クリフォード・ジョーダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリフ・ジョーダン、クリフォード・ジョーダン
基本情報
出生 1931年9月2日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マンハッタン
死没 1993年3月27日(満61歳没)
担当楽器 テナー・サックス

クリフ・ジョーダンCliff Jordan)もしくはクリフォード・ジョーダンClifford Laconia Jordan, 1931年9月2日 シカゴ - 1993年3月27日 マンハッタン)はジャズサクソフォーン奏者。

略歴[編集]

最初期からほとんどテナーサクソフォンを自分の楽器としてきた。シカゴ周辺でマックス・ローチソニー・スティットのほか、いくつかのリズム・アンド・ブルースのバンドとも共演した後、1957年ニューヨーク・シティに移る。強烈な印象を与えてブルー・ノート・レーベルに3つのアルバムを吹き込んだほか、ホレス・シルヴァーJ・J・ジョンソンケニー・ドーハムマックス・ローチと演奏旅行を行なった。リーダーとしてだけでなく、サイドマンとしても録音に携わり、リー・モーガンポール・チェンバースらのアルバムに参加している。

1964年チャールズ・ミンガス・セクステットの一員としてエリック・ドルフィーとともにヨーロッパで演奏してからは、おおむねリーダーとして活動したが、アヴァンギャルド・ジャズに対して影響力を持たず、またその主導者でもなかったので、見下されがちであった。信頼すべき演奏家ではあったので、何度かヨーロッパに演奏旅行を行ない、1974年から1975年までシダー・ウォルトン主宰のカルテットに加わり、最晩年にはビッグバンドを率いた。

クリフォード・ジョーダンの録音は、ブルー・ノートのほかに、リヴァーサイドやジャズランド、アトランティック、ストラータ・イースト、ミューズ、スティープルチェイス、クリス・クロス・ジャズ、ビー・ハイヴ、マイルストーン、メイプルシェイドなどのレーベルから入手できる。