ジジ・グライス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジジ・グライス
基本情報
出生 1925年11月28日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州 ペンサコラ
死没 1983年3月14日(満57歳没)
ジャンル ビバップ
担当楽器 サクソフォンクラリネットフルート

ジジ・グライスGigi Gryce, 1925年11月28日 フロリダ州 ペンサコラ — 1983年3月14日 同地)はアメリカ合衆国ジャズ・ミュージシャン。本名はジョージ・ジェネラル・グライス・ジュニア(George General Grice, Jr.)。多才なマルチプレイヤーとして知られ、サクソフォンクラリネットフルートを演奏するかたわら、さらに作曲編曲も手懸け、バンドリーダーとしてビッグバンドを率いたり、さらには教育者を務めたりもした。演奏家としての経歴は比較的短く、同世代の他のミュージシャンに比べると、演奏活動についてはほとんど知られていない。しかしながら、《マイノリティ(Minority)》や《ソーシャル・コール(Social Call)》、《ニカズ・テンポ(Nica's Tempo)》などのいくつかの楽曲は広くカバーされており、主流派のジャズ・ミュージシャンが出揃う演奏会場では、しばしば耳にすることができる。グライスの作風は、和声の選び方において、同時代ではタッド・ダメロンベニー・ゴルソンホレス・シルヴァーの作風に近い。グライスが演奏や編曲・作曲に携わった期間は、ハード・バップの古典時代(だいたい1953年から1965年)に合致する。

略歴[編集]

ジャズ・ミュージシャンではあったものの、戦後1947年9月15日)にボストン音楽院に入学して、クラシック音楽の作曲法をアラン・ホヴァネスダニエル・ピンカムに師事し、1952年6月6日に音楽学士号を得て修了した。在学中は、多数の交響楽や室内楽を創作した筈である。ボストンでは、地元の音楽教師マーガレット・チャロフ(サクソフォン奏者サージ・チャロフの実母)にも作曲の指導を受けている。さらに、フルブライト奨学金を得てパリ留学し、ナディア・ブーランジェアルテュール・オネゲルの薫陶を受けた[1]

1950年代には、もっぱらアルト・サクソフォン奏者として、斬新なビバップ奏法でいくらか名を馳せた。当時のグライスの共演相手には、セロニアス・モンクタッド・ダメロンライオネル・ハンプトンドナルド・バードクリフォード・ブラウンアート・ファーマーハワード・マックギーリー・モーガンマックス・ローチオスカー・ペティフォードテディ・チャールズベニー・ゴルソンらがいる。1955年には、トランペット奏者のドナルド・バードを迎えて、ジャズ・ラブ・クィンテット(the Jazz Lab Quintet)を結成している[1]

グライスは、1950年代イスラム教改宗して、名前もバシール・カシム(Basheer Qusim)に改めた。1960年代初頭までにジジ・グライスと名乗るのを止め、部分的には、経済状態や心理状態に対する私生活での問題も手伝って、演奏界から身を退いた。最晩年には、ロング・アイランドニューヨーク・シティの公立学校で教鞭を執っている。グライスの生涯で最後の勤務先となった、ニューヨーク州ブロンクス区168番街にある市立第53小学校は、その遺功を讃えて、バシール・カシム・スクール(the Basheer Qusim School)に改名された。

註釈[編集]

  1. ^ a b Gryce, Gigi, The New Grove Dictionary of Jazz, Edited by Barry Kernfeld, St. Martin's Press, New York, 1988

外部リンク[編集]