エリック・ゲイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリック・ゲイル
エリック・ゲイル 1976年7月に}
エリック・ゲイル 1976年7月に
基本情報
出生 1938年9月20日
ニューヨーク州ブルックリン市
死没 1994年5月25日(満55歳没)
メキシコ、バハ・カリフォルニア州
ジャンル ブルース, ジャズ,ロック ポップ フュージョン
職業 セッション・ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1964年~1994年前半
レーベル CTI Record, CBS Sony, JVC, Electra Record
共同作業者 クリード・テイラーCTI)、クインシー・ジョーンズアレサ・フランクリンパティ・オースティンダイアナ・ロスヴァン・マッコイダニー・ハサウェイロバータ・フラックグローバー・ワシントン・ジュニアポール・サイモンスタッフ(STUFF)

{{{Influences}}}

エリック・ゲイルEric Gale1938年9月20日 - 1994年5月25日)は、1950年代後半から1990年代前半に活躍したアメリカを代表するセッション・ギタリスト。

CTIやモータウンで多くのミュージシャンと共演し、ジャンルを問わないレコーデイング・アーティストとして知られ多くのアーテイスト達に多大な影響を与え数多くの有名アーティストと共演している。楽業界においては伝説の人、偉大なギタリストでありギターの神様と言い伝えられている。1994年メキシコバハ・カリフォルニア州にてで死去(55歳)。

バイオグラフィ[編集]

概略[編集]

カリブ海バルバドス島出身の祖父母を持つ白人系の父(アイリュシュ、フレンチ、スコットランド。イタリアン、ベネズエラ)とアフリカン・アメリカンの母との間に、1938年9月20日ニューヨーク州ブルックリンに誕生した。幼い頃はカトリック系のスクールに通いヴァイオリンのレッスンを受けながらクラシック音楽を学び、スクールでは成績が優秀だったため小学校から高校へ飛級。ハイスクールへ通いながらブルックリン音楽院で更に音楽を学ぶ。当時ラッキーだったのは知人の紹介でジョン・コルトレーンを紹介され毎日ジョン・コルトレーンの家で偉大な先輩達のセッションを見聴した青春時代はゲイルの魂の財産となり限りない叡智の世界へ開花させた。

ジョン・コルトレーンは来日したとき持ち帰った高橋竹山のレコードをエリックに聴かせながら三味線とギター絃の違いを熱心に教えたと伝えられている。ゲイル節といわれる独特なギター・フレーズはジョン・コルトレーンからの影響が大きい。その後、母親の希望で医者になるためにボストン・カレッジに入学。2年後、自身の希望で化学、心理学を学ぶためにニューヨークナイアグラ・カレッジに転校し学業に専念したが、カレッジ卒業後は音楽を本職に変えミュージシャンとしてブルックリンのライブ・ハウスで音楽活動をスタートする。その頃ウッドベース奏者として活動を始めたが大きなウッドベースを抱え地下鉄の乗り降りをするのが大変なためギターに変えて仕事をはじめた。

1963年にゲイルが崇拝していたジョン・F・ケネディ大統領の暗殺、1967年には最愛の恩師ジョン・コルトレーンの死去、翌年1968年マーティールーサー・キング牧師の暗殺。これらの事件はゲイルにとってあまりにも大きな哀しみであった。1970年3月16日にマービン・ゲイとのライブ・ステージでタミー・テレルは突然倒れて亡くなりマービン・ゲイをはじめ多くのファンが悲しみに沈んだがその時、同じステージに立っていたゲイルも友人であったタミーの突然の死に大きなショックを受けた。当時、セッション・メンとして数々のヒットを音楽界に送り出していたゲイルは1971年から青い海と夕陽の美しいジャマイカのネグリルに移り住み自然に囲まれた生活の中でフュージョン音楽の創作に取り組んでいた。

セッション活動による来歴[編集]

  • エリック・ゲイルは1950年代後半から「ザ・ドリフターズ、ジャッキー・ウイルソン、ザ・フラミンゴス、マキシー・ブラウン、リトル・アンソニー、アイズレー・ブラザース、ジェイムス・ブラウン、リトル・リチャード」等のセッション・ミュージシャンとして仕事をスタートした。
  • 1962年に復帰したロックの王様リトル・リチャードが再びステージに立ちビック・コンサートが行われたが当時は無名のジミ・ヘンドリックスとエリック・ゲイルがバック・ミュージシャンとしてプレイしていた。その時のコンサートの前座を務めたのが無名時代のビートルズ。
  • 1965年にアレサ・フランクリンの"Respect"はグラミー賞「ベスト・リズム& ブルース、レコーディング部門」を受賞した。
  • 1966年にクリード・テイラーに認められCTIレコードのサイドマンとして活躍。1972年にクリード・テイラーのプロデュースにより自己アルバムのFor Castを発表。
  • 1969年にエリック参加によるクインシー・ジョーンズのアルバムWalking in Space(1973年)、You've Got It Bad GirlBody Heatはミリオン・コピーの売り上げと6ヶ月間アルバム・チャート1位となった。
  • 1970年にレコーディングされたダイアナ・ロスの"Reach Out and Touch"、続く2ndシングル"Ain't No Mountain High Enough"はヒット・チャート1位に。1974年には"You Are Everything"(ダイアナロス&マーヴィン・ゲイ)をレコーディングこのアルバムもビッグ・ヒットとなった。
  • 1972年に映画「恐怖のメロディ」に使われたロバータ・フラックの"The First Time Ever I Saw Your Face"が全米1位の大ヒットを記録(この曲は元々1969年のデビューアルバムに収められていた。ロバータのソウルフルな歌声に心をうたれたファンも多いだろう)。また同年のロバータとダニー・ハサウェイとのデュエット曲「WHERE IS LOVE, THE CLOSER I GET TO YOU」などのレコーデイングに参加し大ヒットを放った。プロデューサーはラルフ・マクドナルド。
  • 1973年続いてロバータは"Killing Me Softly with His Song"は全米1位の大ヒットを記録。ゲイルはこの曲のミュージック・ディレクターを務めた。ロバータはグラミー賞の「最優秀レコード賞」、「最優秀楽曲」、「最優秀女性ボーカル」の3部門を受賞した。
  • 1975年に友人であったヴァン・マッコイの"Hustle"を録音。この曲はアメリカを始め、世界中でディスコ・ブームを巻き起こすきっかけとなったインストゥルメンタルのディスコ・アルバム『ディスコ・ベイビー』からシングルカットされ、全米1位・全世界でレコード売上1000万枚以上の大ヒットを記録し、グラミー賞「最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞」を受賞。
  • 1975年にジャマイカからニューヨークへ戻りゲイルはゴードン・エドワードをリーダーにフュージョン・バンド、スタッフ(STUFF)を結成しニューヨーク・シティーのライブ・ハウス『Mikelle's』(ジャズ・クラブの老舗)を中心にセッション活動をしていた。スタッフのファースト・アルバムはヴァン・マッコイがプロデュースを務め、グラミー賞にノミネートされた。
  • 1976年に当時人気No1の視聴率を獲得していたTV番組『サタデイ・ナイト・ライヴ』にスタッフのメンバーと共にレギュラーも務めた。
  • 1978年にマイケル・ジャクソンとダイアナ・ロス主演の映画"THE WIZ"(「オズの魔法遣い」)はクインシー・ジョーンズがプロデュースし、ゲイルも参加している。
  • 1980年には、ポール・サイモンの手がけた脚本、映画"One Tric Pony"にゲイルは俳優としても主演した。作品はグラミー賞にノミネートされアメリカでは、かなりの評価を博した映画となったが受賞をのがした。
  • 1980年にグローバー・ワシントン・ジュニアはエレクトラ・レコードから『WINE LIGHT』を発表、収録曲『JUST THE TWO OF US』が大ヒットし、グラミー賞「ベストR&Bソング賞」を受賞する。このアルバム以外にもMr. Magic'(1975年)等、ワシントンの多くのアルバムに参加している。
  • 1980年に渡辺貞夫、ラルフ・マクドナルド、リチャード・ティー、ステーブ・ガッド、アンソニー・ジャクソンらと武道館コンサート・ライヴに参加。
  • 1986年にはニューヨークからロサンジェルスに移りクインシー・ジョーンズのプロデュースしたマイケル・ジャクソンのBad(1987年8月発表)の録音に参加。
  • 1987年からロサンジェルスのTVショーに毎日レギュラーで出演し、その間に『スター・トリック』のテレビ映画出演も受けていた。
  • 1993年にアル・ジャロウはロス・アンジェルスでのスタジオ録音とライヴのTendernessを収録した。ジャズ、R&B, ラテンの3部門でグラミー賞を受賞したアル・ジャロウにとっての集大成といえるアルバムで、CDとDVDはゲイルの最後の参加作品となったが亡くなった1994年5月以降にリリースされた。この作品はジャズ、R&B、ラテン、ポップスといったジャンルを軽々と超えた音楽の素晴らしさを教えてくれている。

その他[編集]

  • 1983年フィアデルフィア大学においてミュージック・プロフェッサーとして音楽のルーツを教え、長年セッションメンとして無数のレコーディングに参加してきたゲイルのギター・サウンドは現在も世界中の音楽ファンに愛されている。
  • そして、もうひとつの知られざる顔は車好きなスピード狂のF1 レーサーとして活躍していた時期もあった。[要検証 ]

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • NEGRIL (1972 / 2004)
  • FORECAST (1973)
  • GINSENG WOMAN (1977)
  • MULTIPLICATION (1978)
  • PART OF YOU (1979)
  • TOUCH OF SILK (1980)
  • BLUE HORIZON (1981)
  • IN THE SHADE OF A TREE (1981)
  • ISLAND BREEZE (1982)
  • IN A JAZZ TRADITION (1987)
  • LET'S STAY TOGETHER (1988)
  • UTOPIA (1991)

STUFF[編集]

  • STUFF (1976)
  • MORE STUFF (1977)
  • LIVE STUFF (1978)
  • STUFF IT (1978)
  • LIVE IN NEW YORK (1980)
  • MADE IN AMERICA (1993)
  • BEST STUFF (1981)
  • EAST (1981)

CTI Record[編集]

  • Johnny Hodges: Blue Notes (1966) (Verve Records. Creed Taylor Produce)
  • GARY McFARLAND: AMERICA THE BEAUTIFUL (1968)
  • GRADY TATE: WINDMILLS OF MY MIND (1968)
  • LENA HORNE & GABOR SZABO: LENA & GABOR (1969)
  • GARY BURTON: GOOD VIBES (1969)
  • QUINCY JONENS: WALKING IN SPACE(1969)
  • NOVAC: THE FIFTH WORD (1970)
  • JOHNNY HAMMOND: BREAKOUT (1971)
  • THE CHUCK RAINEY: COALITION (1971)
  • GROVER WASHINGTON, JR.: INNER CITY BLUES (1971)
  • JOHNNY HAMMOND: WILD HORSES ROCK STEADY (1971)
  • STANLEY TURRENTINE: SALT SONG (1971)
  • GROVER WASHINGTON, JR.: ALL THE KING'S HORSES (1972)
  • GROVER WASHINGTON, JR.: A SECRET PLACE / ALL THE KING'S HORSES (1976/1972)
  • GROVER WASHINGTON, JR.: SOUL BOX / VOL.2 (1973)
  • FREDDIE HUBBARD / STANLEY TURRENTINE: IN CONCERT (1973)
  • HERBIE HANCOCK: LIVE: DETROIT/CHICAGO (1973)
  • STANLEY TURRENTINE: DON'T MESS WITH MISTER T. (1973)
  • STANLEY TURRENTINE: THE SUGAR MAN (1971,73)
  • QUINCY JONENS: YOU`VE GOT IT BAD GIRL (1973)
  • QUINCY JONENS: BODY HEAT (1974)
  • HUBERT LAWS: THE CHICAGO THEME (1974)
  • GROVER WASHINGTON, JR.: MISTER MAGIC (1974)
  • VAN McCOY & THE SOUL CITY SYMPHONY: DISCO BABY (1975)
  • VAN McCOY: THE DISCO KID (1975)
  • PHIL UPCHURCH: UPCHURCH/TENNYSON (1975)
  • TOM SCOTT: NEW YORK CONNECTION (1975)
  • GABOR SZABO: MACHO (1975)
  • GROVER WASHINGTON, JR.: FEELS SO GOOD (1975)
  • GROVER WASHINGTON, JR.: MISTER MAGIC / FEELS SO GOOD (1974/1975)
  • IDRIS MUHAMMAD: HOUSE OF THE RISING SUN (1975)
  • GEORGE BENSON: GOOD KING BAD (1975)
  • GEORGE BENSON: PACIFIC FIRE (1975)
  • VAN McCOY: THE REAL McCOY (1976)
  • VAN McCOY: RHYTHM OF THE WORLD (1976)
  • HUBERT LAWS: ROMEO AND JULIET (1976)
  • CEDAR WALTON: BEYOND MOBIUS (1976)
  • GEORGE BENSON & JOE FARRELL: BENSON & FARRELL (1976)
  • PATTI AUSTIN: END OF A RAINBOW (1976)
  • RAINBOW featiring WILL BOULWARE: CRYSTAL GREEN (1976)
  • CARLA BLEY: DINNER MUSIC (1976)
  • URBIE GREEN: THE FOX (1976)
  • GROVER WASHINGTON, JR.: A SECRET PLACE (1976)
  • GROVER WASHINGTON, JR.: A SECRET PLACE / ALL THE KING'S HORSES (1976/1972)
  • JOE FARRELL: LA CATEDRAL Y EL TORO (1977)
  • IDRIS MUHAMMAD: TURN THIS MUTHA OUT (1977)
  • FANIA ALL STARS: RHYTHM MACHINE (1977)
  • DAVID MATTHEWS: DUNE (1977)
  • STANLEY TURRENTINE: NIGHTWINGS (1977)
  • STANLEY TURRENTINE: WEST SIDE HIGHWAY (1977)
  • TOM SCOTT: BLOW IT OUT (1977)
  • JUN FUKAMACHI: THE SEA OF DIRAC (1977)
  • JUN FUKAMACHI: EVENING STAR (1977)
  • PATTI AUSTIN: HAVANA CANDY (1977)
  • YUSEF LATEEF with ART FARMER: AUTOPHYSIOPSYCHIC (1977)
  • FANIA ALL STARS: ELLA FUE(SHE WAS THE ONE)(1977)
  • QUINCY JONENS: SOUND...AND STUFF LIKE THAT!! (1978)
  • TOM SCOTT BAND: LIVE IN OSAKA (1978)
  • TOM SCOTT: INTIMATE STRANGERS (1978)
  • NOEL POINTER: HOLD ON (1978)
  • ANGELA BOFILL: ANGIE (1978)
  • WILBERT LONGMIRE: SUNNY SIDE UP (1978)
  • JUN FUKAMACHI: ON THE MOVE (1978)
  • RICHARD TEE: STROKIN' (1978)
  • WILBERT LONGMIRE: CHAMPAGNE (1979)
  • YUSEF LATEEF: IN A TEMPLE GARDEN (1979)
  • GROVER WASHINGTON, JR.: SKYLARKIN' (1979)
  • RICHARD TEE: NATURAL INGREDIENTS (1980)
  • GROVER WASHINGTON, JR.: WINELIGHT (1980)
  • TOM SCOTT: APPLE JUICE (1981)
  • GROVER WASHINGTON, JR.: COME MORNING (1981)
  • FUSE ONE: SILK (1981)
  • GROVER WASHINGTON, JR.: THE BEST IS YET TO COM (1982)
  • MARK GRAY: BOOGIE HOTEL (1982)
  • JORGE DALTO & SUPER FRIENDS: RENDEZ-VOUS (1983)
  • RALPH MacDONALD: UNIVERSAL RHYTHM (1984)
  • SADAO WATANABE: RENDEZVOUS (1984)
  • GROVER WASHINGTON, JR.: INSIDE MOVES (1984)
  • MILTON NASCIMENTO: YAURETÊ (1987)
  • DAVID DIGGS: NOTHING BUT THE TRUTH (1989)
  • MICHAEL PAULO: FUSE BOX (1990)
  • RICHARD TEE: REAL TIME (1992)
  • Al Jarreau: Tenderness (1994)
  • EMIEL VAN EGDOM: HYBRID GROOVE (1996)
  • COLLABORATE : NEW YORK LINER (1981)
  • SPIRIT TRAVELER: PLAYING THE HITS FROM MOTOR CITY (1993)

1959年後半~90年代前半にレコーデイングをしたアーティスト[編集]