • She Was Too Good to Me (1974)

With Richard Beirach

  • Elm (ECM, 1979) (英語)
  • Trust (1993)

With George Benson

  • Beyond the Blue Horizon (1971)
  • Body Talk (1972)

With Joanne Brackeen

  • Keyed In (1979)
  • Ancient Dynasty (1980)
  • Special Identity (1981)

With Michael Brecker

With Henry Butler

With Alice Coltrane and Carlos Santana

With Compost

  • Compost (1971) (英語)
  • Life Is Round (1973)

With Bill Connors

With Chick Corea

  • Is (1969)
  • Sundance (1969) (英語)

With Miles Davis

With Paul Desmond

With Eliane Elias

  • Cross Currents (1987)

With Bill Evans

With Antonio Farao

  • Thorn (2000)
  • Evan (2013)

With Joe Farrell

With Chico Freeman

  • The Outside Within (India Navigation, 1978) (英語)
  • Freeman & Freeman (1981)
  • Tradition in Transition (1982)

With Jan Garbarek

With Stan Getz

With Benny Golson & The All American Trio

  • This Is for You, John (recorded 1983; BMG Japan, 2009)

With Mick Goodrick

With Johnny Hammond

With Herbie Hancock

With Joe Henderson

With Dave Holland

With Freddie Hubbard

With D. D. Jackson

  • Anthem (1999)

With Keith Jarrett

With Hank Jones Great Jazz Trio

  • Speak Low (2005)

With Steve Khan

  • Got My Mental (1996)

With Eric Kloss

With Eero Koivistoinen

  • Picture in Three Colours (1983)
  • Altered Things (1992)

With Lee Konitz

  • Peacemeal (1969)
  • Satori (1974) (英語)

With Steve Kuhn

  • Trance (ECM, 1974) (英語)

With Hubert Laws

With Dave Liebman

  • Trio + One (1988)

With Charles Lloyd

With Joe Lovano

With Harold Mabern

  • Straight Street (1989)
  • The Leading Man (1993)

With Rudresh Mahanthappa & Bunky Green

  • Apex (2010)

With Michael Mantler

  • The Hapless Child and Other Inscrutable Stories (1976)

With Lyle Mays

  • Fictionary (1992)

With John McLaughlin

With Jackie McLean

With Pat Metheny

With Kalman Olah

  • Always (2006)

With Gary Peacock

With Chris Potter

  • Unspoken (1997)

With Teri Roiger

  • Misterioso (1998)

With Sonny Rollins

With Terje Rypdal

With John Scofield

With Don Sebesky

With Wayne Shorter

  • Super Nova (1969) (英語)
  • Tribute to John Coltrane: Live Under the Sky (1987)

With Wadada Leo Smith

  • Golden Quartet (2000)
  • America (Tzadik, 2009)

With John Surman

With Steve Swallow

  • Real Book (1993)

With Gábor Szabó

  • Mizrab (CTI, 1972) (英語)

With Szakcsi Generation

  • 8 Trios for 4 Pianists (2005)

With Bobby Timmons

With Ralph Towner

  • Batik (ECM, 1978) (英語)

With Stanley Turrentine

With McCoy Tyner

With Miroslav Vitous (英語)

With Collin Walcott

With Bennie Wallace

  • Twilight Time (1985)

With Cedar Walton

  • Spectrum (Prestige, 1968)
  • All American Trio (Baystate (Japan), 1983)

With Peter Warren

  • Solidarity (1981)

With Sadao Watanabe

With Ernie Watts

  • Unity (JVC, 1996)

With Kenny Werner

  • A Delicate Balance (1997)

With Kenny Wheeler

With the World Saxophone Quartet

With Joe Zawinul

  • Joe Zawinul (1971)

Awards[編集]

In 2012 DeJohnette was named a Fellow of United States Artists.[1]

[編集]

外部リンク[編集]