チャーリー・マリアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャーリー・マリアーノ
Charlie Mariano at concert}
Charlie Mariano at concert
基本情報
出生名 Carmine Ugo Mariano
出生 1923年11月12日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン
死没 2009年6月16日(満85歳没)
ジャンル フュージョン
担当楽器 アルト・サックス
活動期間 1945-2009
共同作業者 Charlie Mariano Tribute

チャーリー・マリアーノ (Carmine Ugo Mariano, 1923年11月12日2009年6月16日[1]) は、アメリカジャズアルトサックス奏者。

略歴[編集]

マサチューセッツ州ボストン生まれ、イタリア移民の息子。

著名なジャズ・ミュージシャンと録音をした他、shehnaiやインド北部の堅い木でできた管楽器に類似した世界大音量でインドの伝統管楽器ナダスワラムを使用した事で知られる。

スタン・ケントン・ビッグバンド、穐吉敏子(前妻)、チャールス・ミンガスエバーハルト・ウェーバー、ユナイテッド・ジャズ・アンド・ロック・アンサンブル、Embryo、及び多数の他の注目すべきバンド、ミュージシャンと共演した。

1970年代ヨーロッパに移住し、その後ドイツケルンに定住、死去まで画家のドロシー・ジッペル(Dorothee Zippel)と共に暮らす。

6人の娘がいる中、穐吉との結婚で生まれたソウル、ジャズ歌手のマンディ満ちるがいる他、6人の孫、2人の曾孫がいる。

ディスコグラフィー[編集]

リーダー作アルバム[編集]

  • Octet (1949)
  • Boston All Stars (1951)
  • Quartet (1955)
  • Plays (Bethlehem Rec., 1956)
  • The Toshiko - Mariano Quartet (1961)
  • Folk Soul (1967)
  • Iberian Waltz (Denon, 1967)
  • Mirror (1971)
  • Reflections (Catalyst Records, 1974)
  • Helen 12 Trees (1976)
  • Sleep My Love (1979)
  • Jyothi (ECM, 1983, with Karnataka College of Percussion)
  • Tears of Sound (1984)
  • Plum Island (1985)
  • Abbaye de l´epau (1990)
  • Innuendo (1992, with Jasper van't Hof)
  • Seventy (1993)
  • Nassim (1997)
  • Bangalore (1998)
  • Brutto Tempo with Jasper van't Hof, Steve Swallow (2001)
  • Sadao & Charlie Again (2006)
  • The Great Concert - Stuttgart with Philip Catherine and Jasper van't Hof (2008)
  • Blues & Ballads (Cowbell Music, 2009, with Benjamin Koppel, Copenhagen)

参加アルバム[編集]

Embryo

  • We Keep On, 1973

George Gruntz

  • Theatre (ECM, 1983)

Chico Hamilton

  • The Further Adventures of El Chico (Impulse!, 1966)

Dieter Ilg

  • Due, 2005

André Jaume

  • Abbaye et Lépau, 1990

Elvin Jones

  • Dear John C. (Impulse!, 1965)

Theo Jörgensmann

  • Fellowship, 2005

Charles Mingus

  • The Black Saint and the Sinner Lady (Impulse! 1963)
  • Mingus Mingus Mingus Mingus Mingus (Impulse!, 1963)

the Modern Jazz Quartet

  • Jazz Dialogue (Atlantic, 1965)

Pork Pie

  • Transitory, 1974

Alex Riel

  • Live at Stars, 2008

Joanna Rimmer

  • Dedicated to..... Just Me! (Sam Productions, 2008)

Supersister (Dutch band)

  • Iskander, 1973

Edward Vesala

  • Nan Madol (JAPO, 1974)

Eberhard Webers' Colours

  • Yellow Fields (ECM, 1975)
  • Silent Feet (ECM, 1978)
  • Little Movements (ECM, 1980)

リファレンス (参考)[編集]

  1. ^ “Jazzmusiker Charlie Mariano gestorben”. Münstersche Zeitung.de. (2009年6月16日). http://www.muensterschezeitung.de/nachrichten/kultur/art337,589469 2009年6月16日閲覧。 

外部リンク[編集]


この記事は英語版からの翻訳・転写を含みます