ダニー・ハサウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニー・ハサウェイ
出生名 ダニー・エドワード・ハサウェイ
出生 1945年10月1日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
死没 1979年1月13日(満33歳没)
ジャンル シカゴ・ソウル, R&B
職業 歌手, ソングライター, アレンジャー
担当楽器 ヴォーカル, ピアノ/キーボード
活動期間 1969-1979
レーベル アトコ・レコード
共同作業者 ロバータ・フラック
アレサ・フランクリン
ジョー・コッカー

ダニー・ハサウェイ(Donny Hathaway、1945年10月1日 - 1979年1月13日)は、アメリカミュージシャンシンガーソングライター

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第49位[1]

略歴[編集]

イリノイ州シカゴ生まれ。幼い頃から聖歌隊で歌い、ピアノを学ぶ。後にハワード大学に進学しクラシックを学んだ。大学卒業後は作曲家、ミュージシャンとしてカーティス・メイフィールドらの下でキャリアを積み、1969年にジューン・コンクエストとのデュエット・ナンバー「I Thank You Baby」を発表し、同年末にアトコ・レコードからシングル「The Ghetto, Pt. 1」を発表してソロ・デビューを果たした[2]。敬虔なクリスチャン

大学で音楽教育を受け、また白人アーティスト(主にシンガーソングライター)の曲を自己流にカヴァーするというスタイルは従来の黒人アーティストにはなく、また同時に黒人社会が抱える問題にも踏み込んだことから、マーヴィン・ゲイと共に「ニュー・ソウル」と呼ばれる新世代の黒人アーティストとして脚光を浴びた。

1971年にはロバータ・フラックとのデュエットによるキャロル・キングのカヴァー「きみの友だち」が大ヒットを記録[2]1972年にはソロ・アルバム『ライヴ』が全米18位、フラックと連名のアルバム『ロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイ』が全米3位のヒットとなり、フラックとデュエットした「恋人は何処に」でグラミー賞最優秀ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞(デュオまたはグループ部門)を受賞した[3]。また、映画『ハーレム愚連隊英語版』のサウンドトラックも手掛けた[4]。ソロ活動と並行してスタジオ・ミュージシャンとしても活動し、アレサ・フランクリンのアルバム『ヤング・ギフティッド・アンド・ブラック』(1972年)ではオルガンやエレクトリックピアノを担当[5]。しかし、1973年に妄想型統合失調症と診断されてからは入退院を繰り返し[6]、音楽活動は停滞して、小さなクラブでしか歌わなくなった[2]

1977年、ロバータ・フラックのアルバム『愛の世界』収録曲「The Closer I Get to You」にゲスト参加して表舞台に復帰[2]。また、ジョー・コッカーのアルバム『Luxury You Can Afford』(1978年)では2曲のレコーディングに参加[7]。そして、フラックとのデュエットによる新作アルバムも制作されていたが、1979年1月13日にニューヨークエセックス・ハウス・ホテルから転落して33歳で死去[2]。現場に争った形跡はなく、公式には自殺とみなされているが[2]、ハサウェイの妻や友人は、自殺ではなく事故死だったと主張している[6]。ハサウェイのラスト・レコーディングとなった2曲は、フラックのアルバム『ダニーに捧ぐ』(1980年)に収録された。

ハサウェイの音楽は本人の没後も高く評価され、アリシア・キーズ[1]R・ケリー[1]ジョン・レジェンド[1]カーク・ウェイラム[8]平井堅 [9]を含む多数のミュージシャンに影響を与えた。

娘にソウル、ジャズ歌手のレイラ・ハサウェイ(姉)とケニア・ハサウェイ(妹)を持つ。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

ライヴ・アルバム[編集]

サウンドトラック[編集]

  • 1972: Come Back Charleston Blue Original Motion Picture Soundtrack (Atco) - US #198

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 1978: The Best Of Donny Hathaway (Atco) - R&B #51
  • 1990: ベスト・コレクション - A Donny Hathaway Collection (Atlantic)

ボックスセット[編集]

  • 2010: いつか自由に〜ダニー・ハサウェイ・アンソロジー - Someday We'll All Be Free
  • 2013: ネヴァー・マイ・ラヴ:ジ・アンソロジー - Never My Love: the Anthology

シングル[編集]

  • 1969: "The Ghetto-Pt. 1" - US #87, R&B #23
  • 1971: "You've Got a Friend" (with Roberta Flack) - US #29, R&B #8
  • 1971: "You've Lost That Lovin' Feelin'" (with Roberta Flack) - US #71, R&B #30
  • 1972: "Giving Up" - US #81, R&B 21
  • 1972: "I Love You More Than You'll Ever Know" - US #60, R&B #20
  • 1972: "Little Ghetto Boy" - R&B #25
  • 1972: "This Christmas" - US #11
  • 1972: "Where Is The Love" (with Roberta Flack) - US #5, R&B #1
  • 1973: "Love, Love, Love" - US #44, R&B #16
  • 1974: "Come Little Children" - R&B #67
  • 1978: "The Closer I Get To You" (with Roberta Flack) - US #2, R&B #1
  • 1978: "You Were Meant For Me" - R&B #17
  • 1980: "Back Together Again" (with Roberta Flack) - US #56, R&B #18
  • 1980: "Don't Make Me Wait Too Long" (with Roberta Flack) - R&B #67
  • 1980: "You Are My Heaven" (with Roberta Flack) - US #47, R&B #8

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Donny Hathaway”. 2013年5月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Huey, Steve. “Donny Hathaway - Biography”. AllMusic. 2015年1月22日閲覧。
  3. ^ Donny Hathaway - Awards”. AllMusic. 2015年1月22日閲覧。
  4. ^ Donny Hathaway - Supervised By Quincy Jones - Come Back Charleston Blue (Original Motion Picture Soundtrack) (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  5. ^ Aretha Franklin - Young, Gifted And Black (CD, Album) at Discogs
  6. ^ a b Wells, Chris (1999年2月26日). “Pop: His soul goes groovin' on - Arts & Entertainment”. The Independent. 2015年1月22日閲覧。
  7. ^ Joe Cocker - Luxury You Can Afford (LP, Album) at Discogs
  8. ^ 30 Years After Donny Hathaways Death Kirk Whalum Re-creates his Essence”. eurweb (2011年1月13日). 2015年1月22日閲覧。
  9. ^ 高橋道彦 (2011年6月8日). “平井堅”. TOWER RECORDS. 2015年1月22日閲覧。

外部リンク[編集]