テテ・モントリュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テテ・モントリュー
Tete Montoliu & vibraphonist Bobby Hutcherson at Kuumbwa Jazz Center, Santa Cruz, CA 5/14/1984 (Photo: Brian McMillen)
Tete Montoliu & vibraphonist Bobby Hutcherson at Kuumbwa Jazz Center, Santa Cruz, CA 5/14/1984 (Photo: Brian McMillen)
基本情報
出生名 Vicenc Montoliu Massana
出生 1933年3月28日
出身地 スペインの旗 スペインカタロニア
死没 1997年8月24日(満64歳没)
担当楽器 ピアノ
レーベル

Columbia Espana
Victor
Saef
Tel
RCA Italy
Zafiro
Mercury
Magnetic records
Steeple Chase
Concentric
Moon
Edigsa
Impulse
Saba
Discophon
Ensayo
Enja
Cat
BASF
Storyville
Timeless
Flat & Sharp
Zeleste
Contemporary
Jazzizz
Soul Note
Justine
Fresh Sound records
Fresh Sound New Talent
Alfa Jazz
Concord Jazz

Mas i Mas

テテ・モントリュー(Tete Montoliu、1933年3月28日-1997年8月24日)は、スペインカタロニア生まれの盲目ピアニスト。本名はVicenc Montoliu Massana。生まれた時から盲目であった。亡くなったのも同じ町で死を迎えた。

略歴[編集]

母の勧めでクラッシク・ピアノを10年間学んだが、母親は大のジャズファンであった。 彼の最初のピアノとの出会いは盲目の子供のためのピアノ教室でEnric Mas(:en:Enric Mas)の指導で1934年から1944年まで続いた。1944年に母の勧めでPetri Palouの個人レッスンを受けることになった。

1946年から1953年までテテはTHE Conservatori Superior de Musica de Barcelona音楽学校でジャズと出会った。そこで多くのジャズ・ミュージシャンとプレイを重ねたが、特にアメリカのジャズピアニストのアート・テイタムに影響を受けた。この時期に彼は細やかで繊細なピアノ技術を身につけた。そしてバルセロナのパブでプロとしてのスタートを切った。

ライオネル・ハンプトンがスペイン・フランスを演奏旅行した1956年に彼はプロピアニストとして参加し、同年3月13日に初レコーディングされた。その後、多くのジャズミュージシャンと共演し世界に名が知られるようになった。

今でも彼の多くのLP、CDが聞けるが、彼の地元のEnsayoレコードに残された三部作のTemas latinoamericanos, temas Brasilenos, Boleros は彼の才能を遺憾なく発揮して名盤中の名盤である。

代表作[編集]

  • Temas latinoamericanos (Ensayo, 1973)
  • temas Brasilenos (Ensayo, 1973)
  • Boleros (Ensayo, 1977)
  • A tot jazz (Concentric, 1965)
  • Tete a Tete (Steeple Chase, 1976)
  • Roland Kirk - Kirk in Copenhagen (Mercury, 1963)

参考文献[編集]

  • Swing Journal, 6, 1996. スイングジャーナル社、1996年。
  • 『季刊ジャズ批評別冊 ヨーロッパのジャズ・ディスク1800』、松坂、1998年、245-246頁。