増尾好秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
増尾好秋
基本情報
出生 1946年10月12日(67歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
担当楽器 ギター

増尾好秋(ますお よしあき、1946年10月12日 -)は日本のギタリストジャズ/フュージョンの分野で活動し、ソニー・ロリンズバンドのメンバーとしても有名。ニューヨーク在住。

来歴[編集]

東京都出身。父はジャズ・ピアニストだが、幼い頃は特に音楽教育を受けていない。中学3年生の頃ガット・ギターを始める。その後バーニー・ケッセルの影響を受けてジャズに傾倒。

1965年早稲田大学に入学。増尾の所属していた音楽サークルの同期にはタモリがいた。大学在学中、ヤマハ主催のコンテストに出場し、そこで渡辺貞夫に認められる。そして、1968年1月、渡辺貞夫のバック・ギタリストとして初のレコーディングを経験。1969年には自身のデビュー作『バルセロナの風』発表。渡辺のグループには1971年まで在籍した。

1971年渡米。エルビン・ジョーンズのアルバム『メリー・ゴー・ラウンド』に参加。その後、リー・コニッツとの共演を経て、1973年から1976年までソニー・ロリンズのバンドに在籍。

1977年キングレコード傘下のフュージョン・レーベル、エレクトリック・バードの第一弾アーティストとして契約。翌年、デイヴ・グルーシンスティーヴ・ガッドなどがゲスト参加したアルバム『Sailing Wonder』がヒット。1980年のアルバム『The Song is You and Me』にはヤン・ハマーブレッカー・ブラザーズがゲスト参加し、ヤン・ハマーとはその後のライブでも共演。

1980年代前半には、再びソニー・ロリンズと活動。

1990年代にはロン・カーターレニー・ホワイトなどと共演。2004年には旧友・鈴木良雄のアルバム『Moon and Breeze』に参加。

1980年代なかばから2008年まで、ニューヨークのソーホー地区に本格的なレコーディングスタジオ The Studio を所有し、プロデューサーとしても活躍。スタジオでの仕事が思っていた以上に忙しくなってしまい、思うように演奏活動できない状況が二十数年間続いた。

2008年の The Studio 閉鎖により、演奏活動に完全復帰。同年夏に、セルフレーベルSunshine Ave. Labelの第1弾として自身の10年ぶりのリーダーアルバム『Life is Good』を発表。翌2009年には『I'm Glad There is You』を発表。

2012年6月より、約30年ぶりに自己のオリジナルバンド「Power Spot」を結成し、日本での本格的なバンド活動を再開した。

作品[編集]

  • バルセロナの風(1969年)
  • 24(1971年)
  • 111 Sullivan Street(1976年)
  • Sailing Wonder(1978年)
  • Sunshine Avenue(1979年)
  • Good Morning(1979年)
  • Masuo Live(1980年)
  • The Song is You and Me(1980年)
  • Finger Dancing(1981年)
  • Mellow Focus(1982年)
  • Masuo(1989年)
  • Lush Life - Billy - Tokyo(1990年)
  • A Subtle One(1991年)
  • Just Like Old Times(1993年)
  • Are You Happy Now(1998年)
  • Life is Good(2008年)
  • I'm Glad There is You(2009年)
  • AROUND THE WORLD (2011年) ※ベイシスト鈴木良雄との共同発売

外部リンク[編集]