シダー・ウォルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シダー・ウォルトン
基本情報
出生 1934年1月17日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ダラス
死没 2013年8月19日(満79歳没)
ジャンル モダンジャズ
担当楽器 ピアノ
シダー・ウォルトン(2001年)

シダー・ウォルトンCedar Walton, 1934年1月17日 - 2013年8月19日)は、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のモダンジャズピアノ奏者。

大学卒業後、1955年頃にニューヨークへ出た彼は、2年間軍隊で過ごした後にケニー・ドーハムのバンドに加わり活動を始めた。以後アート・ファーマーベニー・ゴルソンのジャズテットやジジ・グライスジョン・コルトレーンの『ジャイアント・ステップス』の録音に参加した。

1960年代の初め、ピアニスト、アレンジャーとしてアート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズに3年間籍を置きウェイン・ショーターフレディ・ハバードカーティス・フラーらと活動をともにした。ジャズ・メッセンジャーズ時代には『ugetsu』など日本にちなんだ曲も作っている。1964年にジャズ・メッセンジャーズを脱退後は様々なミュージシャンと演奏を行っており、サム・ジョーンズビリー・ヒギンスらと日本にも来日している。日本のミュージシャンでは渡辺貞夫笠井紀美子山本剛鈴木勲らと共演した。

強く弾いても音の美しさが崩れない、「鈴の音」と形容されるピアノタッチが彼の特色。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]