意味がなければスイングはない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
意味がなければスイングはない
著者 村上春樹
発行日 2005年11月25日
発行元 文藝春秋
ジャンル 評論
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 296
コード ISBN 978-4-16-367600-5
テンプレートを表示

意味がなければスイングはない』(いみがなければスイングはない)は、村上春樹の音楽評論集。

2005年11月、文藝春秋より刊行された。季刊オーディオ専門誌『Stereo Sound』(株式会社ステレオサウンド)に連載された評論をまとめたものである。表紙の絵は、「The Back Guild」シリーズのイラスト(SHERIDAN SQUARE RECORD社)。2008年12月、文春文庫として文庫化された。

タイトルは、デューク・エリントンの作品「スイングがなければ意味はない  (It Don't Mean a Thing If It Ain't Got That Swing 」に由来する。あとがきで村上は「ただの言葉遊びでこのタイトルをつけたわけではない」「この場合の『スイング』とは、どんな音楽にも通じるグルーヴ、あるいはうねりのようなものと考えていただいていい」と述べている。

内容[編集]

タイトル 初出 備考
シダー・ウォルトン
――強靱な文体を持ったマイナー・ポエト
『Stereo Sound』2003年春号
ブライアン・ウィルソン
――南カリフォルニア神話の喪失と再生
『Stereo Sound』2003年夏号 ザ・ビーチ・ボーイズが1970年代はじめに発表した2枚のアルバム『サンフラワー』と『サーフズ・アップ』に、多くのページが割かれている[注 1]
シューベルトピアノソナタ第十七番二長調」D850
――ソフトな混沌の今日性
『Stereo Sound』2003年秋号 「シューベルトの数あるピアノ・ソナタの中で、僕が長いあいだ個人的にもっとも愛好している作品は、第十七番二長調D850である。自慢するのではないが、このソナタはとりわけ長く、けっこう退屈で、形式的にもまとまりがなく、技術的な聴かせどころもほとんど見当たらない」と村上は述べている[注 2]
スタン・ゲッツの闇の時代 1953-54 『Stereo Sound』2003年冬号 ジョン・コルトレーンがあるときスタン・ゲッツの演奏を聴いて言ったという言葉が紹介されている。「もし我々が彼のように吹けるものなら、一人残らず彼のように吹いているだろうな」とコルトレーンは言ったという[2]
ブルース・スプリングスティーンと彼のアメリカ 『Stereo Sound』2004年春号
ゼルキンルービンシュタイン 二人のピアニスト 『Stereo Sound』2004年夏号
ウィントン・マルサリスの音楽はなぜ(どのように)退屈なのか? 『Stereo Sound』2004年秋号 「僕はキース・ジャレットの音楽の胡散臭さ[注 3][注 4]よりは、ウィントン・マルサリスの音楽の退屈さの方を、ずっと好ましく思っている。そして同じ退屈さでも、チック・コリアの音楽の退屈さよりは、こちらの方がよほど筋がいいと感じている」と村上は述べている[5]
スガシカオの柔らかなカオス 『Stereo Sound』2004年冬号
日曜日の朝のフランシス・プーランク 『Stereo Sound』2005年春号 「私は詩が含んだ問題点を、音楽のレベルで解消するために、知性という手段に頼ったことはない。(中略) 詩を歌に移し替えることは、愛の行為であって、便宜的な婚姻ではないのだ」とプーランクは言っていたという[注 5]
国民詩人としてのウディー・ガスリー 『Stereo Sound』2005年夏号

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 村上は『村上ソングズ』(中央公論新社、2007年12月)において、『サーフズ・アップ』に収録されたブルース・ジョンストン作の "Disney Girls (1957)" の歌詞を訳している。
  2. ^ 海辺のカフカ』の登場人物の一人はこの曲をかけながらこう話す。「シューベルトというのは、僕に言わせれば、ものごとのありかたに挑んで敗れるための音楽なんだ。それがロマンティシズムの本質であり、シューベルトの音楽はそういう意味においてロマンティシズムの精華なんだ」[1]
  3. ^ 村上のエッセイ集『やがて哀しき外国語』(講談社)にはこう書かれてある。「キース・ジャレットたち六〇年代の世代にとっては、音楽というのは戦い取るものだった。(中略) 僕は正直に言って、キース・ジャレットという演奏家の『創造性』をあまり高くは評価しない人間だけれど、それでもそこに『創造性』への希求があったことを認めるのにやぶさかではない」[3]
  4. ^ 長編小説『ねじまき鳥クロニクル』(新潮社)には以下の記述がある。「天井の真っ黒なボーズのスピーカーからはキース・ジャレットのいささかまわりくどいソロピアノが小さな音で流れていた」[4]
  5. ^ 村上は短編「日々移動する腎臓のかたちをした石」において、二人の登場人物にこのプーランクの言葉を述べさせている。主人公の淳平は「職業というのは本来は愛の行為であるべきなんだ。便宜的な結婚みたいなものじゃなくて」と言い[6]、キリエはラジオのインタビューで「高いところにいるのが私の天職です。それ以外の職業が頭に浮かびません。職業というのは本来、愛の行為であるべきなんです。便宜的な結婚みたいなものじゃなく」と答えている[7]

出典[編集]

  1. ^ 『海辺のカフカ』上巻、新潮文庫、235頁。
  2. ^ 本書、文春文庫、102頁。
  3. ^ 『やがて哀しき外国語』講談社文庫、115頁。
  4. ^ 『ねじまき鳥クロニクル』第3部、新潮文庫、92頁。
  5. ^ 本書、文春文庫、198頁。
  6. ^ 東京奇譚集』新潮社、2005年9月、133頁。
  7. ^ 『東京奇譚集』前掲書、152頁。

関連項目[編集]